いろいろ比較

SoftBank AirとWiMAXとサービス内容・価格面から徹底比較!

投稿日:

「工事が不要のインターネット回線」と言えば、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターが代表的でしたが、現在はソフトバンクが提供する「SoftBank Air」も人気を集めています。

SoftBank Airは、自宅専用の据え置き型Wi-Fiルーターで、WiMAXと同様に無制限でネットを使うことができます。

SoftBank AirとWiMAXのどちらを利用するか悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

SoftBank AirとWiMAXには、それぞれに長所と短所があります。

この長所と短所を知ることで、どちらのネット回線を使うべきか考えなければいけません。

そこで、ここではSoftBank Airのサービス内容を解説し、WiMAXと比較していきます。

SoftBank AirとWiMAXのどちらを利用するか迷っている人は、参考にしてくださいね。

SoftBank Airの特徴

SoftBank Airは、携帯電話キャリアとして有名なソフトバンクが提供するWi-Fiルーターです。

Wi-Fiルーターのサービスと聞くと、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターを思い浮かべますよね。

しかし、SoftBank Airには、モバイルWi-Fiルーターとは違った特徴があります。

SoftBank Airは自宅専用のWi-Fiルーター

SoftBank Airは、モバイルWi-Fiルーター違って自宅だけで利用できる「据え置き型Wi-Fiルーター」です。

そのため、モバイルWi-Fiルーターのように持ち歩いて使うことができません。

「持ち歩きができない」と聞くと不便に感じるかもしれませんが、自宅を中心にネットを使う人にとっては魅力的なサービスと言えます。

工事をせずにネットが使える

SoftBank Airは、Wi-Fiルーターを自宅のコンセントに差し込むだけでネットを使うことができ、光回線のように工事を行う必要がありません。

光回線では工事を行う必要があり、初期費用が高くなるデメリットがありました。

SoftBank Airは工事をする必要がないので、初期費用を安くい価格に抑えることができます。

また、光回線は申し込みをしてもネットが使えるのは2週間以降になりますが、端末を受け取った日からネットが使うことができます

例えば、ソフトバンクショップで申し込みをすればその場で端末が受け取れるので、契約した日からネットが使えるわけですね。

利用できるデータ量は無制限

工事をする必要がないネット回線は、1ヶ月で利用できるデータ量に制限があるイメージがあります。

しかし、SoftBank Airは、1ヶ月で利用できるデータ量が無制限になっているので、データ量を心配する必要がありません。

これが理由で、SoftBank AirはWiMAXとよく比較されるようになりました。

SoftBank Airのサービス内容

SoftBank Airは、気軽にネットが利用できる便利なサービスです。

しかし、サービス内容の中には注意するべき点も隠れています。

利用するときは、契約期間などに注意しなければいけません。

月額料金

SoftBank Airは、端末を買い取るかレンタルしてサービスを利用します。

月額料金は、端末を買い取るかレンタルするかで違います。

買取 レンタル
基本料金 4,880円 基本料金 4,880円
端末代金分割支払い 1,620円×36ヶ月 端末レンタル料金 490円
月月割 -1,620円×36ヶ月
合計 4,880円 合計 5,370円

それぞれの月額料金を比べると、端末を買い取ったほうが値段が安いことがわかります。

光回線の月額料金は戸建てで5,000~6,000円、マンションで3,500~4,500円なのでSoftBank Airが特別安いわけではありません。

ソフトバンクのスマホがあればセット割引が受けられる

しかし、SoftBank Airは、ソフトバンクのスマホを持っていると「おうち割光セット」の割引を受けることができます。

「おうち割光セット」とは、ソフトバンクのスマホ代が安くなる割引特典です。

割引される金額は、スマホの料金プランによって違いますが、SoftBank Airとソフトバンクのスマホを使っている限りは永遠に料金が安くなります。

おうち割光セット 割引金額

プラン 2年間 3年目以降
データ定額50GB 1,000円 1,000円
データ定額30GB 1,852円 934円
データ定額20GB 1,410円 934円
データ定額5GB 1,410円 934円
データ定額2GB 463円 463円
データ定額1GB 463円 463円
3Gケータイ専用データ定額 463円 463円

「おうち割光セット」は、料金が安くなるだけでなく、家族が使っているものであれば10台まで割引が受けられるメリットがあります。

例えば、家族4人でソフトバンクのスマホをデータ定額5GBで使っている場合、SoftBank Airの月額料金より高い金額の割引が受けられます。

例:家族4人でデータ定額5GBを利用している場合

1,410円(割引金額)×4人(家族の人数)=5,640円

ソフトバンクのスマホを使っている人にとっては、SoftBank Airは通信料を接続できる強みがあると言えるでしょう。

初期費用は事務手数料の3,000円のみ

SoftBank Airは、工事をする必要がないサービスですが、端末の代金が高くないかが気になるのではないでしょうか?

