いろいろ比較

おすすめホームルーター比較!WiMAXは無制限で利用できるの本当?

投稿日:

おすすめホームルーター比較!WiMAXは無制限で利用できるの本当?

自宅だけでWi-Fiを利用する際に、今人気があるのが自宅のコンセントに刺すだけで利用できる「ホームルーター」。

持ち運び可能なポケットWi-Fiに比べて、工事が不要で接続台数や電波が安定するなどのメリットがある端末です。

たた、

そもそもホームルーターがわからない

どのホームルーターを選んでいいかわからない

1番良いホームルーターを選びたい

という悩みを持った人が多いのも事実です。

そこでこの記事では、元通信回線営業として全国1位にもなったエリート営業マンのわたくしが失敗しないホームルーターの選び方からおすすめのホームルーターを徹底比較して紹介していきます!

ホームルーターはキャリアのauやソフトバンク、またはWiMAXでも提供してるので、その辺りも含めて解説していくので、ホームルーター選びに悩んでいる方はチェックしてみてくださいね。

自宅だでネット利用するならホームルーターは検討した方が絶対にいいですよ^^

工事不要で人気のホームルーターって何?

それではホームルーターとはいったいどのようなものか?

今まで工事を必要とする固定回線(光回線)や工事がいらず持ち運べるポケットWi-Fiをご利用されていた方には、少し馴染みの無いものかもしれませんが、実はこの2つのインターネット回線の良いとこどりをした中間に位置する回線がホームルーターです。

ポケットWi-Fiと同じように回線工事を必要とせずに、固定回線に近い回線の安定度と通信速度を両立しています

特に転勤の多い方や社会人になりたての若い20代の方などは、アパートやマンションに引っ越すたびに回線を新たに見直すというのは時間的にもコスト的にもとても大変ですよね。

そんな方に人気なのがホームルーターというわけです。

【基本】ホームルーターの失敗しない選び方

ホームルーターはどれも一緒ではありません。WiMAXをメインにしているホームルーターもありますし、キャリアのソフトバンクが提供しているホームルーターもあります。

それぞれに特徴があるので、ホームルーターだからと全く同じだろうという考えは危険です。

では、一体どんなホームルーターがおすすめなのか?これについては下記の4つのポイントを重視して決めれば失敗することがないので紹介していきます!

注意ポイント

キャリアのauでもホームルーターは契約していますが、WiMAXをメインにしているので現状でWiMAX以外のホームルーターを提供しているのはソフトバンクだけです。

 

最大通信速度は早いものにする

速度制限がないのに、動画を見てみて遅くなった経験はありませんか?

これは電波の状況などは悪いことも考えられますが、ただ単に通信速度が遅いために動画の動きが遅くなったということも考えられるのです。

各ホームルーターでは、それぞれで最大通信速度というのものがあるので、まずはこの通信速度を確認しましょう。

通信速度が早ければそれだけストレスなくインターネット通信が楽しめるということなので、できるだけ早い速度のホームルーターを選ぶのがポイントです!

注意ポイント

最大通信速度といっても下りと上りがあります。下りはインターネットを閲覧したりする時に使う回線で、上りはメールなどを送ったりする回線です。基本に下りの通信速度の早くなっているので、上りが同じ場合は下りで比較するようにしましょう。

 

スマホやパソコンなどを接続できる台数が多いかどうか

持ち運びができるポケットWi-Fiに比べて、ホームルーターはスマホやパソコンなどを接続できる台数がとても多いです。

それでもホームルーターによって接続できる台数も変わってくるので、自分がどれくらい使用するのかを確認してきめましょう。

家族が多い場合は、それだけ接続する台数が多くなりますし、ひとり暮らしなどで利用するならそこまでの台数は必要ないかもしれません。

ただ、接続をするとそれだけインターネット通信が遅くなる原因にもつながるので、できれば接続台数が多いホームルーターを選ぶようにしましょう

注意ポイント

接続台数はポケットWi-Fiでは10台くらいが平均なので、ホームルーターでは最低でも20台以上か、更に多いならもっと良いです。ただ、1台や2台くらいの接続ではそこまで変わらないのであくまでも目安として参考にしてくださいね。

 

