光回線

NURO光のメリット・デメリット。キャンペーンは本当にお得?

投稿日:

光回線は通信速度は最大1Gbpsであることが一般的でしたが、NURO光はより速い回線スピードに対応したことで注目されています。

提供エリアも拡大されたことで、NURO光が気になっている人は多いのではないでしょうか?

NURO光には通信速度だけでなく、月額料金や導入費用も少なくできるメリットがあります。

多くの人は特徴を見ただけで、NURO光を契約したいと思うでしょう。

そこで、ここではNURO光のメリットとデメリットについて解説します。

他社のインターネット回線との比較も行うので、NURO光が気になっている人は読んでみてくださいね。

NURO光の特徴・メリット

NURO光の特徴は、他のサービスでは実現できなかったか通信速度に対応していることにあります。

通信速度の他にも様々な特徴があるので、まずは特徴とメリットとを見てみましょう。

NURO光には、

  • 最大2Gbpsに対応した高速回線
  • 戸建てタイプの月額料金が他社より安い
  • キャンペーンが充実している

上記3つのメリットがあります。

最大2Gbpsに対応した高速回線

NURO光が持つ最大の特徴は、最大で2Gbpsの下り速度に対応していることでしょう。

以前まで展開されていた光回線サービスは、対応速度が最大1Gbpsのものばかりでした。

NURO光は従来の光回線サービスより倍の速度に対応したので、他社よりも快適にインターネットを利用することができます。

戸建てタイプの月額料金が他社より安い

通信速度が他のサービスより優れていると、利用料金が高いのではないかと不安になりますよね?

NURO光を戸建てで利用する場合、他社よりも月額料金が安くなることがほとんどです。

ソフトバンクのスマホを持っていればセット割引も受けられるので、NURO光は通信速度が速いかつお得なインターネット回線になるわけです。

キャンペーンが充実している

NURO光はキャンペーンが充実しているので、初期費用を心配する必要がありません。

評判が良い申し込み窓口を知っていれば、契約特典をもらってよりお得に契約することができます。

NURO光のデメリット

メリットだけ見ると、NURO光はとても魅力的なインターネット回線だと思いますよね?

しかし、通信速度の速さと料金の安さを兼ね備えているNURO光でも、少なからずデメリットを持っています。

NURO光が抱えるデメリットは、

  • 利用できる地域が限られている
  • 工事の手間が他のサービスより多い
  • 引越し先での継続利用ができない

この3つです。

利用できる地域が限られている

NURO光の提供されているエリアは、関東・東海・関西の3つに限られていて、他の地域では利用することができません。

自宅がNURO光の提供エリア内だったとしても、立地条件や家の構造が原因で利用できないこともあります。

工事の手間が他のサービスより多い

NURO光を自宅に導入する際は、宅内と屋外の工事を別日で行わなければいけません。

つまり、NURO光を利用するには、2日間に渡る工事が必要になるわけです。

他社のインターネット回線では工事が1日で終わるので、NURO光は契約するまでの手間が多くなってしまいます。

引越し先での継続利用ができない

従来のインターネット回線は、提供エリア内であれば引越し先でも使い続けることができました。

しかし、NURO光は提供エリアが限られているせいか、引越し先で使い続けることができません。

契約中のNURO光を引越し先で使うには、1度解約してから改めて新規契約することになります。

NURO光のサービス内容

NURO光のサービス内容を見てみましょう。

サービス内容を見ると、NURO光がお得かつ快適なインターネット回線ということがわかります。

NURO光の月額料金プランは2種類ある

NURO光の料金プランには、

  • NURO 光G2V
  • NURO 光G2

この2種類がありますが、月額料金が安いNURO光G2Vを選ぶことがほとんどです。

NURO光の月額料金

プラン 契約期間 月額料金
NURO 光G2V 2年 4,743円
NURO 光G2 無し 7,124円

NURO光の月額料金は戸建てとマンションともに上記の値段になることが基本ですが、「NURO光 for マンション」が利用できれば以下の料金で利用することができます。

NURO光 for マンションの月額料金

加入者数 基本料金 Hands-up会費 合計
4人 1,600円 900円 2,500円
5人 1,600円 900円 2,500円
6人 1,600円 900円 2,500円
7人 1,600円 800円 2,400円
8人 1,600円 700円 2,300円
9人 1,600円 600円 2,200円
10人以上 1,600円 300円 1,900円

ただ、「NURO光 for マンション」は同じマンション内で4戸以上の契約が集まらないと利用できないので、現実的なプランとは言えません。

月額料金は基本的に4,743円と考えておきましょう。

NURO光の初期費用は事務手数料

NURO光を利用するには、40,000円の工事費を支払わなければいけません。

他社の工事費は15,000円から24,000円が相場なので、NURO光の初期費用は高いと感じますよね?

