WiMAX初心者講座

WiMAXとWiMAX2+の解約に関する4つの基礎知識。解約金・違約金は?

投稿日:

モバイルルーターやスマホなどの通信回線系でわかりづらくめんどくさいことの1つに解約や違約金があります。

スマホなどはどの地域でもショップがあるので、そこまで悩む必要がないですが、問題となるのはモバイルルーター。

しっかりとモバイルルーターの解約についての仕組みを知っておかないと、少しのタイミングの違いで違約金が発生し損をしてしまうことも。。。

ここではそんなモバイルルーターの中でも使用者が多いWiMAXとWiMAX2+の解約に関する4つの基礎知識を紹介していきます。

  • 今すぐWiMAXやWiMAX2+の解約を考えている
  • 今WiMAXやWiMAX2+を使っているけどいずれ解約を考えている

このような方は参考にしてみてください。

WiMAXとWiMAX2+は解約金がかかるの?

携帯電話には2年間継続をするという「契約の縛り」というものが昔からあります。

スマホや携帯を利用している方であればほとんどの方が知っているはずです。

実はこのやっかいな契約の縛りは、WiMAXをはじめとするモバイルルーターの契約にも存在する場合がほとんどです。

でもしっかりとWiMAXの契約の縛りについて知らない方の方が多いハズ。

もし

「契約の縛りが過ぎれば解約金はかからないんでしょ?」

「途中でやめても違約金以外はかからないでしょ?」

なんて思っている方は注意が必要です。

それは契約期間内の解約以外にも解約に関してかかるお金が発生することがあるからです。

縛り期間内の違約金は使用期間によって違う

基本的にWiMAXの契約には、携帯電話と同じように

「○年は使用してください。それ以内の解約には違約金が発生します。」

といった「契約の縛り」があります。

WiMAXとWiMAX2+の場合だと1年~3年という縛りが多いです。(あくまでも目安)

「じゃあ、その間は解約ができないの?」

と、思われる方もいるかもしれませんが、契約の縛り期間内であっても解約は可能です。

しかし、契約の縛り期間内に解約する場合、

  • 違約金(契約解除料金)
  • WiMAXやWiMAX2+の端末の残り支払代金(端末を分割で購入している場合)

以上の2つの料金が発生します。

多くのWiMAXの違約金は、キャリアスマホの解約ような一律の金額ではなく、使用している期間によって変わってきます。

使用期間が短ければ短いほど違約金は高く、長ければ長いほど違約金は安くなるという仕組みです。

使用期間や違約金は契約しているモバイルルーターによって変わってきますし、WiMAXやWiMAX2+を使用しているプロバイダーやプランによっても異なります。

例えば、”セットでタブレットやパソコンを安く購入できたりもらえる”といったキャンペーンで契約した場合は違約金は比較的高くなります。

また、違約金以外に費用が発生するケースとして、WiMAXの端末を分割で購入しているといったケースもあります。

分割で端末を購入していて、解約時に端末の分割支払い代金が残っていた場合、一括で支払うか分割で支払っていく必要があります。

縛りの期間をすぎても解約金がかかるケース

「じゃあ、縛りの期間を過ぎれば解約するのにお金はかからないの?」

と、思われた方もいるでしょう。

普通なら契約の縛り期間を過ぎれば解約金(契約解除料)が発生しないと思いがちです。

しかし、現実はすべてのWiMAXとWiMAX2+がといったわけではありませんが、多くのWiMAXが「更新月」という期間を過ぎてしまうと解約金が発生します。

これがWiMAXを含め通信系の契約の解約の際にはまりやすい落とし穴です。

こちらの表は一例ですが、大体このような形の解約金が発生しないタイミングと解約金が発生してしまうタイミングが多いです。

契約期間 違約金・解約金
1~24ヶ月 利用期間によっての違約金
25ヶ月 解約手料金0円
26ヶ月~49ヶ月 解約金発生
50ヶ月 解約手料金0円

この25ヶ月目や50ヶ月などのタイミングを逃すと解約金として1万円前後の金額がかかる場合がほとんどです。

WiMAXやWiMAX2+の契約プランによっては、更新月は違いますので要注意です。

解約金をかけずに解約したいのであれば、自分の更新月をしっかりと確認しておく必要があるので、今利用していて更新月を知らない方は一度調べておくことをオススメします。

更新月とは

そもそも、この解約金をかけずに解約できる「更新月」という期間は、一体いつのことを指しているのかというと

更新月とは二年契約の場合、基本的に契約した次の月を1ヶ月目とカウントして”25ヶ月目”のことを指しています。

この25ヶ月を1日でも過ぎてしまうと、解約金がかかります。

25ヶ月目のカウントは契約しているモバイルルーターの請求の締日でされることが多いです。

例えば1月1日~1月31日といった数え方ではなく、15日が締日だった場合1月16日~2月15日までといったような数え方の場合もあります。

「更新月を知らなかった!」

という方は数日の差で解約金がかかってしまう場合があるので、正確な更新月を電話などで問い合わせてしっかりと確認しておいてくださいね。

WiMAXとWiMAX+2の解約のやり方は?電話での解約はできる?