無制限もしくは通信制限が緩いかどうか

インターネットをしていて1番困るのが通信制限による速度低下ですよね。ですので、無制限で利用できるからもしくは通信制限が緩いホームルーターを選ぶようにしましょう

とはいっても、ホームルーターはWiMAXとソフトバンクしか提供していなく、ソフトバンクはよほどのことが無い限り制限はかかりません。

一方でWiMAXは3日で10GBという制限があるので、ヘビーユーザーの場合だと通信制限がかかる恐れがあるので、どれくらい使用するかを確認するようにしてください。

注意ポイント

3日10GBのおおよその目安ですが、YouTubeの動画をHD720pでみた場合、約20時間は見れるデータ量です。1日7時間くらいになるので、おそらくほとんど方は大丈夫だと思います。それ以上見るならソフトバンクのホームルーターを検討しましょう。

 

キャッシュバック?キャンペーン?違約金?料金が本当に安いかどうか

ホームルーターを契約する場合は、WiMAXならUQ WiMAXを筆頭にGMOとくとくBBなどのプロパイダを通して契約。

ソフトバンクのホームルーターならソフトバンクと契約することになります。

ただ、この契約もプロパイダや申込みをするサイトによっては大きなキャンペーンを行っていてお得に契約できる場合があるのです

例えば、WiMAXのプロパイダのGMOとくとくBBでは、3万円を超えるキャッシュバックキャンペーンを行っています。

ソフトバンクの場合は、基本的にソフトバンクとの契約ですが、代理店のサイトを通せばキャッシュバックを貰えることもあります。

なので、お得なキャッシュバックキャンペーンなどを行っているプロパイダのホームルーターを選ぶのもポイントです。

注意ポイント

WiMAXに関しては基本的に3年契約で更新をすることがほとんどですが、SoftBank Airに関しては更新は2年です。ただ、SoftBank Airは端末ルーターを購入する場合は36ヶ月の分割になるので、2年の更新月で解約していますと残りの端末ルーター代を支払わないといけないので注意しましょう。

 

人気のホームルーター6種類を徹底比較

以上のポイントをふまえて、当サイトでは人気のホームルーター6つを徹底比較してみました!

比較する項目は「最大通信速度」「接続台数」「速度制限」「総支払額(3年間)」の4つ。

総支払額で3年にしたのは、WiMAXのプロパイダではほとんどが3年契約のところがほとんどだからです。

注意ポイント

ただ、WiMAXのプロパイダを提供している事業者は数十社あり、すべて比較するのは難しいので、当サイトではその中でも特にキャッシュバックが高いプロパイダで総支払額は計算。またSoftBank Airに関してはお得な代理店も含めて計算しております。

ホームルーター 最大通信速度(下り/上り) 接続台数 速度制限 総支払額
Speed Wi-Fi HOME L02 最大1Gbps/75Mbps 40台 3日で10GB 124,660円(GMOとくとくBB)
Speed Wi-Fi HOME L01s 最大440Mbps/38Mbps 42台 3日で10GB 129,310円(BIGLOBE)
WiMAX HOME 01 最大440Mbps/30Mbps 22台 3日で10GB 124,660円(GMOとくとくBB)
Speed Wi-Fi HOME L01 最大440Mbps/30Mbps 40台 3日で10GB 129,310円(BIGLOBE)
novas home+ca 最大220Mbps 18台 3日で10GB 157,680円(UQ)
SoftBank Air 最大220Mbps 64台 無制限 139,920円(NEXT)

メモ

novas home+caとSoftBank Airの下りは公式サイトにも記載がありませんでした。またSoftBank Airは分割購入での金額でレンタルではありません。

比較して分かったことは、古いホームルーターほど通信速度などが遅く、キャッシュバックなどのキャンペーンも無いことがわかりました

特にnovas home+caという端末ルーターは、すでに発売されてからの期間も長いですし、スペックも他のホームルーターに比べるとすべて劣っています。

速度制限に関しては、SoftBank Air(ソフトバンクエアー)以外はすべてWiMAXの回線を利用しているので3日で10GBという結果に

そこで、次に比較したポイントや口コミや評判などから厳選して、本当におすすめできるホームルーターをランキング形式にまとめてみました!

 

【厳選】ホームルーターおすすめランキングトップ3!

