お得なキャンペーンまとめ

WiMAX2+の契約でタブレットを格安で購入できるキャンペーンまとめ。

投稿日:

WiMAX2+が申し込めるプロバイダは多くあり、それぞれキャッシュバックや割引の特典が受けられるキャンペーンがあります。

しかし、プロバイダごとのキャンペーン特典は、キャッシュバックや割引だけではありません。

WiMAX2+には、契約特典としてタブレットを格安で購入できるというキャンペーンもあります。

タブレットで格安で購入できることは、とても魅力的に思いますよね。

しかし、料金の仕組みを見てみると、意外なデメリットが潜んでいます。

ここでは、WiMAX2+を契約してタブレットが格安で購入できるキャンペーンについて解説します。

WiMAX2+のキャンペーンを比較している人は、参考にしてくださいね。

WiMAX2+を契約するとタブレットが格安で買える?

家電量販店やオンラインショッピングサイトの楽天市場では、WiMAX2+を契約すると格安な値段でタブレットが購入できるキャンペーンを実施しています。

特別価格で販売されているモデルは様々で、モデルによって販売されている値段が違います。

ただ、普通に購入するよりかは大幅に値段が安くなります。

WiMAX2+のタブレットキャンペーンのメリット

WiMAX2+を契約して格安でタブレットが購入できるキャンペーンは、

  • タブレットが1円からで購入できる
  • 最新モデルのタブレットも購入できることがある

この2つが大きなメリットです。

タブレットが1円からで購入できる!

WiMAX2+のキャンペーンで販売されているタブレットの値段は様々ですが、最も安いものだと1円で購入することができます

タブレットは安いものでも10,000円前後、高いものだと60,000円以上の価格になっています

大きな画面でインターネットが使いたい人にとって、タブレットが1円からで購入できることは大きな魅力ではないでしょうか?

 最新モデルのタブレットも購入できることがある

WiMAX2+を契約して格安価格で購入できるタブレットは、古いモデルが多いのではないかと思われがちです。

しかし、WiMAX2+のタブレットキャンペーンでは、古いモデルだけでなく最新モデルも特別価格の対象になっています。

なので、WiMAX2+と新しいモデルのタブレットが欲しい人にとっても満足度が高いキャンペーンと言えるでしょう。

WiMAX2+のタブレットキャンペーンのデメリット

WiMAX2+のタブレットキャンペーンは、お得なメリットが大きいように見えます。

しかし、設定されている月額料金や違約金を見てみると、メリットだけが大きいわけではありません。

月額料金が高くなる!

WiMAX2+のタブレットキャンペーンは、タブレットを特別価格で販売する代わりに2年間の月額料金を高めに設定しています

キャッシュバックや割引特典があるプロバイダと比較すると、タブレットキャンペーンはお得度がかなり劣って見えてきます。

解約するときの違約金が高い!

さらに、WiMAX2+のタブレットキャンペーンは、2年以内に解約した場合の違約金が高めに設定されています

キャッシュバックや割引特典があるプロバイダの中にも違約金が高いところはありますが、タブレットキャンペーンで契約した場合の違約金はそれよりも遙かに高くなっています。

なので、WiMAX2+を2年以内に解約する可能性がある人には、タブレットキャンペーンをおすすめできません。

セットで購入できるタブレットはWi-Fiモデルだけ

タブレットにはSIMカードを挿入してネットが利用できる「セルラーモデル」と、Wi-Fiがある場所だけでネットが利用できる「Wi-Fiモデル」の2種類があります。

WiMAX2+のキャンペーンで購入できるタブレットは全てが「Wi-Fiモデル」になっているので、モバイルWi-Fiルーターがない限り外で利用することができません。

ただ、WiMAX2+のタブレットキャンペーンは、モバイルWi-Fiルーターを契約してタブレットを購入するものです。

なので、タブレットを外で利用するには、契約したWiMAX2+のモバイルWi-Fiルーターを使えば問題ありません

しかし、どうしても「セルラーモデル」が欲しいという人には、WiMAX2+のタブレットキャンペーンは避けたほうがいいでしょう。

マイナーなモデルが多い

WiMAX2+のキャンペーンで販売されているタブレットは、有名な海外モデルよりも、マイナーな国内モデルのほうが多い傾向にあります。

なので、WiMAX2+のキャンペーンには、自分が欲しいタブレットが用意されていないことも珍しくありません。

販売価格が安いものはスペックが低い

WiMAX2+のキャンペーンでは、最も安い場合だと1円でタブレットを購入することができます

しかし、1円や500円で販売されているタブレットはスペックが低く、ウェブサイトやYouTubeの閲覧でしか使うことができません。

タブレットで動画や写真の編集をしたい人は、キャンペーンが適用されたとしても、ある程度の値段がするモデルを選ばなければいけません。

WiMAX2+のタブレットキャンペーンの比較

WiMAX2+のタブレットキャンペーンは、月額料金や違約金の高さが大きなデメリットです。

ただ、どれだけ料金が高いかわからないと、デメリットの大きさは実感できないですよね。

そこで、楽天市場で行われているWiMAX2+のキャンペーンをもとに、通常通りしたWiMAXの料金と比較してみましょう。

楽天市場で実施されているWiMAX2+のキャンペーンの購入価格

楽天市場で実施されているWiMAX2+のキャンペーンで、タブレットが購入できる値段を見てみましょう。

モデル キャンペーン価格 通常価格
NEC タブレット LAVIE Tab ETE510 1円 17,800円~
Lenovo YOGA Tab 3 Pro 8 1円 18,520円~
富士通 arrows Tab QH35/B1 15,800円 49,000円~

