ポケットWi-Fiの基礎知識

ポケットWi-Fiを無料か有料で短期間レンタルするメリット・デメリット。

投稿日:

普段はポケットWi-Fiを使わない人も、国内での出張や旅行などで短期間ポケットWi-Fiを使いたいと思うときがあります。

またポケットWi-Fiの運用を考えている人の中で、実際に使ってみてから契約するか決めたい人もいるのではないでしょうか?

WiMAXのポケットWi-Fiはレンタルできるサービスがあり、さらに無料と有料の2種類があります。

無料と有料のレンタルサービスにはそれぞれにメリットとデメリットがあり、使う目的によって向き不向きが分かれます。

また人によっては、ポケットWi-Fiをレンタルするよりも契約をしたほうが良いこともあります。

そこで、ここではWiMAXのポケットWi-Fiがレンタルできるサービスについて詳しく解説します。

ポケットWi-Fiのレンタルサービスを探している人は、参考にしてくださいね。

ポケットWi-Fiを短期間で借りる無料サービス「TryWiMAX」

WiMAXは「TryWiMAXレンタル」というサービス名で、15日間で無料でポケットWi-Fiルーターを貸し出しています。

TryWiMAXはもともとWiMAXの契約を検討している人に向けたレンタルサービスです。

TryWiMAXレンタルでポケットWi-Fiを短期間で借りるメリット

TryWiMAXレンタルでポケットWi-Fiを使うメリットは3つあります。

WiMAXで快適にネットが使えるか確かめることができる

WiMAXは最大で440Mbpsの下り速度を誇る高速回線です。

しかし、利用する地域によって電波の安定性や通信速度に違いがあり、契約したけどネットが快適に使えないということがあります。

TryWiMAXレンタルは、契約する前にWiMAXのポケットWi-Fiでネットが快適に使えるかを確かめてもらうためのサービスです。

最新のWi-Fiルーターがレンタルできる

ポケットWi-Fiの有料レンタルサービスの多くは、旧型のWi-Fiルーターしか利用できないことが多いです。

しかし、TryWiMAXレンタルは最新機種でWiMAXの性能を体感することができます

440Mbpsの下り速度に対応するWi-Fiルーターで、WiMAXが出せる本来の通信速度が確かめられますよ。

費用が一切かからない

TryWiMAXレンタルは登録料や利用量、レンタル料などがの費用が一切かからずにWi-Fiルーターを利用できます。

他社のポケットWi-Fiレンタルサービスは、1日借りるだけでも最低400円の料金が必要です。

WiMAXの性能を見てみたい人には、嬉しいサービスと言えますね。

オンラインで簡単に申し込みができる

TryWiMAXレンタルはクレジットカードを持っていれば、オンライン上での簡単な手続きで申し込みができます

TryWiMAXレンタルでポケットWi-Fiを短期間で借りるデメリット

無料でWiMAXの性能を知ることができるTryWiMAXレンタルですが、サービスを利用するには制約があります。

20歳以上でなければ利用できない

WiMAXは基本的に20歳未満は契約できないサービスです。

よってTryWiMAXレンタルも20歳未満の人は利用できません

しかし、親の人に申し込んでもらえば利用することができます。(親の人から承諾をもらう必要はありますが…)

申込者名義のクレジットカードの登録が必要

TryWiMAXレンタルをオンラインで申し込むには、自分が持っているクレジットカードの情報を登録しなければいけません

これは申し込みした人が端末を破損や紛失したときに、登録されているクレジットカードへ違約金を請求するためです。

クレジットカードがなければ書面での申し込みが必要

クレジットカードではなく銀行のキャッシュカード情報を登録する場合、書面での申し込みが必要となり、オンラインからの申し込みができません。

必要書類はTryWiMAXレンタルの申し込みページ(http://www.uqwimax.jp/signup/trywimax/#anc01)からダウンロードして印刷をする必要があります。

また資料請求フォームから申し込めば、申し込みに必要な書類を自宅に郵送してくれますが、オンラインでの申し込みに比べると手間がかかります。

過去90日以内にWiMAXを利用した人は申し込みできない

TryWiMAXレンタルは、サービスを一度利用してから90日間は再申し込みができません

これはTryWiMAXレンタルの趣旨が、お試しでWiMAXの回線を体感してもらうためであることが理由です。

よって、出張などでWiMAXを利用したい人にはTryWiMAXレンタルは向いていないサービスと言えます。

(そもそもTryWiMAXレンタルは、定期的にポケットWi-Fiを借りるサービスではありませんが…)