Speed Wi-Fi HOME L02(GMOとくとくBB)

Speed Wi-Fi HOME L02の特徴

Speed Wi-Fi HOME L02は、WiMAX2+の中でも最新で、通信速度が最大1Gbps/75Mbpsと光回線なみに早いスピードがでるホームルーターです。接続台数も40台まで可能なので、家族が多い方でも安心して利用することができます。また360度全方位をカバーできる4本のアンテナが採用されているので、安定性も問題ありません

Speed Wi-Fi HOME L02
料金 総支払額:124,660円
キャッシュバック:31,500円
実質月額:3,462円
速度制限 3日で10GB
スピード 最大1Gbps/75Mbps
評価

筆者から一言

WiMAXのホームルーターを選ぶならSpeed Wi-Fi HOME L02一択でもいい!というくらいスペックは申し分がないホームルーターです。ここまでスピードが早いと光回線にも負けないなので、光回線からの乗り換えにもおすすめ!また、契約はGMOとくとくBBがキャッシュバックが高く最安値で契約できるので、申込みはGMOとくとくBBからにすると損はしませんよ。

GMOとくとくBB HOME L02はこちら

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の特徴

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)はなんといっても、無制限で利用できるのはWiMAXより評価できる部分。特に家族などがいて接続台数が多くなりがちな場合は、3日で10GBだと速度制限になってしまう可能性も高いです。そんな速度制限を気にしないで無制限で利用したい方におすすめです。

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)
料金 総支払額:139,920円
キャッシュバック:33,000円
実質月額:3,886円
速度制限 無制限
スピード 最大220Mbps
評価

筆者から一言

無制限の部分は評価できますが、スピードや料金に関してはそこまで優れているわけではありません。それでも価格も正規代理店である『株式会社NEXT』から申込みをすればキャッシュバックとして33,000円が戻ってくるので、うまく活用できれば検討してもいいでしょう。

SoftBank Airの33,000円キャッシュバックはこちら

WiMAX HOME 01(GMOとくとくBB)

WiMAX HOME 01

WiMAX HOME 01はSpeed Wi-Fi HOME L02に比べると劣ってしまう部分が多いですが、それでもSpeed Wi-Fi HOME L02よりも重量が軽くスタイリッシュで置くところに困りません。また、電波の弱いところでも受信できるように従来のホームルーターよりも約50%も向上しているホームルーターです。

WiMAX HOME 01
料金 総支払額:124,660円
キャッシュバック:31,500円
実質月額:3,462円
速度制限 3日で10GB
スピード 最大440Mbps/30Mbps
評価

筆者から一言

Speed Wi-Fi HOME L02よりはメリットはありませんが、スタイリッシュな形が好きならこちらを検討してもいいでしょう。

GMOとくとくBB WiMAX HOME 01はこちら

迷ったらSpeed Wi-Fi HOME L02を選べば失敗はしない

有名なホームルーターを5つ紹介しましたが、その中でもなぜ『Speed Wi-Fi HOME L02』が1番おすすめなのか。その理由を簡単にまとめてみました!

  1. 通信速度が下り上りともに最速(最大1Gbps/75Mbps)。
  2. キャッシュバックの金額多いプロパイダが多い。
  3. スマホやタブレットなどの端末を40台接続できる。
  4. 4本の高感度アンテナ搭載しているので安定性がある
  5. スマホ専用アプリで簡単に操作可能。
  6. auの4G LTEも利用できる。
  7. Wi-Fi乗り換えの際の設定が楽にできる。

当サイトでホームルーターをSpeed Wi-Fi HOME L02でおすすめする理由は、スピードが早く、接続台数も40台と多めでキャッシュバックなどの高額に設定しているプロパイダが多いからです。それに4本の高感度のアンテナを搭載しているので今までのホームルーターよりも安定して受信をすることができます。

また、新しい端末ということで各プロパイダではキャッシュバックの金額や割引する特典などが豊富にあるのもおすすめする理由です。

無制限であればSoftBank Air(ソフトバンクエアー)でもいいかもしれません。しかし、SoftBank Air(ソフトバンクエアー)は通信速度がWiMAXのホームルータに比べると遅いですし、実際に4年間使わないと損をしてしまうので、費用面でもあまりおすすめはできません。

もちろん、台数が40台を超える場合などはSoftBank Air(ソフトバンクエアー)を検討していいですが、スピードが遅く繋がりづらいなどのデメリットを考えると、Speed Wi-Fi HOME L02を利用した方がストレスなくネット通信を楽しむことができるはずです

GMOとくとくBB HOME L02はこちら

 

そもそもホームルーターとポケットWi-Fiとの違いって何?

そもそもホームルーターとポケットWi-Fiとの違いって何?

