WiMAXルーター

ルーターの基礎知識。ポケットWiMAXルーターのメリット・デメリット。

投稿日:

多くの人がインターネットを使わない日はないのが今の世の中です。

しかし、インターネットにつながるのが当たり前になっているので、なにげなく使っているインターネット関連の用語で、正確な言葉の意味がわからない言葉ってないでしょうか?

「ルーター」もその代表的な一つです。

そこで、この時期ではWiMAXのモバイルルーターなど、多くの人が恩恵を受けているルーターの基礎知識を紹介していきます。

さらに、どのルーターを選ぶべきかのポイントや、レンタルや中古での手に入れ方から紛失時の対応まで、詳しく解説するので是非参考にしてみてください。

そもそもルーターの役割って何?

ちなみにこの記事ではわけがわからなくならないうように、「ルーター」は

  • ブロードバンドルーター
  • モバイルWi-Fiルーター

のことをさして書いています。

なんせルーターにはいろいろな種類がありますから。

  主な役割 大きさ 価格の目安
コアルーター プロバイダの相互接続など 大型 数千万円~数億円
センタールーター WAN回線で本社と支社を相互接続 やや大型 百万~数千万
エッジルーター 基幹ネットワークの末端 小~中型 数万円~百万円
ブロードバンドルーター 一般家庭での通信用 小型 数万円
モバイルWi-Fiルーター 外出時の携帯用 超小型 数千円~数万円

