WiMAX プロバイダ一覧

スペイシーWi-Fiのメリット・デメリット。口コミによる評判まとめ。

投稿日:

ここ最近、ポケットWi-Fiの契約先はWiMAXやY!mobileだけでなく、レンタルサービスも有力な候補として挙がるようになりました。

2018年4月からサービスが開始したスペイシーWi-FiもポケットWi-Fiがレンタルできるサービスの1つで、料金の安い特徴を持っています。

初期費用や違約金も気にならないメリットがありますが、使い勝手の良さは人によって変わるので契約するかは慎重に考えたほうがいいでしょう。

ここでは、スペイシーWi-Fiのサービス内容を解説し、口コミによる評判はどうなのか紹介します。

後半ではWiMAXとの比較も行うので、ポケットWi-Fiの利用を考えている人は参考にしてくださいね。

スペイシーWi-Fiとは?3つのメリット

スペイシーWi-Fiは、会議室をはじめとしたスペースのレンタルを行っているスペイシーが2018年4月7日から提供を開始したポケットWi-Fiルーターのレンタルサービスです。

スペイシーは2013年10月に立ち上げられた若い会社ですが、レンタルサービスが故のメリットがあります。

メリットとデメリットをもとに、スペイシーWi-Fiの特徴を見てみましょう。

スペイシーWi-Fiはレンタルサービスなので、

  • 1日単位でポケットWi-Fiをレンタルできる
  • 初期費用が0円
  • 解約するときに違約金が請求されない

上記3つのメリットがあります。

1日単位でポケットWi-Fiをレンタルできる

今まで、ポケットWi-Fiをレンタルするときは、貸し出し期間が最低でも2日以上や1週間程のプランしか利用できないことがほとんどでした。

スペイシーWi-Fiなら1日からの超短期間からポケットWi-Fiがレンタルできるので、「この日だけポケットWi-Fiを使いたい」というような考えの人にとても向いているサービスとなっています。

もちろん1ヵ月以上の長期レンタルにも対応しています。

初期費用が0円!

スペイシーWi-Fiはレンタルサービスなので、ポケットWi-Fiを利用するうえで端末の購入費用や契約事務手数料を請求されることがありません。

つまり、スペイシーWi-Fiを申込むときの初期費用は無料というわけです。

初期費用が無料なら、気軽に申込みができますね。

解約するときに違約金が請求されない

WiMAXやY!mobileなどでポケットWi-Fiを利用する場合、2年から4年の契約期間があるので解約するときは更新月でない限り10,000円程の違約金が請求されてしまいます。

スペイシーWi-Fiなら契約期間が無いので、いつ解約しても違約金が請求されません。

使いたいときに契約できて、好きなときに解約できることがスペイシーWi-Fiの大きな魅力です。

スペイシーWi-Fiの4つのデメリット

メリットを見るとスペイシーWi-Fiは使い勝手が良いレンタルサービスという印象を受けます。

しかし、機能性に不安を感じるデメリットも抱えています。

利用目的によってデメリットの影響を受ける可能性がある人は、他のポケットWi-Fiサービスも選択視に入れておくことをおすすめします。

スペイシーの会員登録が必要

スペイシーWi-Fiを利用するには、スペイシーの貸し会議室・レンタルスペースサービスの会員登録をしなければいけません。

と言っても、会員登録は無料でできるので、それほど大きいデメリットにはなりません。

選べる機種が少ない

スペイシーWi-Fiで利用できるポケットWi-Fiの機種が少なく、2018年5月の時点では端末の種類が1つしかありません。

ポケットWi-Fiルーターは機種によって通信速度をはじめとしたスペックが違うので、選択視が無いと不便に感じる人は少なくないでしょう。

1日で利用できるデータ量に上限がある

スペイシーWi-Fiにはインターネットが使い放題になるプランが無く、1日で4GBを消費すると当日の24時まで通信制限が掛かり下り速度が128Kbpsになります。

下り速度が128Kbpsまで落ちると、ホームページすらまともに閲覧することができなくなります。

日頃から大量の動画を視聴する人だと、スペイシーWi-Fiは使い勝手が悪いと感じる可能性が大です。

クレジットカードを持っていないと利用できない

スペイシーWi-Fiでは利用料金をクレジットカードでしか支払うことができません。

つまり、クレジットカードを持っていない人はスペイシーWi-Fiを利用できないわけです。

クレジットカード払いしか利用できない理由は、レンタルサービスであるが故に契約者の信頼度を判断できる支払い方法を指定していることが考えられます。

スペイシーWi-Fiの各料金設定

スペイシーWi-Fiは利用が短期間と長期間のどちらになったとしても、ポケットWi-Fiを購入するよりも利用料金が安くなる仕組みになっています。

レンタルする端末のスペックも高いので、機能性も申し分ありません。

利用料金は日別と月別がある

スペイシーWi-Fiを日単位で使う場合、料金は1~10日目で350円/日11日目以降で88円/日となります。

スペイシーWi-Fiの利用料金(日単位)

利用日数 料金
1~10日目 350/日
11日目以降 88円/日

長期的に利用する場合、1ヵ月目の月額料金は5,260円と高めですが、2ヶ月目からは2,640円と安くなります。

スペイシーWi-Fiの利用料金(月単位)