引っ越しが多く、工事が嫌ならポケットWi-Fiなどのモバイルルーターを自宅に置けば良いのではないか?

このように使っている回線が同じならよりコンパクトでいざというときに持ち運べるポケットWi-Fiが良いなどの意見を聞きます。

ただ、2つの違いをしっかりと認識していないで決めるのはやめましょう。

では、そもそもホームルーターとポケットWi-Fiはどう違うのか。その違いをまとめましたので、よくわからない人はチェックして参考にしてみてください。

基地局からの電波の受信感度の強さ

ポケットWi-Fiはとホームルーターとの決定的な違いはこの電波の受信強度です。

ポケットWi-Fiはあくまで基地局からの受信に置いて建物や壁などの障害物がない外に持ち運ぶことを前提に作られています。

なので、屋内に強いとは言えませんし、ましてや不安定な天気などであればそれはより深刻になります。

逆にホームルーターは屋内を想定しているためアンテナの強度が高く、屋内でもしっかりと電波を受信できるように設計されているので、快適に動画視聴やインターネットを楽しむことができるのです

同時接続数がとにかく多い

単身者の方や一般家庭ではあまり気にする必要はないかもしれませんが、ポケットWi-Fiが一台当たりの接続数が約10台なのに対してホームルーターは、2倍以上の台数を接続することが可能です。

上記で紹介したSpeed Wi-Fi HOME L02は40台まで接続が可能ですし、SoftBank Air(ソフトバンクエアー)なら更に接続台数を増やすことができます。

なので、個人で利用する人だけではなく、ちょっとしたオフィスで利用するという方にもホームルーターはおすすめなのです。

ユーザーへの電波提供領域

こちらも非常に重要な電波の提供領域です。ちょっとわかりずらいと言葉ですが、簡単にいえば「電波の届く範囲」です。

ポケットWi-Fiは常に身の回りに携帯し利用するためのもなので、よほど障害物のないワンルームの部屋でない限り置いている部屋くらいでしか電波が届きません。

ところがホームルーターは、入り組んだ部屋の構造や壁お風呂のドアくらいであれば問題なく電波を受信することができます

浴槽につかりながら電子書籍やYouTubeの動画視聴などを、リビングのホームルーターから電波を受信して利用することも可能ですよ!

固定回線(マンションタイプ・ホームタイプ)との違いは?良い部分は?

固定回線(マンションタイプ・ホームタイプ)との違いは?良い部分は?

もう1つ、ホームルーターで悩むのが「固定回線」との違いではないでしょうか?

固定回線とは、自宅に直接ネット回線を引いて利用するもので、「au光」「フレッツ光」などの光回線などはすべて固定回線といいます。

ですので、利用する目的としては持ち運びをしないという点は実は同じなのです

では、この2つどう違いがあるのか4つのポイントを交えてまとめましたので、よく違いがわからないという人は参考にしてみてください。

コンセントを指すだけで利用できるので工事がいらない

CMなどの触れ込みでもあるようにホームルーターはコンセントに指すだけで利用可能。

それに対して固定回線では必ず工事が発生します。これがまずポイントの1つです。

固定回線事業者では、工事費実質無料という特典をつけているケースもありますが、ほとんどが条件として利用期間を設定しており、最近ではその利用期間が3年から5年と年々長くなっています。

ですので、アパートやマンションで2年ごとの更新で引っ越している方や転勤族の方は、固定回線を引いてしまうと解約時に多額の費用を請求される可能性があるのです。

ただ、引越し先でも同じ固定回線を利用すれば工事代金が無料になったりと、いろいろなサービスは増えてきているので、上手に活用できるなら問題はありません。

引っ越し先でもすぐ利用できる

工事が発生するということは、それだけ時間がかかる可能性もあるということ。

私は、固定回線もホームルーターも利用したことがありますが、固定回線では2ヶ月以上待たされた経験があります。

しかし、ホームルーターの場合は無駄な工事は一切なく届けばすぐに利用することができるので、引っ越しをしてもすぐに利用することができるのです。

休みに工事に業者の方が来てせっかくの新居におじさんが汚そうな靴下で上がってくることもないので、それもメリットかもしれませんが。(笑)