みたことがないというルーターもあると思いますので。

これらのルーターの登場によって、インターネット接続がとても便利になりました。

なぜならルーターは、インターネットの情報をパソコンなどにつなぐために大事なルート案内をしてくれるからです。

ルーターがあることで、ブロードバンド接続が一般家庭でも容易になりました。

そのため、それまでのADSLやケーブルテレビと違って以下に書いてあるような多くのメリットが得られるようになったのです。

ルーターの主な役割は

  • データの高速化
  • 常時接続が可能
  • ルーティング
  • セキュリティの向上

さらに、モバイルルーターによって外出先でもより便利なネットライフが送れるようになっているのです。

データの高速化

ルーターは、複雑な仕事を苦もなく一瞬でこなすほど高い性能をもっています。

インターネット上の情報は年々驚くべきペースで増えていますが、そんな中でも高速処理を続けるルーターの性能は素晴らしいです。

もし接続速度が落ちたと感じたら、最新のルーターへの交換時期かもしれません。

ルーティング

普段何気なく使用しているインターネットの仕組みは、とても複雑です。

設定の方法も本来素人では無理です。

しかし、素人でも広大なインターネットの世界を迷うことなくルート案内してくれるのがルーターの最大の役割です。

つまり、ルーターはインターネット世界の道先案内人とも言えるのです。

ルーターはインターネットを迷わず歩くための地図をもっていて、クリックやタップすれば瞬時に目的地に行けるように誘導してくれているのです。

具体的には、家庭用にルーターを導入すると、複数のパソコンやテレビなどにIPアドレスと呼ばれる数値を割り振りすることでスムーズに接続できます。

 また、なんらかの通信障害で接続ができなくなったときにも、替わりのルートを探してくれるのです。

常時接続が可能

いまやインターネットに常時接続できるのは常識となっていますが、インターネット黎明期にはダイヤルアップなどで、インターネットに接続する時間が限られていました。

その後ADSLやケーブル回線も登場しましたが、ルーターの登場により、高速でセキュリティも高い常時接続が実現することになりました。

ちなみに、モバイルWi-Fiルーターは携帯に優れている反面、接続時間はバッテリーの残量に左右されます。

セキュリティの向上

常時接続できるということは、セキュリティ上のリスクも増えることになります。

ウイルスやスパムも年々巧妙化していますが、ルーターは不正侵入を強力に防ぎ、インターネット上のリスクを大幅に減らす役目を果たしています。

ルーターの選び方

このように便利なルーターですが、用途に応じてどのようなルーターが良いかは人によって違います。

家庭用に使えるルーターは、

  • 有線LANルーター
  • 無線LANルーター
  • 無線Wi-Fiルーター

の3種類があります。 それぞれについて比較してみましょう。

有線LANルーター

まずは、有線LANケーブルを使ってパソコン等とケーブルを接続する有線LANルーターです。

有線LANルーターのメリット
  • セキュリティが万全
  • 高速接続
  • 大容量のデータを安定接続可能

ということが挙げられます。

光回線のインターネットの通信速度を最大限生かせることができ、途中で接続が切断される心配も少ないです。

また常時接続ができ、24時間つなぎっぱなしでもセキュリティの心配はあまりありません。

いっぽうで、有線ケーブルを接続する手間や、ルーターを置くスペースが必要などのデメリットもあります。

それを解決してくれるのが、無線LANルーターです。

無線LANルーター

無線LANルーターには、家庭に置いておく据え置きタイプと、手軽に持ち出すことができるモバイルタイプがあります。

最近では、モバイルタイプの無線ルーターが急速に広まっています

無線LANルーターのメリット
  • 場所にとらわれずいつでもどこでも接続できる
  • ケーブルなどがあまり必要ない
  • 設定が簡単

など、有線LANとは違った特徴があります。

家庭内ではリビングで寛ぎながらインターネットにつなげますし、外出先でも快適にインターネットに接続することができます。

設定方法も簡単ですので、IT初心者でも簡単に扱えます

ただし、電波が届かない場所や、建物内部など遮蔽物がある場所では接続できませんし、古いパソコンでは無線LANの子機が内蔵されていないこともあります。

無線Wi-Fiルーター

無線Wi-Fiルーターは、実は無線LANルーターとほぼ同じ意味です。

ただ、厳密にいうと違いがあります。

無線LANはそもそも20世紀後半に急激に広まりましたが、各メーカーがそれぞれ別々の規格を作ったため、不便でした。

そこで、アメリカの団体「Wi-Fi Alliance」が無線LANの標準規格を作りました。

それこそが「Wi-Fi」なのです。

現在では、ほとんどの無線LANがWi-Fi認証を得ているため、無線LANルーターも無線Wi-Fiルーターもほとんど同じ意味で使われています。

おすすめはモバイルタイプのポケットWi-Fiルーター

結局どのルーターが良いか。

当サイトでは迷ったらモバイルタイプのポケットWi-Fiルーターをおすすめしています。

なぜなら、最近の無線Wi-Fiルーターは、有線LANにひけをとらない速度と安全性を持つようになってきたからです。

さらに、小型軽量化が進んでいますので、ポケットなどに入れておけば、電波が届く限りいつでもどこでもネット接続できます。

モバイルWi-Fiルーターの使い方

便利なモバイルWi-Fiルーターを使用するには、いくつかの基礎知識を知っておくべきです。

まずはモバイルWi-Fiルーターを手に入れ、プロバイダとの契約をしましょう。

モバイルWi-Fiルーターの契約

モバイルWi-Fiルーターを持っていても、それだけでは使えません。

スマホがdocomoやau、SoftBankなどのキャリアと契約しないと使えないのと同じことです。(格安スマホもあるじゃん!というのは置いときます)

モバイルWi-Fiルーターは、docomoやau、SoftBankなどが提供しているポケットWi-Fiもあります。

今更聞けないポケットwi-fiとは?値段やメリット・デメリットを徹底解明

外出先でパソコンやスマホを使用したい場合、公衆無線LANやポケットWi-fiなどを使用したいと思っている人も多いのではないでしょうか? しかし、ポケットWi-fiってそもそも何なのかいまいちわかってい ...

通常は、契約する際もルーターの機器がついてきます。

契約の価格にルーターの価格もセットになっているのがスタンダードです。(ルーターをレンタルや中古で手に入れる方法もありますが、それは後述します)

モバイルWi-Fiルーターの設定方法

ルーターは、有線LANでも無線LANでもインターネット接続における親機の役割を果たします。

子機の役割を果たすのは、無線LAN機能を内蔵したノートパソコンやゲーム機器・スマホです。

もし古いタイプのノートパソコンなどで無線LAN機能を持っていなければ、PCカードやUSBタイプの子機などを別途購入し接続する必要があります。

無線LANの規格

さて、無線LANにはいくつかの規格があります。

現在では6つの無線LAN規格があります。

一覧にまとめたので見てみてください。

  最大通信速度 使える周波数帯
IEEE802.11ad(イレブンエーディー) 6.7Gbps 60GHz帯
IEEE802.11ac(イレブンエーシー) 6.9Gbps 5GHz帯
IEEE802.11n(イレブンエヌ) 300Mbps 2.4GHz帯・5GHz帯
IEEE802.11a(イレブンエー)  54Mbps 5GHz帯
IEEE802.11g(イレブンジー) 54Mbps 2.4GHz帯
IEEE802.11b(イレブンビー) 11Mbps 2.4GHz帯  