どのモデルのタブレットを購入したとしても、従来よりも値段が安くなっています。

月額料金は高くなってしまう

ただ、WiMAX2+のタブレットキャンペーンは、2年間の月額料金が従来よりも高く設定されています。

WiMAX2+のキャンペーンは、特別価格でタブレットが購入できる代わりに「まとめてプラン」というオプションへ2年間加入することが条件になっています

「まとめてプラン」の月額料金は購入するタブレットによって違いますが、1,000円以上であることがほとんどです。

例えば、WiMAX2+のキャンペーンで「富士通 arrows Tab QH35/B1」を購入した場合の月額料金を見てみましょう。

通常 タブレットキャンペーン
ギガ放題プラン ライトプラン ギガ放題プラン+まとめてプラン ライトプラン+まとめてプラン
4,380円 3,696円 4,380円+1,547円=5,972円 3,696円+1,547円=5,243円

通常であれば3,000円代か4,000円代の月額料金が、タブレットキャンペーンが適用されることで5,000円以上に跳ね上がってしまいます。

解約金

WiMAX2+のタブレットキャンペーンは、解約金にも大きな問題を抱えています。

WiMAX2+はどこのプロバイダ契約しても、更新月でない限り解約するときは利用期間によって下記の違約金が請求されます。

UQ WiMAX 契約解除料金

1年目 19,000円
2年目 14,000円
3年目 9,500円
4年目以降 9,500円

WiMAX2+のタブレットキャンペーンは契約してから2年以内に解約すると、さらに「まとめてプラン」の違約金も重ねて請求されてしまいます。

まとめてプラン 契約解除料金

購入月 2ヶ月目 3ヶ月目~ 4ヶ月目 5ヶ月目
46,297円 35,581円 34,034円 32,487円 30,940円
6ヶ月目 7ヶ月目 8ヶ月目 9ヶ月目 10ヶ月目
29,393円 27,846円 26,299円 24,752円 23,205円
11ヶ月目 12ヶ月目 13ヶ月目 14ヶ月目 15ヶ月目
16ヶ月目 17ヶ月目 18ヶ月目 19ヶ月目 20ヶ月目
13,923円 12,376円 10,829円 9,282円 7,735円
21ヶ月目 22ヶ月目 23ヶ月目 24ヶ月目 25ヶ月目以降
6,188円 4,641円 3,094円 1,547円 0円

WiMAX2+を2年以上利用すれば、「まとめてプラン」の違約金はなくなります。

しかし、従来よりも遙かに高い違約金が設定されていると思うと、精神衛生面的に良くありません。

モデルによっては普通に買ったほうがお得

「まとめてプラン」で2年間負担する料金を加味しても、普通に購入するよりも安くなるのならタブレットキャンペーンは悪いものではありません。

しかし、購入するタブレットによっては、普通に購入したほうがお得になる場合が見受けられます

先ほどから例に出している「富士通 arrows Tab QH35/B1」をもとに、比較してみましょう。

富士通 arrows Tab QH35/B1の購入価格比較

WiMAX2+タブレットキャンペーン 通常価格
62,097円 49,000円~60,000円前後

※WiMAX2+タブレットキャンペーンはまとめてプラン2年間負担額込み

タブレットキャンペーンで「富士通 arrows Tab QH35/B1」を購入した場合、特別販売価格と「まとめてプラン」で2年間負担する金額を合わせると62,097円の出費になります。

「富士通 arrows Tab QH35/B1」は、もともと90,000円代のタブレットなので、お得なように見えるでしょう。

しかし、現在「富士通 arrows Tab QH35/B1」は、安いところだと49,000円から60,000円程度で手に入れることができます

WiMAX2+のタブレットキャンペーンは、お得になるどころか損になる危険性があると言えるでしょう。

ただ、全てのモデルで損になるとは限りません。

しかし、モデルごとに負担する金額を計算するなんて、普通の人ならとても面倒に感じますよね…。

まとめ

WiMAX2+のタブレットキャンペーンは、凄くお得に見えます。

しかし、実際は月額料金が高くなり、違約金も高めに設定されています。

料金が高くなる原因の「まとめてプラン」で負担する金額を加味すると、普通にタブレットを買うよりもお得になる場合があります。

しかし、どのモデルがお得で、どのモデルがお得でないかを計算するのは非常に面倒です。

なので、WiMAX2+のタブレットキャンペーンは、見た目の割にお得度が低いキャンペーンと思うべきでしょう。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-お得なキャンペーンまとめ

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.