固定回線によくある撤去費用がない

固定回線の一部では、解約時に撤去費用が別途かかるケースがあります。これは工事費や違約金とはまた別の費用です。

実際にある撤去費用の例を挙げると最も高いの「au光」の28,800円。以前は10,000円ほどでしたが、2018年3月からは28,800円に。

引っ越し先も同じau光を利用すれば撤去費用は免除になりますが、それでも相当厳しいですよね。

ホームルーターの場合は、特に撤去費用というものがないので、更新月に解約すれば費用は一切かかりません。(更新月以外は解約金がかかる)

そもそも引っ越し先で同じ固定回線が利用できる保証なんてないので、撤去費用に関しては本当にデメリットしかないと思っています。

光回線のプランによってはホームルーターの方が早い

光回線の売りはなんと言ってもそのスピードですが、そのスピードを活かせるのは契約している光回線のプランが1Gbps以上の対応になっているのが条件です

例えば、光回線のドンである「フレッツ光」では、様々なプランが用意されています。

戸建住宅 最大通信速度(下り/上り) 集合住宅(マンションなど) 最大通信速度(下り/上り)
フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ 1Gbps/ 1Gbps フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ 1Gbps/ 1Gbps
フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ 1Gbps/ 1Gbps フレッツ 光ネクスト マンション・ギガラインタイプ 1Gbps/ 1Gbps
フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ 200Mbps/100Mbps フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ 200Mbps/100Mbps
フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ 100Mbps/100Mbps フレッツ 光ネクスト マンションタイプ 100Mbps/100Mbps
フレッツ 光ライト ファミリータイプ 100Mbps/100Mbps フレッツ 光ライト マンションタイプ 100Mbps/100Mbps
フレッツ 光ライトプラス 100Mbps/100Mbps

上記の表を見てもらうと、「ギガ」という名前が入っていないプランはすべて100~200Mbpsなのがわかると思います。

実際に契約時のプランを確認すると100~200Mbpsで契約をされている方が多く、ホームルーターより劣っている場合はあるのです

更にマンションに住んでいて契約している場合、住人で分けてるので夜間などの混み合う時間はさらに遅く感じます。

WiMAXより光回線の方が早いというのは確かではありますが、契約するプランによってはホームルーターの方が良い場合もあるので、光回線も考えるならしっかりと確認するようにしましょう。

光回線についてはこちらの記事で詳しく解説しているので気になる方はチェックしてみてください。

光回線のメリット・デメリット。おすすめの光回線サービスを徹底比較!

インターネット回線の中で、最も通信速度が早い光回線。 光回線は以前と違い、あらゆる事業者がサービスを提供しています。 事業者の数が多くなると、どのサービスを契約すればいいのかわからないですよね。 現在 ...

ホームルーターにはどんなデメリットがある?抑えておくべきポイントは?

ホームルーターにはどんなデメリットがある?抑えておくべきポイントは?

ホームルーターには、ポケットWi-Fiや光回線にはないメリットがたくさんありますが、それでも利用環境や用途によってはデメリットも残念ながらあります。

それではいったいどのような部分がデメリットなのかまとめてみました!

3日で10GBの制限がある(WiMAXの場合)

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)のホームルーターは関係ありませんが、WiMAXのホームルーターでは3日で10GBという制限があります。

WiMAXの持ち運びができるモバイルルーターもこの制限は同じなので、WiMAXのホームルーターだけのデメリットではないですが、

ヘビーユーザーの方やお仕事で大きなファイルをダウンロードする方には正直おすすめはできません

先程も少し紹介しましたが、目安として10GBはYouTubeの動画などをHD画質で20時間ほどなので、それ以上を見る方は注意しましょう

ただ、制限がかかっても翌日1日遅くなるだけで、一応1Mbpsの速度はでるので、インターネットくらいはできますし、動画も画質を少し落とせば視聴も出来ます。

ちなみに1Mbpsは、1080pの動画だめでしたが、720pの動画が問題なく視聴できました。

WiMAXでYouTubeがどれくらい見れるかなどはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にしていただければ幸いです。

WiMAX2+でYouTubeを見放題にする際の注意点とデータ量の目安

スマホでYouTubeを頻繁に見ていると、必ずと言っていいほど立ちはだかるものが「速度制限」です。 携帯電話キャリアのネット回線は利用できるデータ量に上限があり、動画を頻繁に見る人は速度制限に悩まされ ...

