WiMAX プロバイダ一覧

大館モバイル WiMAX2+の特徴と契約するメリット・デメリットまとめ。

投稿日:

WiMAX2+のプロバイダサービスと言えば、固定回線として有名な事業者が行なっているイメージがあります。

しかし、固定回線以外の事業者にもWiMAX2+のプロバイダサービスを展開しているところがあります。

秋田県の大館ケーブルテレビは、「大館モバイル」というサービス名でWiMAX2+のサービスを提供しています。

大館モバイルのWiMAX2+は他のプロバイダよりも契約がしやすくなっていますが、お得というわけではありません。

ここでは、大館モバイルが提供するWiMAX2+のメリットとデメリットを解説します。

大館モバイルでWiMAXを契約するべきか悩んでいる人は、参考にしてくださいね。

大館モバイルとはケーブルテレビ会社の通信サービス

大館モバイルとは、秋田県大館市大館ケーブルテレビが運営するモバイルサービスです。

大館ケーブルテレビはケーブルテレビサービスの提供をメインに行っていますが、固定回線やWiMAXのサービスも展開しています。

また、ドコモやauの回線を借りて格安SIMのサービスを行っています。

大館モバイルのWiMAX2+の特徴

大館モバイルが提供するWiMAX2+には、他のプロバイダよりもハードルが低いので、より多くの人が契約できるようになっています。

しかし、他のプロバイダと比べるとお得ではないデメリットがあります。

メリットとデメリットをもとにして、大館モバイルのWiMAX2+が持つ特徴を見てみましょう。

大館モバイルでWiMAX2+を契約するメリット

大館モバイルのWiMAX2+は、他のプロバイダよりも契約がしやすいメリットがあります。

初期費用が0円

WiMAX2+を契約するときは、ある程度の初期費用が必要になります。

初期費用は、

  • モバイルWi-Fiルーターの購入代金
  • 契約事務手数料

この2つで構成されています。

モバイルWi-Fiルーターの購入代金はプロバイダによって様々ですが、0円で購入できるところが多いです。

しかし、端末が0円で購入できても、事務手数料が0円になるところは多くありません。

大館モバイルのWiMAX2+は端末の購入代金だけでなく、事務手数料も0円になっています。

端末の発送も無料でしてくれるので、契約するときに費用が一切掛かりません。

利用料金を口座振替で支払うことができる

WiMAX2+を提供するプロバイダには多くの種類がありますが、クレジットカードでなければ利用料金が支払えないところがほとんどです。

しかし、大館モバイルのWiMAX2+は、銀行口座の振替でも利用料金を支払うことができます。

大館モバイルはクレジットカードを持っていない人でも選択肢になるわけです。

契約期間を3年にすればLTEオプションが無料になる

UQ WiMAXでは、契約期間を2・3・4年のどれかから選ぶことができます。

しかし、他のプロバイダでは強制的に2年契約になることがほとんどです。

契約期間が2年になっても、特に問題はないように見えるでしょう。

しかし、契約期間が2年になると、auのスマホを持っていない限り「LTEオプション」の利用が有料になってしまいます。

契約期間を3年にできれば、auのスマホを持っていなくてもLTEオプションが無料になります。

LTEオプションとはauの4GLTE回線が利用できる機能で、WiMAX2+の電波が届きにくい場所で役に立ってくれます。

auのスマホを持っていれば契約期間が2年でも無料で利用できますが、そうでない人は有料になるので使い勝手が悪いと感じる可能性は低くありません。

大館モバイルでWiMAX2+を申し込めば、契約期間を2年か3年のどちらから選ぶことができます。

契約期間を3年にできるのは、意外と大きなメリットなのです。

店頭で申し込みができる

大館モバイルは電話での申し込みが基本となっていますが、秋田県大館市のショールームでも契約手続きができます。

ショールームに行けばわからないこともスタッフの人に質問できるので、WiMAX2+の知識がない人でも安心して契約できます。

大館モバイルでWiMAX2+を契約するデメリット

大館モバイルのWiMAX2+は、他のプロバイダよりも契約しやすいという強みを持っています。

しかし、それと引き換えに、他のプロバイダと比べるとお得にならないデメリットもあります。

割引やキャッシュバックといった特典がない

WiMAX2+のプロバイダには、割引やキャッシュバックといった特典が受けられるものが多く存在しています。

しかし、大館モバイルはこのような特典がないので、お得なキャンペーンを求めている人にはおすすめできません。

端末の選択肢が1つしかない

WiMAX2+の回線を利用する端末には多くの種類があって、ほとんどのプロバイダでは端末をいくつかの種類から選ぶことができます。

しかし、大館モバイルのWiMAX2+は、端末の選択肢が1世代前のSpeed Wi-Fi NEXT W04しかありません。