利用月数 料金
初月 5,260円
2ヵ月目以降 2,640円

上記の料金にはポケットWi-Fiの端末料金も含まれているので、他に費用が発生することはありません。

初期費用は一切かからない

スペイシーWi-FiはポケットWi-Fiのレンタルサービスなので、端末の購入費用は一切発生しません

契約事務手数料も無料なので、初期費用は掛からないと考えていいでしょう。

インターネット上では契約するときに高額な費用が請求されるという声が挙がっていますが、これについては後ほどの口コミ紹介で解説します。

端末のスペックと通信速度

2018年5月の時点では、スペイシーWi-FiでレンタルできるポケットWi-FiルーターはソフトバンクかY!mobileで販売されているモデルとなっています。

機種名は記載されていませんが、HUAWEI製の601HWか603HWであると考えられます。

肝心のスペックですが、下り速度は最大612Mbpsとなっているので、問題なくインターネットが利用できるレベルと思っていいでしょう。

重量は135g、サイズは片手に収まる程度なので気軽に持ち歩きが可能です。

連続通信時間は最大8.5時間(省電力設定をONにした場合)なので、外出中にバッテリー容量を気にすることもないでしょう。

サービスの提供エリアですが、人口カバー率が99%のソフトバンク回線を使うので、ほとんどの場所でインターネットに接続できます。

ただ、山間部やその周辺では電波が弱いことがあります。

念のため、ソフトバンクの公式サイトで提供エリアを確認しておいたほうがいいでしょう。

契約期間と違約金は無い

スペイシーWi-Fiには契約期間が無いので、いつ解約しても違約金は発生しません。

ただ、端末を返却しないと弁済金が請求されるので注意が必要です。

利用者からの口コミと評判

利用者からの口コミを見る限り、スペイシーWi-Fiは通信速度が安定しているので問題なくインターネットが利用できると言えます。

中には、申込みをした後に高額な金額を請求されたという口コミがあります。

上記の口コミは、スペイシーWi-Fiを契約する際に発生する端末の保証金のことを指しています。

と言っても、端末の保証金は実際に口座から引き落とされるわけではなく、万が一ポケットWi-Fiを破損や紛失した場合に請求するためにクレジットカードの与信枠から確保しているだけのものです。

また、解約するときに端末を返却しなかった場合も、確保した与信枠から弁済金が引かれます。

ポケットWi-Fiを壊したり失わない限りは請求されないので、安心してください。

ちなみに、クレジットカードの与信枠から確保される金額は補償プラン加入時で30,000円補償プラン未加入時で40,000円となっています。

WiMAXと比較してどうなのか?

ポケットWi-Fiの定番サービス「WiMAX」比べてスペイシーWi-Fiはどうなのか気になっている人は多いのではないでしょうか?

そんな人のために、スペイシーWi-FiとWiMAXのサービス内容を表でまとめました。

サービス スペイシーWi-Fi UQ WiMAX GMOとくとくBB
利用料金

【日単位】

・1~10日目:350円/日
・11日目以降:88円/日

【月単位】

・初月:5,260円
・2ヶ月目以降:2,640円

4,380円 ・1~2ヶ月目:3,609円
・3ヶ月目以降:4,263円
最大下り速度 6612Mbps 110~708Mbps
通信制限の条件 1日で4GB消費 3日間で10GB消費
通信制限時の下り速度 128Kbps 1Mbps
初期費用 無し 端末購入代金:800円 端末購入代金:0円
契約事務手数料:3,000円 契約事務手数料:3,000円
違約金 無し ・1年目:19,000円
・2年目:14,000円
・3年目以降:9,500円
・1年目:24,800円
・2年目:24,800円
・3年目以降:9,500円

※WiMAXの月額料金はギガ放題プランに加入した場合です。

通信コストで考えると、短期と長期のどちらで使うにしてもスペイシーWi-Fiを選んだほうがお得です。

しかし、通信制限が掛かる条件で比較すると、使い勝手はWiMAXのほうが上と考えるできでしょう。

スペイシーWi-Fiは1日で4GBしか利用できませんが、WiMAXなら3日間で10GBを利用することができます。

WiMAXのデータ量上限は計算すると1日当たり約3GBとなりますが、通信制限が掛かったときの下り速度は1Mbpsなので、高画質ではない動画の視聴までなら問題ありません。

スペイシーWi-Fiと比べると料金の高さが気になりますが、WiMAXならauのスマホ代が500円から1,000円安くなる「auスマートバリューmine」を受ければコストの負担を抑えることができます。

WiMAXとauひかりならどっちがおすすめ?サービス内容を比較!

WiMAXとauひかりはどちらも、auのスマホを持っているとセット割引を受けることができます。 ただ、どちらのサービスを契約したほうがいいのかわからないですよね? WiMAXとauひかりはサービスの仕 ...

GMOとくとくBBで申込めば、最大39,400円のキャッシュバックがもらって通信費の実質負担額を安くできます。

GMOとくとくBB WiMAX2+の評判口コミは?最新のキャッシュバックまとめ。
GMOとくとくBB WiMAX2+の評判口コミは?最新のキャッシュバックまとめ。

モバイルWi-Fiルーターで有名なWiMAXは、契約するプロバイダによって特典や月額料金が左右されます。 どうせ契約するなら、一番お得に契約できるプロバイダを選びたいですよね? しかし、特典が魅力で契 ...

短期的な利用でホームページの閲覧とワードやExcelファイルの送受信がメインになるのなら、スペイシーWi-Fiでも十分対応できます。

しかし、長期的な利用を想定し、動画の視聴もするのならキャンペーンを受けてWiMAXを申込んだほうがいいでしょう。

まとめ

スペイシーWi-Fiは料金が安いうえに、初期費用や違約金も請求されません。

しかし、1日で利用できるデータ量が4GBと制限されているので、人によっては使い勝手を悪く感じる可能性があります。

短期間だけ利用したい人ならスペイシーWi-Fiはおすすめできますが、長期的な利用と頻繁な動画視聴を行う可能性があるならWiMAXを選んだほうがいいでしょう。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAX プロバイダ一覧

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.