WiMAXコラム

WiMAXは機種変更より乗り換えがお得?お得な乗り換え方法を詳しく解説!

投稿日:

WiMAXを契約してから2年が経ちそうになると、機種変更をするかプロバイダを乗り換えるか悩むことになるでしょう。

WiMAXは基本的に機種変更をして、より速度が早いWi-Fiルーターを使うことができます。

しかし、プロバイダや契約内容によっては機種変更ができない場合があります。

プロバイダを賢く乗り換えれば、またUQ WiMAXより安い料金でWiMAXを使いことができます。

しかし、プロバイダの乗り換えをするには契約している事業者の違約金や手続きに不安を感じるのではないでしょうか?

WiMAXは契約内容を前もって確認しておけば、スムーズにプロバイダを乗り換えることができます。

ここでは、WiMAXのプロバイダを乗り換えるメリットから方法まで詳しく解説しているので、WiMAXを契約してもうすぐ2年が経つ人は一度読んで参考にしてください。

きっと、よりお得かつ快適にWiMAXを使い続ける方法が見えてくるでしょう。

WiMAX契約の特徴

プロバイダを乗り換えてWiMAXをお得に使い続けるには、WiMAXの契約内容にある特徴を知る必要があります。

特徴を知れば、どのタイミングでプロバイダを乗り換えればいいかわかるようになりますよ。

WiMAXは基本2年契約

WiMAXはどのプロバイダも2年契約が基本になっています。

2年契約は自動更新式となっており、契約してから25~26ヶ月目の2ヶ月間が更新月のところが多いです。

ちなみに更新月に解約しないと、2年契約が自動更新される仕組みです。

更新月以降の割引がほとんどない

WiMAXは契約特典として月額料金を割り引いてくれるプロバイダが多くあります。

しかし、この割引は契約期間の2年間が過ぎれば割引がなくなり、更新月が過ぎてしまうとUQ WiMAXとほぼ同じ料金になってしまいます。

なので、WiMAXは基本的に、2年間に一度プロバイダを乗り換えることが最もお得になると言えるでしょう。

更新月なら解約金がかからない

プロバイダを乗り換えるには、元々契約している事業者を解約しなければいけません。

WiMAXとWiMAX2+の解約に関する4つの基礎知識。解約金・違約金は?

モバイルルーターやスマホなどの通信回線系でわかりづらくめんどくさいことの1つに解約や違約金があります。 スマホなどはどの地域でもショップがあるので、そこまで悩む必要がないですが、問題となるのはモバイル ...

WiMAXは解約すると、利用した時期によって以下の違約金が発生します。

利用期間 契約解除料金
13ヶ月以内 19,000円
14~25ヶ月目 14,000円
26ヶ月目以降 9,500円

プロバイダを乗り換えるには、違約金がネックなるように見えますよね。

しかし、更新月であれば解約をしても違約金がかかりません

更新月にプロバイダを乗り換えれば、コストが大きく抑えられるわけです。

WiMAXのプロバイダ乗り換えでもキャッシュバックは受け取れるのか?

「プロバイダを乗り換えても利用するサービスは同じWiMAXだから、特典は受け取れないんじゃないの?」

こんな疑問を持っている人は多いのではないでしょうか?

しかし、WiMAXのプロバイダを乗り換えて契約することは「機種変更」ではなく「新規契約」にカウントされるので、キャッシュバック特典を受け取ることができます。

また、プロバイダによってはキャッシュバック以外の特典が受けられます。

月額割引価格で月額費も安く

WiMAXの契約の基本特典は

  • キャッシュバック
  • 月額料金の割引

の2種類があります。

契約するプロバイダによって、どちらの特典が受け取れるか異なります。

しかし、一部のプロバイダはキャッシュバックと割引の両方を用意していることもあります。

初月無料などの契約特典

WiMAXは契約した月の料金が無料になる特典や、1ヶ月目から長くて3ヶ月目の料金を大幅に割り引いてくれるプロバイダがあります。

この契約特典はキャッシュバックが受け取れるプロバイダでも、月額料金が割引されるプロバイダでも適用される事業者が多くあります。

長期利用割引きのあるプロバイダも

割引特典が受けられるプロバイダは、契約して2年が過ぎるとUQ WiMAXとほぼ同じ料金になってしまう事業者が多いです。

UQ WiMAXの基本金額

プラン 月額料金
Flatツープラスギガ放題 4,380円
Flatツープラス 3,696円

しかし、一部のプロバイダは2年が過ぎてもUQ WiMAXより料金が安くなる長期利用割引を用意していることがあります。

例えばBroadWiMAXは、契約してから2年が過ぎても料金が安いことで人気があります。

BroadWiMAXの基本金額

プラン 1~2ヶ月目 3~24ヶ月目 25ヶ月目以降
Flatツープラスギガ放題 2,726円 3,411円 4,011円
Flatツープラス 2,726円 2,726円 3,326円

2年ごとにプロバイダを乗り換えることが面倒に感じる人は、長期利用割引があるプロバイダがおすすめです。

ただ、2年ごとにプロバイダを乗り換えたほうが、月額料金は安くなることは念頭に置いたうえで考えましょう。

キャンペーンと比較してどちらがお得か計算しよう

WiMAXのプロバイダはキャッシュバック特典がある事業者か、料金を割引してくれる事業者のどちらかに分かれます。

また、プロバイダによってキャッシュバックの金額や、料金が割引される金額が違います。

あらゆるプロバイダの特典を比較して、最もお得になる事業者を選ぶことが大切です。

WiMAXのプロバイダ別お得なキャンペーンを解説!失敗しない選び方

  インターネットが使いたい放題のWiMAXは、あらゆるプロバイダが選択できます。 「どこのプロバイダを選んでも同じじゃないの?」と思う人は多いのではないでしょうか? 実は、契約するプロバイ ...

