WiMAXルーター

WiMAX「Speed Wi-Fi HOME L01」と「novas home+ca」を徹底比較!

投稿日:

「WiMAXと言えばモバイルWi-Fiルーター」というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか?

しかし、WiMAXは自宅専用の据置型Wi-Fiルーターも販売しています。

その中でも、代表的なものは「Speed Wi-Fi NEXT L01」と「novas home+ca」です。

この2つの機種は、どちらも自宅専用のWi-Fiルーターですが、それぞれ特徴を持っています。

そこで、ここではWiMAXの自宅専用Wi-Fiルーターである「Speed Wi-Fi NEXT L01」と「novas home+ca」の性能を比較して解説します。

WiMAXの自宅専用Wi-Fiルーターを購入するか悩んでいる人は、参考にしてくださいね。

Speed Wi-Fi HOME L01とnovas home+caの共通している特徴

Speed Wi-Fi HOME L01とnovas home+caには、様々な違いがあります。

しかし、この2機種を比較する前に、どちらも共通しているポイントを知っておく必要があります。

自宅専用の据置Wi-Fiルーター

Speed Wi-Fi HOME L01とnovas home+caは、どちらも自宅専用の据置型Wi-Fiルーターです。

そのため、どちらもモバイルWi-Fiルーターのように持ち歩いて利用することはできません

どちらもWiMAX2+の回線が利用できる

WiMAXが提供する回線には旧型の「WiMAX」と新型の「WiMAX2+」の2種類があり、機種によって利用できる回線が違います。

Speed Wi-Fi HOME L01とnovas home+caは、どちらもWiMAX2+に対応しています。

しかし、対応している通信速度はそれぞれ違います。

それぞれの機種の対応速度は、後ほど詳しく解説します。

Speed Wi-Fi HOME L01とnovas home+caを比較

Speed Wi-Fi HOME L01とnovas home+caを、スペック表をもとに比較してみましょう。

項目 Speed Wi-Fi HOME L01 novas home+ca
対応ネットワーク WiMAX2+、au4GLTE WiMAX2+のみ
通信速度 下り:最大440Mbps 下り:最大220Mbps
最大同時接続崇 42台 18台
重さ 493g 317g
サイズ 約H180×W93×D93mm 約H130×W69×D162mm
有線LAN規格 Ethernet 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T Ethernet 10Base-T / 100Base-TX / 1000Base-T
無線LAN規格 IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯) IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯)

対応ネットワークの違い

Speed Wi-Fi HOME L01とnovas home+caは、どちらもWiMAX2+の回線が利用できます。

しかし、au 4GLTEが利用できるかが違います。

WiMAXのWi-Fiルーターは、「LTEオプション」を使うことでau 4GLTEを使うことができます。

Speed Wi-Fi HOME L01はau 4GLTEに対応していますが、novas home+caは対応していません。

通信速度はSpeed Wi-Fi HOME L01が優れている

Speed Wi-Fi HOME L01とnovas home+caは、どちらもWiMAX2+の回線が利用できますが、対応している通信速度が違います。

Speed Wi-Fi HOME L01の下り速度は、最大で440Mbpsになっています。

WiMAX2+回線の最大下り速度は440Mbpsなので、Speed Wi-Fi HOME L01はWiMAX回線のクオリティをフルに体感することができるでしょう。

novas home+caの最大下り速度は220Mbpsとなり、WiMAX回線の性能が最大限発揮できるとは言えません。

比較する必要がない項目

Speed Wi-Fi HOME L01とnovas home+caには、あまり比較する必要がないポイントもあります。

LTEオプションの対応有無

Speed Wi-Fi HOME L01とnovas home+caは、au 4GLTEに対応しているかが違います。

しかし、au 4GLTEに対応しているのかは、据置型Wi-Fiルーターを選ぶうえで重要なポイントにはなりません。

au 4GLTEは、WiMAXの電波が届きにくい場所ではじめて使うものです。

据置型Wi-Fiルーターを使うときは、自宅にWiMAXの電波が届いているがポイントになります。

また、au 4GLTE回線で7GBを消費すると、無制限のギガ放題を使っていても月末まで通信速度が制限されてしまいます。

自宅だけでWi-Fiルーターを使う場合、au 4GLTEを利用することはほとんどないと思っていいでしょう。

サイズと重さ

モバイルWi-Fiルーターを選ぶときは、持ち歩きやすさが重要なので、端末のサイズと重さがポイントになります。

しかし、据置型Wi-Fiルーターは自宅に設置するだけなので、サイズと重さはそこまで重要にはなりません。

本体価格

WiMAXのWi-Fiルーターは契約するプロバイダによって値段が違いますが、ほとんどが0円から3,000円程度です。

これは、Speed Wi-Fi HOME L01とnovas home+caも例外ではありません。

この2つの機種は本体価格がほとんど同じなので、購入金額が選択の基準にはなりません。

値段よりもスペックで比較するようにしましょう。

Speed Wi-Fi HOME L01とnovas home+caどっちが良い?

Speed Wi-Fi HOME L01とnovas home+caのどちらかを選ぶ基準は、通信速度だけになります。

そのため、どちらを使うべきなのかはスペック表を見ると自然とわかります。

今から使うならSpeed Wi-Fi HOME L01

今からWiMAXの据置型Wi-Fiルーターを使うなら、Speed Wi-Fi HOME L01がおすすめです。

Speed Wi-Fi HOME L01は440Mbpsの下り速度に対応しているので、現在のWiMAXが持つクオリティを最大限発揮してくれます。

novas home+caが対応する下り速度は220Mbpsなので、WiMAXが持つ本来のクオリティを活かすことができません。

そのため、WiMAXの高速回線を利用するなら、Speed Wi-Fi HOME L01が最もベストと言えるでしょう。

まとめ

WiMAXが提供するSpeed Wi-Fi HOME L01とnovas home+caは、どちらも自宅だけで利用できる据置型Wi-Fiルーターです。

しかし、それぞれ対応している通信速度が違い、これがどちらの端末を購入するかのポイントになります。

通信速度で比較するとSpeed Wi-Fi HOME L01のほうが、WiMAX回線のクオリティを最大限発揮することができます。

今からWiMAXの据置型Wi-Fiルーターを購入するのなら、Speed Wi-Fi HOME L01がベストと思っていいでしょう。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAXルーター
-, ,

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.