部屋の方角や建物の立地によってつながりにくい場合がある

ホームルーターあくまで固定回線を引いているわけではなく、スマートフォンなどと同じように、電波を受信して通信を行っているので

  • 電波の入りずらい環境
  • 近くに基地局がない
  • 部屋の置き場所

などによって受信しづらくなってしまうことも当然出てきます。

いくら安定してきているとは言っても光回線などに比べると安定性は劣りますので、安定性を確実に求めるなら利用する場所によっては微妙なときもあります。

ただ、ちょっとした対策をすることで電波の入りが良くなるケースもあるので、それについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

WiMAX2+の電波が圏外になる原因と圏外になったときの6つの対処法

WiMAX2+は、モバイルWi-Fiルーターでどのような場所でもネットが使えることが特徴です。 しかし、どこでもネットが利用できると言っても、全ての場所でネットが使えるとは限りません。 WiMAX2+ ...

ホームタイプの固定回線にはかなわない

やはりインターネットを利用するうえで自宅まで回線を引いての利用と比べると、手間とコストをかけている分、光回線の方が優れています

例えば、

  • 家でネットを利用した仕事している
  • YouTuberなどの動画編集している
  • 家族別々の端末で動画見ている

という方は、正直光回線などにした方が後悔はしません。

確かに費用面でもホームルーターの方が安い場合もありますが、ストレスなくネット通信ができることと天秤にかければその費用分はペイできるくらいです

まずは、しっかりと利用目的を理解して、そのうえでどちらを選択するか考えるようにしましょう。

一人暮らしなどであれば気にする必要はほとんどないとは思いますけどね。

もし、固定回線とWiMAXのどちらが良いか悩む方はこちらの記事で比較しておりますので、参考にしてみてください。

光回線のメリット・デメリット。おすすめの光回線サービスを徹底比較!

インターネット回線の中で、最も通信速度が早い光回線。 光回線は以前と違い、あらゆる事業者がサービスを提供しています。 事業者の数が多くなると、どのサービスを契約すればいいのかわからないですよね。 現在 ...

ホームルーターに関するQ&A

ホームルーターに関するQ&A

次にこちらでホームルーターに関する疑問をQ&A方式で紹介します!気になる項目があればチェックしてみてくださいね。

ホームルーターのレンタルはやめたほうがいい?レンタルできるの?

WiMAXのホームルーターは基本的に分割で購入するようになります。分割する料金はプロパイダによって異なりますが、ほとんどの場合は月額割引されていることが多いです。

ですので、契約期間中に解約をしなければ端末代を支払ういったことはする必要はありません。

ただ、SoftBank Air(ソフトバンクエアー)に関しては、分割での支払いだけではなくレンタルすることも可能です

レンタル料は月額490円。1年では5,880円なので継続するほど高く付きます。

ちなみに、SoftBank Air(ソフトバンクエアー)の本体は58,320円するので、あまり使わない予定ならレンタルしたほうがお得です。

分割で購入してしまうと3年以内の解約時に残りの本体代を支払わなくてはいけなくなるからです。

4年以上利用するならいいですが、あまり現実的ではないので、おすすめはしません。

docomoから販売しているホームルーターはあるの?

ホームルーターは、2019年ではWiMAX、au、ソフトバンクの3つのみです。

メモ

auでもホームルーターは契約できますが、WiMAXの通信を利用しているのでホームルーターは同じ。

なので、docomoからホームルーターは販売されていません。

もし、docomoのスマホや携帯を利用していてセット割などを考えているのであれば、光回線ならdocomoでも提供しているのでそちらを検討するのもいいでしょう

docomoの光回線についてもし気になるのであればこちらの記事で詳しく解説しております。

ドコモ光の料金や口コミは?お得なプロバイダやキャンペーン情報

インターネット回線を契約するときは、できるだけ料金が安いサービスを選びたいと思いますよね? そこで最近人気のインターネット回線がNTTドコモから提供されている「ドコモ光」です。 ドコモ光はドコモのスマ ...

ホームルーターがおすすめな人とおすすめできない人まとめ

最後にどんな人にホームルーターがおすすめで、どんな人にはあまりおすすめできないかとまとめました!

こんな人におすすめ

  • 一人暮らしの方や単身赴任で引っ越しの多い
  • 工事や契約の見直しで無駄な出費に悩まされていた
  • 持ち運ぶ予定がない
  • すぐに利用したい

おすすめできない人

  • 戸建てで2、3階建ての家
  • 仕事でネットをよく使う
  • 接続台数が60台を超える
  • 安定性が確実にほしい

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-いろいろ比較

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.