11acが最も新しい規格で今のところ最も通信速度が早い規格になっています。

Appleが出しているiPhoneなども最新の物はこの11acが使えるようになっています。

また、周波数も3つあり、それぞれ特徴があります。  

  メリット デメリット
60GHz 狭い範囲で高速通信できる  屋外などでは使いづらい
 5GHz 複数の接続をしても、電波干渉されにくいので映像配信に強い 壁などの障害物に弱い
2.4GHz 障害物の影響をあまり受けず、屋内だけでなく屋外でも使える 電子レンジ・Bluetooth接続機器などと同時に使うと電波干渉を受ける

 モバイルWi-Fiで使うなら、2.4GHzが最適でしょう。

設定方法は意外と簡単

モバイルWi-Fiを設定するのは、以上のような規格や周波数の知識が必要だったりと以前はとても難しく、初心者には手が出しづらいものでした。

しかし、最近では面倒な設定が不要で、ほぼ自動で接続ができるようになってきました。

機器により多少の差はありますが、たいていは「ワイヤレスネットワーク接続」画面をクリックまたはタップし、パスワードを入力したり、「AOSSボタン」を長押しするだけだったり、「らくらく無線」を使って自動で接続するなど小学生でもゲーム感覚で設定できるぐらいです。

もし失敗してもユーザーサポートなどに連絡すると対応してくれます。

モバイルWi-Fiルーターを交換してもらうことってできる?

せっかくモバイルWi-Fiルーターを購入しても、期待通りの性能がでなかったり調子が悪い場合、交換してもらうことができるでしょうか?

基本的にメーカーの保証期間内(通常は1年)であれば、初期不良などが原因の場合には交換してもらうことができます。

自分の不注意で故障した等の場合は有償の修理または交換になります。

モバイルWi-Fiルーターを紛失した場合の手続き

今まで説明してきたモバイルWi-Fiルーターを見ると、有線LANに近い速度や安定性をもつようになり、しかも軽量で持ち運びが簡単というメリットしかないように見えます。

しかし、いいことばかりではありません。

超小型化したことで、紛失するリスクが非常に高くなりました。

中には名刺サイズのルーターもあるので、ついうっかりどこかに置き忘れてしまうというケースが後を絶ちません。

スマホや携帯電話であればコールをして着信音の場所を調べたり、他の誰かが気付いて届けてくれる場合もありますが、モバイルWi-Fiルーターにはそのような機能もありません。

なので、モバイルWi-Fiルーターを使う際は十分気をつけてなくさないようにしましょう。 とはいえ、誰しもつい忘れてしまうことはありえますから。

モバイルWi-Fiルーターを紛失した場合にはどのようにすればよいのか、その基礎知識も知っておきましょう。

スマホなどで通信状況を確認

まずは、当然のことですが身のまわりにないかを確認しましょう。

一度探したつもりの場所でも、盲点になって見逃していた可能性があります。

とはいえ、どこにあるかわからず闇雲に探してもイライラが募るだけですよね。

そこで、まずはモバイルWi-Fiルーターと接続設定をしているスマホなどを、Wi-Fiモードをオンにして通信状況を確認しましょう。

もし近辺にモバイルWi-Fiルーターがあったら、電波が強いはずです。

微弱な電波なら、少し離れた場所(駐車場の車の中とか)にあるかもしれません。

もし周辺になかったら、学校や職場・喫茶店などに置き忘れていないか問い合わせてみるというのも有効です。

友達や同僚が保管してくれているかもしれないので、Lineや一斉メールなどで確認するのもいいでしょう。

回線を停止した上で警察に届出

それでも見つからなかった場合は、放置せずに悪用されないための対策が必要です。

もし悪意をもった第三者に拾われてしまうと、不正利用やルーターの中の個人情報が悪用されてしまうことも考えられます。

まずは悪用防止のため、契約しているプロバイダーなどのカスタマーセンターに連絡し、回線停止をしてもらいましょう。

(見つかったら再利用の手続きを行えば、元通りに使えるようになります。)

