WiMAXコラム

WiMAX2+は地下鉄で使えない?通信速度と繋がらない時の対処法

投稿日:

ネットの利用量が多い人の中には、地下鉄でネットを使う人が多いのではないでしょうか?

今は、ドコモなどの携帯電話キャリアのLTE回線が地下鉄でも使えるようになり、ネットが利用できる場所が広がりました。

携帯電話キャリアのLTE回線が地下鉄で使えるのなら、WiMAX2+も使えるのではないかと思うでしょう。

以前のWiMAXは、地下鉄では使いものになりませんでしたが、今は地下鉄へも電波の届けられるように普及を進めてします。

しかし、地下鉄でWiMAX2+が利用できる場所には制限があり、まだまだ発展途上です。

ただ、対処法を知っていれば、地下鉄でもスムーズにネットが使える可能性が高くなります

そこで、ここでは地下鉄でWiMAX2+がどこまで使えるのかについて解説します。

地下鉄で利用できない場合の対処法も紹介するので、WiMAX2+の地下鉄での活用を考えている人は、参考にしてくださいね。

WiMAX2+は地下鉄で使えるのか?

結論から言うと、WiMAX2+は地下鉄で使うことができます

しかし、厳密にはどの状況でも使えるわけではなく、利用ができる場所はかなり制限されています。

WiMAX2+はほとんどの地下鉄で利用できる

WiMAX2+は、地下鉄や地下街でもネットができるように、回線の提供エリアを地下にも拡大しています。

下記の表を見ると、日本にあるほとんどの地下鉄でWiMAX2+を利用できることがわかります。

WiMAX2+ 地下鉄普及状況

地域 地下鉄 普及状況
北海道・東北 札幌市営地下鉄 完了
仙台市営地下鉄 完了
関東 小田急電鉄 完了
京王電鉄 完了
京成電鉄 拡大中
京浜急行電鉄 完了
埼玉高速電鉄 完了
相模電鉄 未展開
新京成電鉄 完了
西武鉄道 拡大中
つくばエクスプレス 完了
東急電鉄 完了
東京メトロ 拡大中
東京モノレール 拡大中
東京臨海高速鉄道 完了
東武鉄道 完了
東葉高速鉄道 完了
都営地下鉄 完了
北総鉄道 完了
横浜市営地下鉄 完了
横浜高速鉄道 完了
中部 名古屋市営地下鉄 完了
名古屋鉄道 完了
関西 大阪市営地下鉄 完了
北大阪急行 完了
京都市営地下鉄 完了
神戸市営地下鉄 完了
京阪電気鉄道 完了
近畿日本鉄道 完了
山陽電気鉄道 完了
泉北高速鉄道 完了
阪神電車 完了
九州 福岡市地下鉄 完了

現在、WiMAX2+が利用できない地下鉄も、普及が完了するのは時間の問題でしょう。

地下鉄での移動中では使えない

しかし、地下鉄への普及が進んでいると言っても、全ての場所で利用できるわけではありません。

地下鉄でWiMAX2+が利用できるのは、駅の改札やホームに限られていて、電車に乗っているときはネットを使うことができません

ネットに寄せられている口コミを見ると、地下鉄の走行中にWiMAX2+が利用できないことは明らかです。

UQ WiMAXのホームページには、大々的に「地下鉄でも使える」と謳っていますが、利用可能場所をよく見てみると、コンコースやホームなどでしか使えないことが明記されています

WiMAX2+は、地下鉄の走行中でもネットが使えるように整備を進めていますが、回線の普及はまだ先になりそうです。

地下鉄での回線速度

WiMAX2+は、最大で440Mbpsの下り速度に対応する高速回線ですが、実際の速度は場所によって大きく変わります。

WiMAX2+の電波は、建物などの障害物に弱いので、地下鉄では通信速度が遅くなるイメージがあるでしょう。

実際に、WiMAX2+を地下鉄で利用した人たちの口コミを見てみましょう。

口コミをもとに回線速度を分析!

WiMAX2+を地下鉄で利用した人の多くは「地下鉄でもWiMAX2+が使えるんだ?」と驚いていますが、快適にネットが使えるという声はあまり見かけません。

それどころか、「地下鉄では通信速度が低下する」という声の割合が多めになっています。

口コミから分析した速度は7Mbps以下?!