SoftBank Airで利用する端末は、58,320円と高額です。

しかし、端末料金は36ヶ月間の分割で支払ううえに、月月割によって相殺されます。

端末を購入することが負担に感じても、レンタルで利用することも可能です。

そのため、初期費用として58,320円の端末代金が請求されることがありません。

SoftBank Airの初期費用は、事務手数料の3,000円のみと思っていいでしょう。

通信速度はネット使うだけなら問題ない

SoftBank Airの下り速度は最大350Mbpsですが、2017年12月現在では最大261Mbpsになる地域がほとんどです。

光回線の通信速度は最大1Gbpsなので、SoftBank Airは劣っているように見えます。

しかし、ウェブサイトや動画を見るぐらいなら20Mbps以上の下り速度があれば十分なので問題ありません。

普通にネットを使うだけなら、SoftBank Airでも十分と言えるでしょう。

夜になると速度制限がある?

Twitterなどを見てみると、SoftBank Airは夜になると速度が遅くなるという声を目にすることがあります。

この口コミの通り、SoftBank Airは夜になると通信速度が遅くなる傾向があります。

しかし、速度が遅くなると言っても、5~7Mbpsのスピードはでます。

5~7Mbpsの速度は、ウェブサイトや動画を見るために最低限必要なスピードなので、そこまで不便には感じません。

夜に下り速度が5Mbpsを下回っているときは、端末の設置場所に原因があることが考えられます。

設置場所を変えると、夜でも5~7Mbpsの下り速度になる可能性が高いです。

契約期間と違約金

SoftBank Airは2年契約になっていて、2年ごとにある更新月でない限りは、解約すると9,500円の違約金が請求されます。

更新月が2年ごとと聞くと、多くの人は2年後に解約すればいいと思うでしょう。

しかし、端末代金を分割で支払っていると話は別です。

SoftBank Airで利用する端末は、36ヶ月の分割払いとなっています。

契約してから2年後には分割支払いが12回残っているので、最初の更新月に解約すると残りの端末代金を一括で支払わなければいけません

(この場合、請求される残りの端末代金は19,440円です。)

そのため、端末を買い取ってSoftBank Airを利用する場合、料金が発生せずに解約できるタイミングは契約してから4年後の更新月になってしまうわけです。

端末を買い取ってSoftBank Airを利用する場合、長期的な利用をする見込みがあるかが基準になります。

引っ越し先でも続けて使うことができる

光回線を引っ越し先で続けて使う場合、転居先でも工事を行う必要があり、18,000円から24,000円程度の費用が発生します。

SoftBank Airは、引っ越し先でも工事を行わずに使い続けることができるので、費用が発生しません。(住所変更の申請は必要です。)