その後に、警察に紛失届をしましょう。

運が良ければ、すでに警察にあなたのモバイルWi-Fiルーターが届けられているかもしれません。

もし見つからなかったら・・・

いくら探してもモバイルWi-Fiルーターが見つからなかったら、買い換えを検討すべきかもしれません。

新品を買い換えるのはもったいないので、中古のルーターを探すのも1つの手段です。

もしも買った後に紛失したルーターが見つかったら、中古のルーターを予備として持っておけば良いですし、オークションなどで再販売しても良いでしょう。

また、見つかるまでの間レンタルを利用するという方法もあります。

モバイルWi-Fiルーターの中古価格やレンタル価格を調査

モバイルWi-Fiルーターは、通常プロバイダーと契約するときにセットでついてきます。

キャンペーンを適用すると、実質無料で手に入れることもできます。

しかし、最新の機種を手に入れたい場合や、上記のように紛失してしまったり故障してしまった場合には、中古やレンタルを使用することも必要となってきます。

モバイルWi-Fiルーターの中古価格

モバイルWi-Fiルーターの中古価格は、とても流動的ですし、見るタイミングによって価格が変わります。

ただ、新品を定価で購入するよりも格安の価格で手に入れることも可能です。

ただし、注意点として、あくまで「中古」であることには注意しましょう。

多少の使用感は覚悟すべきですし、初期不良もありえます。

オークションサイト(ヤフオクやメルカリなど)で素人出品の場合には、満足な保証が得られないことも珍しくありません。

それを踏まえた上で、以下の中古販売サイトをご参照下さい。

Amazon

信頼度は高いが価格もやや高め。

また近年、出品詐欺なども出始めているため、絶対的だった信頼度がやや揺らいでいる感がある

楽天市場

Amazonに次ぐ、国内2位のサイト。

モバイルWi-Fiルーターの性能や状態などを詳しくリサーチして比較することが可能

Yahoo!ショッピング 

上位2サイトに比べて価格にややばらつきがあるので、性能がよいモバイルWi-Fiルーターを格安で手に入れることも可能かも

ヤフオク  

オークション形式のため、入札状況次第で格安で手に入れられる反面、ほしい商品が手に入るまで何度も入札を繰り返さなければならないので、急いでモバイルWi-Fiルーターがほしい方には不向き

イオシス 

スマホ等モバイル機器の老舗中古ショップなので、「けっこう安い」価格でモバイルWi-Fiルーターが手に入るかも。

モバイルWi-Fiルーターのレンタル価格

最近はモバイルWi-Fiルーターも買い取りが普通になっています。

ですのでレンタルといわれてもなじみが薄いかもしれません。

しかし、過去には携帯電話やポケベルなどはレンタルが当たり前という時代もありましたし、比較的高価なルーターはレンタルやリースで利用している会社も多いでしょう。

一般家庭でモバイルWi-Fiルーターをレンタルすることも意外とあるものです。

レンタルする場合
  • 出張する時
  • 海外旅行で利用
  • 帰省先で利用
  • 入院中
  • 修理している期間につなぎで利用

おすすめのレンタル方法をいくつか掲載します。

TRYWiMAXレンタル  

WiMAXを15日間無料で使えるという、一番おすすめのサービスです。

期間は短いですが、端末修理中に利用することもでき、便利ですよ。

Wi-Fiレンタル本舗 

豊富なレンタルモバイルWi-Fiルーターのラインナップと、ネットで申し込みしてポストで返却するまでの流れがわかりやすいことから利用者数を増やしている会社です。

特に日本一時帰国の人に好評価のようです。基本料金430円/日 から利用できます。

ププル 

通信機器レンタルで30年の実績を持ち、信頼度の高い老舗企業です。基本料金400円/日 から利用できます。

まとめ

ルーター、特にモバイルWi-Fiルーターは、もはやあって当たり前の様に日常生活に溶け込んでいますが、こうしてみるとその便利さはとてもありがたいものですよね。

これからますます便利な機能などが増えるルーターも出てくるはずです。

時代に乗り遅れないように常に最新情報をチェックすることをおすすめします。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAXルーター
-, , , , , , , ,

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.