プロバイダ乗り換えが断然お得

WiMAXは料金が割引されるプロバイダを選んでも、2年経てばUQ WiMAXとほぼ同じ金額になります。

また、2年経ったあとも料金が割引され続けるプロバイダでも、料金は2年間に比べると高くなります。

よってWiMAXは、2年ごとにプロバイダを乗り換えるほうが断然お得になると言えるでしょう。

また、キャッシュバック特典があるプロバイダを2年ごとに渡り歩くのもお得な方法です。

乗り換えれば最新端末に変えられる

プロバイダの乗り換えは、利用する機種も新しくなります。

WiMAXは最新機種になればなるほど通信速度が早くなっているので、乗り換えをすることでより快適にネットが利用できるでしょう。

「同じプロバイダで機種変更をすればいいのではいか?」と思う人もいるでしょうが、プロバイダや契約内容によっては意外な落とし穴があります。

WiMAX2+は機種変更ができないことも

多くのプロバイダは、WiMAX対応端末からWiMAX2+対応端末への機種変更ができます。

しかし、WiMAX2+を利用している場合、契約するプロバイダによっては機種変更ができない場合があります。

機種変更をしなくてもWiMAX2+を使い続けることはできますが、新しい機種のほうが通信速度が早くなっています。

より快適にWiMAX2+を利用するなら、プロバイダを乗り換えてでも機種を変えたほうが良いでしょう。

乗り換え計画を立てよう

WiMAXは、2年ごとにプロバイダを乗り換えるほうがお得になることがわかりましたかね?

次は、具体的にプロバイダを乗り換える計画を立ててみましょう。

乗り換えで特に注意しなければいけないのは、現在契約しているプロバイダの解約手続きです。

更新月のタイミングを逃さないように、慎重に手続きを行いましょう。

更新月を確認する

まず乗り換えるコストを抑えるために、解約しても違約金が発生しない更新月を確認しましょう。

契約しているプロバイダの窓口に問い合わせをすれば、更新月を教えてくれます。

WiMAXはプロバイダによって問い合わせ窓口の種類が違いますが、ほとんどのプロバイダは電話窓口を用意しています。

電話窓口は店頭に出向く必要がなく、スタッフが手早く更新月を教えてくれるので、電話で確認する方法が一番早いでしょう。

解約手続きはお早めに

解約手続きは

  • 店頭に出向く
  • 窓口に電話をして申込む
  • ネットから申込む

この3種類の方法があります。

また、一部のプロバイダは、電話窓口に解約申請をしてから書面の手続きが必要な場合があります。

プロバイダによって可能な解約手続きの方法が違うので、更新月を確認するときに聞いておきましょう。

WiMAXは解約を申請した当月の末日に回線が切れることが一般的ですが、プロバイダによっては対応が遅く解約が遅れることがあります。

プロバイダ側の対応が遅く、更新月を過ぎて解約となってしまい違約金が請求されることも珍しくありません。

なので、解約手続きはなるべく早めにしておきましょう。

GMOとくとくBBは特に注意を

現在、プロバイダをGMOとくとくBBにしている人は特に注意して解約手続きを行ってください

Twitterなどの口コミで解約手続きが遅く、問い合わせても返信がないという口コミが多く見受けられます。

さらに書面手続きが必要なので、解約が確定するまで時間が掛かります

乗り換え先に新規申し込み

契約しているプロバイダの解約日が確定すれば、乗り換えたいプロバイダへ契約手続きをしましょう。

店頭で申し込みできるプロバイダであれば契約した即日から、ネットから申し込むプロバイダであれば手続きをした翌日~1週間ほどで利用が開始できます。

乗り換えるプロバイダの利用開始日が、契約しているプロバイダの解約日より後になってしまうと、ネットが使えない期間ができてしまいます。

なるばく、それぞれのプロバイダの利用開始日と解約日に空きがないようにしてください。

乗り換えの注意点

乗り換えるときに、最も注意するべきことが2つあります。

  • 解約と契約手続き
  • WiMAXのWi-Fiルーターに接続していたデバイスの再設定

この2つです。

解約、契約手続きの手間がある

WiMAXはプロバイダによって解約する方法が違うので、更新月を確認してから再度解約手続きをしなければいけません。

解約手続きは店頭か電話、ネットで行えるプロバイダがほとんどです。

しかし中には書面手続きが必要になるプロバイダがあります。

書面手続きが必要なプロバイダに当たってしまうと、解約が確定するまで時間が掛かってしまいます

契約方法は店頭かインターネットの2通りがありますが、多くのプロバイダはインターネットでしか手続きができません。

また契約手続きもプロバイダによっては書面による申込みが必要となり、Wi-Fiルーターが届くまで時間が掛かるので面倒に感じます。

PCやスマホ等の接続設定を変更する必要がある

プロバイダを乗り換えると利用するWi-Fiルーターも変わるため、Wi-Fiルーターでネットを使っているデバイスの接続設定をし直さなければいけません

パソコンやスマホの操作に自信がある人であれば問題ありませんが、操作に自信がない人はプロバイダの窓口に問い合わせしながら設定を行わなければいけません。

まとめ

WiMAXは多くのプロバイダがUQ WiMAXよりも料金が安くなる割引特典を用意しています。

割引がないプロバイダでも、キャッシュバック特典が貰えるのでUQ WiMAXよりお得になります。

よって更新月のタイミングでプロバイダを乗り換えれば、WiMAXをお得に使い続けることができます。

解約手続きはプロバイダによっては時間が掛かるので、できるだけ早めに更新月の確認と解約の申請を行いましょう。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAXコラム

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.