破損や紛失をすると違約金が請求される

TryWiMAXレンタルは名前の通りポケットWi-Fiルーター貸し出しサービスです。

よって、端末を借りると当然返却が必要になります。

万が一、端末を壊してしまったり、無くしてしまったりすると下記の違約金が請求されてしまいます

レンタル機器 違約金
Wi-Fiルーター(クレードル無し) 20,000円
Wi-Fiルーター(クレードル有り) 22,750円

TryWiMAXはあくまでレンタルサービスなので、万が一のことがないように注意して利用しましょう。

WiMAXが有料で短期間レンタルできるサービス

有料にはなりますが、Mobile PeaceとMOBILEGATEはWiMAXのポケットWi-Fiをレンタルで提供しています。

有料サービスでも最新の機種でWiMAXの回線が利用できるので、短期間だけWiMAXを使いたい人にとっては魅力的と言えるでしょう。

有料レンタルサービスのメリット

有料でWiMAXのポケットWi-Fiがレンタルできるサービスのメリットは2つです。

自分でレンタルする期間を決められる

TryWiMAXレンタルは貸し出し期間が15日間と決まっていますが、有料のレンタルサービスは自分でポケットWi-Fiを借りる期間を決めることができます

1日だけ借りるということもできるので、出張などでポケットWi-Fiが数日間だけ必要なときなどに役立ちます。

保証に入っておけば端末を壊しても安心

TryWiMAXレンタルは無料サービスが故に、端末を破損させると20,000円以上の違約金が請求されてしまいます。

しかし有料のレンタルサービスは保証オプションに入っておけば、端末を壊してしまっても修理代金がかかりません。

(業者によっては一部の修理費の負担が必要です)

有料レンタルサービスのデメリット

ポケットWi-Fiの有料レンタルサービスは、1日単位で端末が借りられるメリットがある反面、よく見てみると料金面にデメリットがあります。

1ヶ月以上のレンタルでなければ料金が高い

ポケットWi-Fiの有料レンタルサービスは、1日単位のレンタル料金が1ヶ月単位で借りるよりも高くなってしまいます

数日間のレンタルをする人が、1ヶ月のレンタル料金と比較すると損をしているように感じるでしょう。

1ヶ月のレンタル料金がWiMAXを契約するよりも高い

また、WiMAXのポケットWi-Fiを1ヶ月間レンタルしても、7,000円以上の料金がかかります

WiMAXのポケットWi-Fiを購入して回線も契約する場合、月額料金は4,380円です。

レンタルは契約するよりも料金が遙かに高くなってしまうため、レンタルすること自体が損だと感じる人は少なくありません。

他社のレンタルサービスとの比較

ポケットWi-Fiのレンタルサービスは、WiMAX以外の回線を利用する機種も選択肢にあります。

WiMAXの回線を利用できるポケットWi-Fiのレンタルサービスと、他社の回線を使うポケットWi-Fiのレンタルサービスの料金を比較してみましょう。

 レンタルサービス 料金 WiMAX取り扱い
TryWiMAXレンタル 無料
Mobile Peace 1日650円
1ヶ月7,500円
MOBILEGATE 1日650円
1ヶ月7,500円
Wi-Fiレンタルどっとこむ 1日389円~
1ヶ月3,797円~
NETAGE 1日400円~
1ヶ月6,000円~

WiMAXのポケットWi-Fiは、最低でも1日あたり650円のレンタル料金が必要になります。

他社の回線を使うポケットWi-Fiルーターは、中には300円代などでレンタルできるので、WiMAXにだけが割高に感じます。

サービス提供エリアはWiMAXが最も広いですが、利用する場所によっては他の回線を利用するポケットWi-Fiも検討したほうがいいでしょう。

お試しでWiMAXを使うならTryWiMAXレンタル

ポケットWi-Fiを契約する前に性能を確認したい人は、WiMAXのTryWiMAXレンタルがおすすめです。

サービスを利用するにはある程度の制約はありますが、条件さえ満たしていれば簡単な手続きでWiMAXのポケットWi-Fiをお試しで使うことができます。

出張や旅行などでポケットWi-Fiを使いたい人は、レンタル期間が指定できる有料のレンタルサービスがいいでしょう。

ただ、有料のレンタルサービスを使う場合、WiMAXより他社の回線を使うポケットWi-Fiのほうが料金が安くなります

WiMAXへのこだわりがない限り、有料レンタルはWiMAX以外のポケットWi-Fiをおすすめします。

また、WiMAX以外のポケットWi-Fiは無料のレンタルサービスがありません。

Y!mobileなどのポケットWi-Fiをお試しで使いたい人は、有料のレンタルサービスを使うしかありません。

まとめ

WiMAXのポケットWi-Fiを短期間で使う方法は、15日間お試しで利用できるTryWiMAXレンタルと、有料でレンタルできるサービスの2種類があります。

TryWiMAXレンタルは、あくまで契約を検討している人にポケットWi-Fiを試してもらうためのサービスです。

定期的にレンタルする場合は有料のレンタルサービスがおすすめですが、利用頻度によっては普通に契約したほうがコストが安くなる場合があります。

ポケットWi-Fiを利用する目的や利用時間をよく考えて、レンタルか契約のどちらが良いかを選んだほうがいいでしょう。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-ポケットWi-Fiの基礎知識

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.