しかし、NURO光には工事費用が実質無料になるキャンペーンが用意されているので、工事費を負担することがほとんどありません。

ただ、事務手数料分の3,000円は必ずかかるので注意しましょう。

キャンペーンに関しては下記で詳しく解説します。

NURO光の違約金は9,500円

NURO光は契約期間が2年となっていて、24ヶ月に1度の更新月でない限りは解約すると9,500円の違約金が請求されます。

もし乗り換えを考えたりするのであれば、24ヶ月目をしっかりと覚えておき解約するようにしましょう。

NURO光の3つのお得なキャンペーン

NURO光を申し込むと、

  • 工事費実質無料
  • キャッシュバックorPS4プレゼント
  • おうち割光セット

上記3つの特典を受けることができます。

実質工事費が無料

NURO光を利用するには40,000円の工事費が必要になりますが、初月日割り+30ヶ月分は1,333円割引になるので、実質負担が無料になります。

イメージとしては上記のような形です。

キャッシュバックorPS4プレゼント

NURO光を公式のキャンペーンサイトで申し込めば、最大35,000円のキャッシュバックPS4をもらうことができます。

工事費が実質無料になるうえに、プレゼントまでもらえるのは嬉しいですよね。

それに無駄なオプションなどは一切必要ないので、その点もうれしいポイントの1つかなと。

おうち割光セット

ソフトバンクユーザーの人がNURO光を利用すると、「おうち割光セット」が適用されてスマホ代が最大で1,000円安くなります。

プラン 割引金額
・データ定額 50GB/20GB/5GB
・パケットし放題フラット for 4G LTE7GB
1,000円
・データ定額ミニ 2GB/1GB
・データ定額(3Gケータイ)
500円

おうち割光セットは家族も対象なので、ソフトバンクユーザーとってNURO光は凄くお得なサービスだと言えます。

ただ、「NURO光 for マンション」では受けることができません。

NURO光を解約する方法

NURO光の解約手続きは、運営会社であるSo-netの会員ページSo-netのチャット窓口から行うことができます。

解約の申請をした後は、レンタルで提供されているホームゲートウェイを返却します。

インターネット回線を解約するときは、自宅に引いた光ファイバーを撤去しなければいけません。

しかし、NURO光を解約する場合、回線を撤去するかを契約者が決めることができます。

回線を撤去すると1万円の費用がかかりますが、そのまま残せば料金は発生しません。

NURO光の口コミ

NURO光は最大で2Gbpsの下り速度に対応しているだけあり、Twitterでは回線のクオリティが高く評価されています。

100Mbps以上の実効速度が出ることがほとんどなので、どのような用途でも快適に利用できるでしょう。

NURO光と他社の光回線を比較

NURO光のメリットとサービス内容を見ると、多くの人は他にはない良質なサービスと感じるでしょう。

しかし、他社にもNURO光の対抗馬となるサービスがあります。

勢いだけで契約せずに、他社との比較もしっかりしておきましょう。

戸建てタイプの月額料金は他社より安め

下記の表で月額料金を比べてみると、NURO光は戸建てタイプの月額料金が最も安いインターネット回線であることがわかります。

NURO光と他社の光回線の月額料金比較表

サービス 戸建て マンション
NURO光 4,743円

4,743円(NURO光 for マンションが利用できれば1,900~2,500円)

ドコモ光 ・タイプA:5,200円
・タイプB:5,400円
・タイプA:4,000円
・タイプB:4,200円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
auひかり 「従来型とauひかりホームV5ギガ」
・1年目:5,100円
・2年目:5,000円
・3年目以降:4,900円
「auひかりホームX10ギガ」
・1年目:5,880円
・2年目:5,780円
・3年目:5,680円
・4年目以降:5,400
3,400~5,000円
OCN光 5,100円 3,600円
BIGLOBE光 4,980円 3,980円

マンションタイプだと他社より月額料金が高くなりますが、大きな差が出るわけではありません。

通信速度のクオリティを求めるなら、許容範囲の金額ではないでしょうか?

通信速度の速さならNURO光がトップクラス

先ほどの紹介した口コミを見ての通り、NURO光の通信速度は業界の中でもトップクラスと言えます。

通信速度の速さを求めるなら、NURO光を選べば間違いないでしょう。

ただ、NURO光よりも対応速度の数値が高いサービスは他社にも存在しています。

auユーザーからの人気が高いauひかりは、2018年3月から最大5Gbpsに対応した「auひかりホームV5ギガ」と最大10Gbpsに対応した「auひかりホームX10ギガ」の提供を開始しています。

提供エリアは東京・神奈川・埼玉・千葉の4つに限られていますが、利用できるのならNURO光の対抗馬になります。

関東に住んでいて通信速度にとことんこだわりたい人は、auひかりも検討したほうがいいでしょう。

料金の安さを重視するなら他社もアリ?

通信速度より料金の安さを求めるなら、NURO光以外のサービスも検討する余地があります。

ソフトバンクユーザーなら「おうち割光セット」が受けられるNURO光を選ぶのがベストですが、他のキャリアでスマホを使っているなら話は変わってきます。

例えば、ドコモユーザーはドコモ光を、auユーザーならauひかりや電力会社系のインターネット回線を利用すればセット割引が受けられます。

「セット割引が受けられるインターネット回線=最もお得なインターネット回線」

なので、ソフトバンク以外でスマホを使っている人は必ず他社も選択肢に入れておきましょう。

まとめ

NURO光は通信速度が速いだけでなく、戸建てタイプの月額料金も安いうえに、おうち割光セットを受けられれば通信費もより一層安くなります。

通信速度の速さと料金の安さのどちらを求めても、NURO光は満足できるサービスと言えるでしょう。

しかし、関東ならauひかりという選択肢がありますし、料金の安さだけを求めるならセット割引を重視してサービスを選ぶ必要があります。

自分がインターネット回線に何を求めているかを考えて、NURO光が見合ったサービスなのか考えて契約するかを判断してくださいね。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-光回線
-, , , ,

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.