WiMAXコラム

WiMAXの有線接続に適したLANケーブルの種類とベストな選び方

投稿日:

WiMAXはWi-Fi接続を利用することが一般的ですが、クレードルを使って有線接続も行うことができます。

Wi-Fiに対応していないパソコンを持っている人は、有線接続でWiMAXを利用したいと思いますよね。

WiMAXの有線接続はとても便利な機能ですが、利用するLANケーブルによって通信速度が左右されます。

LANケーブルには様々な種類があるので、どれを選んでも同じというわけではありません。

と言っても、一番性能が良いLANケーブルを用意すれいいわけでもありません。

WiMAXの有線接続を利用するときは、もとになる回線によって適したLANケーブルを用意する必要があります。

ここでは、WiMAXの有線接続に適したLANケーブルの種類について解説します。

WiMAXで有線接続を利用しようと思っている人は、参考にしてくださいね。

WiMAXの有線接続の速度はLANケーブルの種類で変わる?

WiMAXで有線接続を利用するときの通信速度は、繋げるLANケーブルによって大きく左右されます。

LANケーブルは種類によって性能が違うからです。

どれだけ通信速度が優れているネット回線を使っていても、利用するLANケーブルが原因で思ったほどの回線スピードが出ないということは珍しくありません。

WiMAXで有線接続を利用するときは、LANケーブルの種類選びが重要になるわけです。

LANケーブルの種類を知ろう!

LANケーブルには、

  • CAT8
  • CAT7A
  • CAT7
  • CAT6A(6e)
  • CAT6
  • CAT5e
  • CAT5

この7つの種類があります。

これだけの種類があると、名前を見ただけではどれを選べばいいのかがわかりません。

そのため、種類ごとの性能を知っておく必要があります。

LANケーブルの種類ごとの対応速度

5種類のLANケーブルは、それぞれ対応している通信速度が大きく違います。

LANケーブル 種類別通信速度

種類 通信速度 伝送帯域
CAT8 40Gbps 2000MHz
CAT7A 10Gbps 1,000MHz
CAT7 10Gbps 600MHz
CAT6A(6e) 10Gbps 500MHz
CAT6 10Gbps 250MHz
CAT5e 1Gbps 100MHz
CAT5 100Mbps 100MHz

LANケーブルは、名前の数値が大きくなるほど通信速度が速くなっています。

名前の数値が小さいLANケーブルは通信速度が遅く、値段も安くなっています。

値段の安さだけでLANケーブルを選ぶと、通信速度が遅いと感じることがあります。

LANケーブルを選ぶときは値段の安さではなく、種類ごとの性能で選ばなければいけません。

伝送帯域も重要

LANケーブルは、種類によって伝送帯域も大きく違います。

伝送帯域とはデータ送信に使われる幅のことで、道路の幅の広さのようなものです。

伝送帯域の幅が広いと、動画などの大きい容量のデータを送受信するスピードが速くなります。

LANケーブルを選ぶときは通信速度だけではなく、伝送帯域も大きなポイントになるので見忘れないようにしましょう。

LANケーブルは形状でも速度が変わる

LANケーブルは、ケーブルの形状でも通信速度が影響されます。

LANケーブルの形状には、

  • スタンダードタイプ
  • 極細タイプ
  • フラットタイプ

この3つの種類があります。

スタンダードタイプは最も一般的な形状で、線が太い分通信速度が安定します。

極細タイプとフラットタイプは線が細いので収納がしやすい利点がありますが、ノイズなどの影響を受けやすいので、通信速度が安定しやすいとは言えません。

通信速度にこだわるのなら、なるべくスタンダードタイプを選んだほうがいいでしょう。

種類ごとの値段

LANケーブルは、値段も種類ごとで大きく違います。

ELECOMのLANケーブルをもとに、値段の違いを見てみましょう。

ELECOM LANケーブル種類別価格

種類 長さ 販売価格
CAT8 1m 3,880円
2m 4,770円
3m 5,660円
5m 7,450円
10m 11,900円
CAT7 1m 1,920円
2m 2,460円
3m 2,990円
5m 4,060円
10m 6,740円
CAT6A 1m 1,150円
2m 1,390円
3m 1,610円
5m 2,020円
10m 3,140円
CAT6 1m 900円
2m 1,100円
3m 1,300円
5m 1,800円
10m 2,800円
CAT5e 1m 650円
2m 730円
3m 760円
5m 1,000円
10m 1,710円
CAT5 巻き取り式1.5mフラットタイプのみ 1,000円

※CAT5以外は全てスタンダードタイプです。

この表を見ると、CAT7とCAT5eでは長さによって10,000円以上の違いがあることがわかります。

性能が良いLANケーブルを使うには、ある程度の出費が必要になります。

と言っても、WiMAXで有線接続を利用する場合は、ただ単に一番性能が良いものを選べばいいわけではありません。

WiMAXでベストなLANケーブルは?

WiMAXのWi-Fiルーターで有線接続を利用するときは、接続する回線によって適したLANケーブルの種類が違います。

WiMAXの回線を使うならCAT6Aでも十分

WiMAXの回線が対応する下り速度は最大で440Mbpsなので、LANケーブルは1Gbpsに対応していれば問題ありません。

逆に性能が最も高いCAT8を選ぶと、高い購入費用が無駄になると考えるべきでしょう。

しかし、通信速度が1GbpsのLANケーブルには、伝送速度が100MHzというデメリットがあります。

伝送速度が100MHzだと、YouTubeなどの動画の読み込み速度が遅くなる恐れがあります。

念のために、伝送帯域が500MHzのCAT6Aを使ったほうがいいでしょう。

固定回線に接続するならCAT7以上を選ぶべき

WiMAXのWi-Fiルーターで固定回線を無線にする場合は、もとになる回線の対応速度に合わせてLANケーブルを選ぶべきです。

例えば、自宅の固定回線が光ファイバーの場合、最大速度は1Gbpsになります。

WiMAXのWi-Fiルーターは、最新機種であれば対応速度が最大708Mbpsになります。

通信速度だけで考えると1Gbpsに対応したLANケーブルで問題ないですが、伝送帯域も合わせなければいけません。

伝送帯域で考えると、CAT7かCAT7Aがベストな選択になります。

まとめ

LANケーブルには8つの種類があって、それぞれで対応している通信速度と伝送帯域が違います。

通信速度のクオリティを求めるなら、性能が高いLANケーブルが必要です。

しかし、WiMAXで有線接続を利用する場合、一番性能が良いLANケーブルを用意すればいいわけではありません。

WiMAXの回線は通信速度が最大440Mbpsなので、一番性能が良いLANケーブルを用意しても購入費用が無駄になってしまいます。

WiMAXの回線を使って有線接続を利用するときは、CAT6Aがベストな選択肢になります。

WiMAXのルーターを使って光回線を無線にするときは、CAT7かCAT7Aを選ぶといいでしょう。

有線接続で利用するネット回線を考えて、自分に合ったLANケーブルを選んでくださいね。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAXコラム

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.