WiMAXコラム

WiMAXを1年だけ契約する裏技!秘訣はキャッシュバック特典!

投稿日:

単身赴任や長期の出張で悩みの一つになるのは、インターネット回線です。

2年以上の単身赴任であれば、赴任先の住居に光回線を引く選択肢は有効です。

しかし、赴任する期間が1年の場合、ネット回線を解約するときの違約金がネックになります。

ただ、モバイルWi-FiルーターのWiMAXには、1年だけネット回線を使えるようにする裏技があります。

ここでは、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターを1年だけ使えるようにする方法を解説します。

2年未満の単身赴任や出張で使うネット回線選びで悩んでいる人は、参考にしてくださいね。

WiMAX2+には1年契約がない

WiMAXには、

  • WiMAX
  • WiMAX2+

の2種類があります。

「WiMAX」は旧型のサービス、「WiMAX2+」は現在メインで提供されているサービスです。

WiMAXとWiMAX2+の主な違いは何?通信速度から料金まで徹底比較!

WiMAX2+は、基本的に2年以上の契約形式になっています。

そのため、契約してから1年後に解約すると違約金が発生するので1年だけ使う予定で契約することはおすすめできません

また、WiMAX2+は、サービスを利用した期間によって違約金を設定していて、契約してから1年後の解約はリスクが高い仕様になっています。

利用期間 契約解除料金
利用開始月~13ヶ月目 19,000円
14~25ヶ月目 14,000円
25ヶ月目以降 9,500円

旧WiMAXは年間パスポートで1年契約ができる

旧サービスであるWiMAXは、「年間パスポート」というプランがあり、契約期間を1年にすることができます

ただ、WiMAXはWiMAX2+に比べると通信速度が遅く、サービスの提供エリアも縮小されつつあるので、良い方法とは言えません。

また、今は旧WiMAXが利用できる端末が購入できる店頭やプロバイダがほとんどないので、このサービスを使うこと自体が至難の業になっています。

キャッシュバック特典があるプロバイダなら1年だけで契約ができる

これらの点を踏まえると、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターを1年だけ利用することは不可能なように思えるでしょう。

しかし、1年だけWiMAXを使うことができる裏技があります。

それは「キャッシュバック特典が貰えるプロバイダでWiMAXを契約する」ことです。

WiMAXを提供するプロバイダの中には、契約特典としてキャッシュバックを付与している事業者があり、このキャッシュバックを契約解除料金の支払いに充てるわけです。

この方法を活用すれば、違約金というリスクを回避して1年だけWiMAXを使うことができるでしょう。

キャッシュバック特典があるプロバイダ

キャッシュバックが貰えるプロバイダで契約すれば、WiMAXを1年だけ利用できることがわかりました。

ただ、キャッシュバックが貰えるな、どのプロバイダを選んでもいいわけではありません。

違約金を全額相殺できるほどキャッシュバックの金額が高いプロバイダを知っておく必要があります。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、WiMAXのプロバイダの中でも最もキャッシュバックの金額が高い事業者です。

2年以内に解約すると24,800円の違約金が請求されますが、最大で31,000円のキャッシュバックが貰えます

そのため、契約してから1年後に解約しても出費が発生するリスクがありません。

GMOとくとくBB WiMAX2+メリット・デメリット。口コミから徹底検証。

DTI

DTIも、GMOとくとくBBと並んでキャッシュバックの金額が高いと評判のプロバイダです。

キャッシュバックの金額は最大で30,000円となっているうえに、違約金の設定は前半に説明したものと全く同じ仕様になっています。

DTI WiMAX2+のメリット・デメリット。特徴・口コミから徹底検証!

So-net

GMOとくとくBBとDTIに次いで、キャッシュバック特典に定評があるプロバイダがSo-netです

So-netは、キャンペーン特典をキャッシュバックか割引の2つから選ぶことができます。

キャッシュバック金額は20,000円となっていて、違約金は前半で紹介したものと同じ金額になっています。

WiMAXプロバイダSo-netの口コミとメリット・デメリット

キャッシュバックがあるプロバイダで1年だけ利用する注意点

キャッシュバック特典を用意しているプロバイダを契約するときは、ある程度のリスクが付きまとうので注意が必要です。

特に、プロバイダによっては落とし穴があるので、契約する前に注意点を潰しておきましょう。

キャッシュバックが受け取れるタイミング

WiMAXのプロバイダが用意しているキャッシュバックは、契約してすぐに受け取れるわけではありません。

WiMAXのキャンペーンのキャッシュバックは、契約してから約1年後に受け取ることがほとんどです。

また、キャッシュバックは自動的に振り込まれるわけではなく、プロバイダから送付されたメールから受取手続きをする必要があります

この受取手続きをし忘れてしまうと、キャッシュバックが無効になってしまうので注意してください。

キャッシュバックの金額

WiMAXのキャンペーンによるキャッシュバックは、プロバイダによって金額が様々です。

そのため、WiMAXを1年だけ利用するためのプロバイダを選ぶときは、違約金が精算できる金額のキャッシュバックがあるか調べておく必要があります。

違約金の金額

また、WiMAXの違約金はプロバイダによって違う場合があります。

特に、キャッシュバックの金額が高いプロバイダは、前半で紹介したものよりも違約金の金額が大幅に高くなっていることがあります

そのため、プロバイダのキャッシュバックと違約金を照らし合わせて、自分が損をしないか調べておきましょう。

キャッシュバックの返金が求められる場合がある

キャッシュバック特典を用意しているプロバイダの中には、契約してから2年以内に解約するとキャッシュバックの返金が求められる事業者があります

ここで紹介しているプロバイダは、公式サイトを見ている限りそのようなリスクがありません。

しかし、いつ解約するときの条件が変わるかわかりません。

そのため、WiMAXを1年だけ使うためにキャッシュバック特典があるプロバイダを契約する場合は、電話やチャット窓口で2年以内に解約するとどうなるか聞いておいたほうがいいでしょう

まとめ

WiMAX2+には1年だけ契約できるプランがありません。

また、契約してから1年で解約すると、通常より高い金額の違約金が請求されてしまうリスクがあります。

旧WiMAXには、1年だけ契約できるプランがありますが、通信速度が遅いうえに利用できるエリアが狭くなっています。

さらに、契約できる窓口が少ないため、現実的な方法とは言えません。

ただ、WiMAX2+は特典があるプロバイダで契約すれば、手に入れたキャッシュバックで違約金を精算することで、1年だけ利用することができます。

ただ、キャッシュバックと違約金の金額はプロバイダによって様々です。

WiMAXプロバイダのキャッシュバックを比較!割引特典があるプロバイダも紹介!

そのため、キャッシュバックが違約金を精算できる金額なのか調べて契約するようにしましょう。

また、プロバイダの中には、2年以内に解約するとキャッシュバックの返金を求めてくる場合があります。

そのため、契約する前にプロバイダへ電話して、このようなリスクがないか聞いておきましょう。

WiMAXはプロバイダの選び方で決まる!人気のあるプロバイダを徹底比較!

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAXコラム
-,

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.