引っ越し先がSoftBank Airのサービスが提供されていない場合は、違約金が請求されることなく解約することができます。

将来的に引っ越しをする可能性がある人でも、安心して契約できるように思えますね。

ただ、引っ越し先がサービス提供エリアでないときの解約でも、端末代金の分割支払いが残っていると残債が一括で請求されてしまいます。

引っ越しをする可能性がある人は、端末をレンタルして利用したほうが無難と言えるでしょう。

WiMAXとSoftBank Airを比較

WiMAXとSoftBank Airのサービス内容を比べてみると、それぞれに長所と短所があります。

月額料金はWiMAXのほうが安い

それぞれの月額料金を比較してみると、WiMAXのほうが安いように見えます。

SoftBank Air・WiMAX 月額料金比較表

サービス 月額料金
SoftBank Air  買取 4,880円
レンタル 5,370円
WiMAX 4,380円

※WiMAXは「ギガ放題プラン」を利用する場合。

しかし、他のサービス内容を比較してみると、SoftBank AirにはWiMAXより優れているポイントがあります。

セット割引はSoftBank Airのほうが強い

セット割引の内容を比べてみると、SoftBank Airの「おうち割光セット」のほうが強い印象があります。

SoftBank Airの「おうち割光セット」は、ソフトバンクのスマホ代が最大で1,852円安くなるうえに、10台まで割引を受けることができます。

WiMAXには、auのスマホ代が安くなる「auスマートバリューmine」があります。

しかし、「auスマートバリューmine」の割引金額は最大で1,000円となっていて、1台のスマホしか料金が安くなりません

通信速度は利用場所によって異なる

通信速度を比較してみると、WiMAXのほうが優れているように見えます。

SoftBank Air・WiMAX 通信速度比較

サービス 通信速度
SoftBank Air 下り:最大261~350Mbps/上り:最大7Mbps
WiMAX 下り:最大110~708Mbps/上り:最大30Mbps

ただ、WiMAXは持ち歩きができる代わりに、利用する場所や環境によって通信速度が大きく変動します。

これは、SoftBank Airも同じです。

しかし、SoftBank Airは、端末を置く場所を変えると通信速度が改善しやすい傾向があります。

自宅専用のWi-Fiルーター特有の強みと言えるでしょう。

速度が制限される条件

WiMAXは、3日間で10GBを消費すると、翌日の18時から26時まで速度が制限されるという条件があります。

制限がかかったときの下り速度は1Mbpsになるので、ウェブサイトの閲覧はギリギリ出来ても、動画を視聴は難しくなります。

SoftBank Airは、無条件で(地域によっては異なりますが)夜になると速度が遅くなりますが、5~7Mbpsの下り速度は出ます。

速度制限がかかる条件は、SoftBank Airのほうが緩いと言えるでしょう。

WiMAXにも据え置き型Wi-Fiルーターがある

WiMAXにも自宅専用のWi-Fiルーター

  • 「Speed Wi-Fi HOME01」
  • 「novas home+ca」

があります。

この2つの機種は、SoftBank Airと同じで端末を自宅のコンセントに差し込むだけでネットが使える仕様になっています。

しかし、利用するサービス内容はWiMAXのモバイルWi-Fiルーターと同じなので、速度制限の条件などは変わりません。

SoftBank AirとWiMAXどちらを選ぶべきか?

SoftBank AirとWiMAXには、それぞれに得手不得手があるので、どちらを利用すればいいのか悩みます。

ただ、どちらのサービスを選ぶかのポイントは意外とシンプルです。

ネットを使う場所が重要なポイントになる

SoftBank AirとWiMAXのどちらかを選ぶ基準は、ネットをどの場所で使うかです。

自宅と外の両方でネットを使うことが多い人は、WiMAXを利用したほうが快適に感じるでしょう。

外でネットを使う頻度が低く自宅での利用が中心の人は、SoftBank Airを利用したほうがいいでしょう。

契約している携帯電話キャリアも重要

利用している携帯電話キャリアも、SoftBank AirとWiMAXのどちらを利用するかのポイントになります。

ソフトバンクのスマホを使っている人なら、「おうち割光セット」が受けられるSoftBank Airがお得になります。

auのスマホを使っている人なら、「auスマートバリューmine」が適用されるWiMAXのほうがお得になります。

自分が利用している携帯電話キャリアに合せるのも、有効な方法と言えるでしょう。

家族全員でネット回線を使うならSoftBank Air

SoftBank Airには夜になると、WiMAXは3日間で10GBを消費すると速度が制限されます。

しかし、SoftBank Airは速度制限がかかっても、そこまで不便に感じることがありません。(利用用途によりますが)

この条件を見ると、SoftBank Airは家族全員でネットを使っても問題がないことがわかります。

家族全員でWiMAXを使うと、あっという間に10GBを消費してしまい速度制限がかかってしまいます。

ただ、1人暮らしの人がWiMAXを利用すると、3日間で10GBを消費する可能性はそこまで高くありません。

1つのネット回線をどれだけの人数で利用するのかが、SoftBank AirとWiMAXのどちらを選ぶかの基準になります。

まとめ

SoftBank Airは、WiMAXよりも優れている長所がいくつかあります。

しかし、全ての人がSoftBank Airの長所を活かせるわけではありません。

自分の利用用途や状況によって、SoftBank AirかWiMAXのどちらを使うべきかが変わります。

自分の状況をよく考えて、どちらを利用するべきかを考えてから契約することをおすすめします。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-いろいろ比較
-, ,

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.