解約金や更新月を確認して、

「さあ!解約するぞ!」

と、いざ解約するとなると次に気になるのが解約方法。

ショップにいけば解約できるのは分かると思いますが、

  • 近くにWiMAXのショップがない
  • ショップに行く時間がない

などの理由でなかなか解約手続きができず、更新月を過ぎてしまった!なんてケースも多いです。

また、解約の仕方がいまいちわからず手続きが億劫になり、更新月を逃してしまうケースもあります。

解約方法は?

携帯などを解約をする場合は、ショップに行って解約するのが一般的です。

WiMAXの解約も同様にショップにいって解約することはもちろん可能です。

しかし、ショップでの解約にはいくつかのデメリットがあります。

ショップでの解約のデメリットは、

ショップでの解約のデメリット
  • ショップに出向く必要がある
  • 待ち時間など時間がかかる
  • 解約手続きをする時間がかかる
  • ショップが近くにない場合がある

以上がショップで解約する場合のデメリットです。

もちろんショップで解約することで、疑問点などを直接聞けるメリットもあります。

しかし、わざわざショップに出むいて待ち時間や手続きに時間がかかるというデメリットを考えると、ちょっと微妙ですよね。

それに、契約しているWiMAXやWiMAX2+のプロバイダーによってはショップを設けておらずインターネットの申し込みだけなどの場合もありますからね。

それを考えるとショップで解約するのって案外デメリットの方が大きいと思いませんか?

中にはショップにいくしか解約方法はないと思っている方も多いですが、WiMAXの解約方法はショップに行く以外にもいくつかあります。

主は解約方法は

解約方法
  • ショップでの解約
  • 電話での解約
  • 書面での解約

以上の3つが主なWiMAXやWiMAX2+の解約方法です。

もちろん、契約しているWiMAXによっては、ショップでの解約しか受け付けていないところや書面のみのところなどはあります。

契約しているWiMAXやWiMAX2+のプロバイダーの解約方法に関しては下記のサイトを参考にしてください。

主なWiMAXとWiMAX2+の提供会社と連絡先【公式サイト】

もし、すべてで解約手続きが可能なのであればおすすめは「電話での解約」です。

書面の場合もショップと同様に郵送する手間がかかったり、切手代がこちら持ちだっとりとデメリットがあります。

しかし、電話での解約が可能なのであれば電話一本のみで解約することができ、手間や費用はかかりません

手間なく解約したいと考えているのであれば、一度自分の使用しているモバイルルーターの解約が電話で可能か確認してみてくださいね。

解約手続きに必要なもの

解約する際は、契約する際に比べて手続きに必要なものは少ないです。

しかし、解約する際に用意しておくべき必要なものがいくつかあります。

解約方法によって準備するものは異なりますが、

ショップでの解約に必要なもの
  • 本人確認書類 (運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)
  • 印鑑
  • モバイルルーター端末

以上がショップで解約する場合に必要なものです。

端末が不要な場合もありますが、一応もっていくのが確実です。

また、郵送や電話での解約の場合は使用しているモバイルルーターによってフローが違います。

必要なものをお使いのプロバイダーに確認しましょう。

しかし、基本的には以上の3点と契約者情報(登録電話番号や登録住所など)がわかれば解約手続きは可能です。

まとめ

WiMAXとWiMAX2+の解約に関する4つの基礎知識を紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

解約に関してはわかりづらい部分が多いですが、重要なポイントをしっかりと抑えておけば損することなく解約は可能です。

解約に関する重要ポイントは、

  • プロバイダーに契約の縛り期間を確認しておく
  • 縛り期間の解約は利用期間に応じて違約金が異なる
  • 更新月以外の解約は解約手数料(契約解除料金)が発生する

以上が解約を検討している方は抑えておきたい重要なポイントです。

「あと数日待てば違約金がかからなかったのに・・・」

「先月だったら違約金がかからなかったのに!」

なんてことがないようにしっかりと解約に関する重要ポイントを確認し、知らずに損をしてしまわないように注意してくださいね。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAX初心者講座

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.