Speed Wi-Fi NEXT W04でも性能は申し分ないですが、最新機種が使いたいという人は他のプロバイダを選んだほうがいいでしょう。

大館モバイルのWiMAX2+の料金

大館モバイルのWiMAX2+は、あらゆる料金の設定がUQ WiMAXとほとんど変わりません。

どのような料金になっているのか見てみましょう。

月額料金

大館モバイルのWiMAX2+は、契約してから3年間の月額料金が割引されるようになっています。

と言っても、割引される金額は大したことがなく、UQ WiMAXの月額料金とほとんど変わりません。

大館モバイル WiMAX 月額料金

プラン 契約後36ヶ月間 37ヶ月目以降
Flat(7GB) 3,625円 3,696円
Flatギガ放題(無制限) 4,300円 4,380円

他のプロバイダには月額料金がこの金額よりも安くなるところがあるので、お得度を求めているなら大館モバイルは避けたほうがいいでしょう。

後でUQ WiMAXをはじめとした他のプロバイダと比較するので、参考にしてください。

初期費用

先ほども説明しましたが、大館モバイルのWiMAX2+は端末代金・事務手数料・端末の発送料金が0円なので、初期費用が全く必要ありません。

他のプロバイダでは最低でも事務手数料の3,000円が必要になるので、これは何気に嬉しいポイントですね。

違約金

大館モバイルのWiMAX2+は、違約金の金額もUQ WiMAXと同じように設定しています。

大館モバイル WiMAX2+ 契約解除料金

利用期間 契約解除料金
課金開始日~12ヶ月 19,000円
13ヶ月以上~24ヶ月 14,000円
25ヶ月目以降 9,500円

2年以内に解約すると金額は高くなりますが、3年目以降は一律で9,500円になります。

契約期間を2年にすると2年に1度の更新月に、契約期間を3年にすると3年に1度の更新月に解約すれば違約金が発生しません。

大館モバイルのWiMAX2+を他のプロバイダと比較

大館モバイルのWiMAX2+を、他のプロバイダと比較してみましょう。

プロバイダ 大館モバイル UQ WiMAX Broad WiMAX GMOとくとくBB
月額料金 無制限

36ヶ月間:4,300円

37ヶ月目以降:4,380円

 

利用開始~2ヶ月目:3,696円

3ヶ月目以降:4,380円

1~2ヶ月目:2,726円

3~24ヶ月目:3,411円

25ヶ月目以降:4,011円

1~2ヶ月目:3,609円

3ヶ月目以降:4,263円

 

7GB

36ヶ月間:3,625円

37ヶ月目以降:3,696円

 

 

3,696円

2年間:2,726円

3年目以降:3,326円

3,609円
契約特典 なし 無し 月額料金割引 最大31,000円キャッシュバック
違約金

1年目:19,000円

2年目:14,000円

3年目以降:9,500円

1年目:19,000円

2年目:14,000円

3年目以降:9,500円

1年目:19,000円

2年目:14,000円

3年目以降:9,500円

2年目まで:24,800円

3年目以降:9,500円

先ほども軽く触れましたが、この表を見ると大館モバイルのWiMAX2+のサービス内容は、本家のUQ WiMAXとほとんど同じことがわかります。

そのため、WiMAX2+をお得に契約するなら、他のプロバイダを選んだほうがいいでしょう。

Broad WiMAXやGMOとくとくBBのほうがお得

割引やキャッシュバックといった特典を求めて契約するなら、Broad WiMAXやGMOとくとくBBのようなプロバイダがおすすめです。

Broad WiMAXは月額料金の安さが強みで、契約してから2年間の通信費を節約することができます。

3年目以降の月額料金もある程度安いので、WiMAX2+を長く使いたい人でも安心できるでしょう。

GMOとくとくBBは月額料金こそ安くなりませんが、キャッシュバック特典が高額なのでお得度はピカイチです。

他のプロバイダには、このような特典が貰えるところが多くあります。

WiMAX2+をお得に契約したい人は、大館モバイル以外のプロバイダを選んだほうがいいでしょう。

まとめ

大館モバイルのWiMAX2+はクレジットカードを持っていなくても人でも契約できるので、他のプロバイダよりも敷居が低くなっています。

契約期間を3年にすればauユーザーでなくてもLTEオプションが無料で利用できるので、使い勝手も良いと言えます。

ショールームに行けばスタッフの人が対応してくれるので、安心して契約することもできます。

しかし、割引やキャッシュバックといった特典がないので、お得とは言えません。

他のプロバイダと比べると、特典によるお得度は大きく劣ってしまいます。

特典を貰ってお得に契約したいなら、大館モバイル以外でWiMAX2+を契約することをおすすめします。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAX プロバイダ一覧

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.