ネット上に地下鉄で利用した感想口コミを寄せている人は、測定アプリなどで速度を測らずに、体感での速度をもとに投稿している人が多い傾向です。

ただ、「速度が低下してネットが使いづらい」ということは、多くの口コミで共通しています。

ウェブサイトの閲覧や動画視聴をスムーズに行うには、最低でも7Mbpsの下り速度が必要です。

なので、地下鉄でWiMAX2+を使うときは、7Mbpsより低い速度になることが多いと言えるでしょう。

ただ、あくまでも速度が遅い地下鉄が多いだけであって、地下鉄によっては快適にネットができることもあります。

また、今後はこの状況も少しずつではありますが、改善されていきます。

WiMAX2+が地下鉄で繋がらないときの対処法

WiMAX2+は、地下鉄への普及が進んでいますが、それでもネットが使いづらいのが現状です。

しかし、

  • LTEオプションを使ってみる
  • UQ Wi-Fiスポットを使ってみる
  • 交通機関のFree Wi-Fiを代用する

この3つの方法を活用すれば、地下鉄でも快適にネットができる可能性が高くなります。

LTEオプションを使ってみる

WiMAX2+は、対象機種であれば「LTEオプション」を利用して、auのLTE回線を使ったネット通信ができます。

auのLTE回線は、プラチナバンドに対応しているので建物や壁などの障害物に強く、WiMAX2+の電波よりも地下鉄へ電波が届きやすくなっています。

実際に地下鉄でLTEオプションを使ってみて、通信速度が速くなったという事例があります。

ただ、auのLTE回線も電波が弱い場所があるので、必ずと速度が速くなるわけではありません

また、「LTEオプション」で7GBを消費すると、月末を過ぎるまで速度制限がかかってしまうので注意が必要です

UQ Wi-Fiスポットを使ってみる

WiMAX2+を利用している人は、UQコミュニケーションズが設置している「UQ Wi-Fiスポット」を無料で使うことができます。

UQ Wi-Fiスポットは飲食点をはじめとした店舗に設置されているので、地下街が近い地下鉄にいるときに活用できます。

「UQ Wi-Fiスポット」はWiMAX2+のルーターで利用でき、スマホでも簡単なID認証で使うことができます。

交通機関のFree Wi-Fiを代用する

日本にある地下鉄のほとんどは、交通機関によるFree Wi-Fiが設置されています。

Free Wi-Fiはユーザー登録をするだけで利用でき、地下鉄の車両の中でも使うことができます。

WiMAX2+が使えない車両での代替回線として、魅力的な方法だと言えるでしょう。

しかし、Free Wi-Fiはセキュリティが弱いので、デバイスにセキュリティソフトを入れてから使うことをおすすめします。

WiMAX2+を地下鉄で使うときの注意点

WiMAX2+を地下鉄で使おうと思ったときは、以下の3つに注意してください。

走行中は利用できない

WiMAX2+は、地下鉄へのサービス提供を進めていますが、車両の中では未だに使うことができません

地下鉄でWiMAX2+が利用できる場所は、改札付近やホームなどに限られています。

回線速度は不安定

地下鉄の改札付近やホームなどで使えると言っても、WiMAX2+が持つ本来の通信スピードが発揮される可能性は低いと言わざるを得ません。

ただ、LTEオプションを使うと、速度が速くなる可能性があります。

地下鉄で通信速度が遅いと感じたときは、LTEオプションを使って見ましょう。

バッテリーの消費スピード

WiMAX2+のWi-Fiルーターは、基本的に半日は利用できるバッテリー容量があります。

しかし、地下鉄で使うとバッテリーを消費するスピードが速くなる可能性があります

モバイルWi-Fiルーターは電波が弱い場所にいると、電波を探そうとして通常よりも多いエネルギーを使うためです。

なので、バッテリーの残量が少ないときは、地下鉄での利用は控えたほうがいいでしょう。

まとめ

WiMAX2+の電波は、日本にあるほとんどの地下鉄への普及が完了しています。

しかし、車両に乗っているときは使うことができず、利用できる場所は改札付近やホームなどに限られています。

また、通信速度もまだ発展途上となっていて、快適にネットが使えるとは言えません。

ただ、LTEオプションを利用すること通信速度が速く可能性がありますし、地下街の近くであればUQ Wi-Fiスポットを活用する方法もあります。

なので、地下鉄で使う前に、通信速度が遅い場合の代替方法を知っておきましょう

現状のWiMAX2+は、地下鉄での使い勝手は良いとは言えませんが、今後さらに回線の提供状態を改善する方向で進んでいます。

長い目で、地下鉄の電波状況が改善されることを期待しましょう。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAXコラム

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.