WiMAX プロバイダ一覧

NOZOMI Wi-Fiのモバイルルーターの特徴とWiMAXと比較

投稿日:

FUJI Wi-Fiが登場したことで、モバイルルーターのレンタルサービスが注目を集めつつあります。

モバイルルーターのレンタルサービスには好きなときに契約できて、いつでも解約できる特徴があります。

2018年2月に登場したNOZOMI Wi-Fiは、機能面にも大きなメリットがあり、WiMAXやY!mobileで感じていた不満も解消してくれるかもしれません。

ここでは、モバイルルーターのレンタルサービス「NOZOMI Wi-Fi」の特徴を解説します。

モバイルルーターの契約を検討している人、WiMAXやY!mobileでモバイルルーターを利用している人は面白い参考資料になりますよ。

NOZOMI Wi-Fiとは?特徴とメリット

NOZOMI Wi-Fiとは、2018年2月にサービスが始まった新しいWi-Fiルーターのレンタルサービスです。

運営を行っている株式会社フェティアは、あらゆる企業のサービスをイベントや展示会などでプロモーション事業をメインに行っていて、インターネット回線とは無縁の会社でした。

しかし、NOZOMI Wi-Fiは意外と使い勝手が良く、新たに注目を浴びる可能性があるサービスと言えます。

メリットとデメリットをもとに、まずはNOZOMI Wi-Fiの特徴を紹介します。

NOZOMI Wi-Fiには、モバイルルーターのレンタルサービスならではのメリットがギッシリ詰まっています。

速度制限が掛かる条件が無い

WiMAXやY!mobileのモバイルルーターには、3日間でデータの消費量が10GB以上になると翌日の夕方から速度制限が掛かるデメリットがありました。

NOZOMI Wi-Fiでは速度制限が掛かる条件が無いので、データ量を気にせずにモバイルルーターを使うことができます。

利用目的でプランが選べる

NOZOMI Wi-Fiには、

  • 無制限プラン
  • 200GB超プラン
  • 100GB超プラン
  • 1週間プラン
  • 2週間プラン

上記5つのプランがあり、利用するデータ量や期間に合ったサービスを受けることができます。

WiMAXやY!mobileのようにモバイルルーターを長期間使い続けることはもちろん、出張や旅行で短期間だけモバイルルーターを使いたい人でも、NOZOMI Wi-Fiなら1週間・2週間プランが用意されているので安心です。

契約期間がないから違約金が発生しない

NOZOMI Wi-Fiには契約期間が設けられていないので、どのようなタイミングで解約しても違約金は請求されません。

好きなときに契約して、好きなときに解約ができるわけですね。

NOZOMI Wi-Fiのデメリット

NOZOMI Wi-Fiは速度制限がなく、いつでも解約できるので使い勝手が良いモバイルルーターサービスと言えます。

しかし、加入するプランによってはデメリットが付きまとい、契約できる人も限られています。

プランによって利用できる機種が違う

NOZOMI Wi-Fiでは、

  • 501HW
  • 601HW
  • 602HW
  • ARIA2
  • GlocalMe U2

上記5種類の端末を取り扱っています。

利用できる機種には最大速度やWi-Fi規格に違いがあり、501HW・6014HW・602HWの3つが最も優れたスペックを持っています。

しかし、NOZOMI Wi-Fiでは必ずスペックが高いモバイルルーターが使えるわけではなく、加入するプランによって貸し出される端末が異なります。

無制限プラン・200GB超プランで利用できる機種のスペックが低め

無制限プランではGlocalMe U2200GB超プランではARIA2しか利用することができません。

GlocalMe U2とARIA2は最大速度が最も劣っている機種となっていて、Wi-Fiの対応規格も古くなっています。

機種ごとのスペックの違いは、後半で詳しく解説します。

クレジットカードを持っていないと利用できない

NOZOMI Wi-Fiの利用料金はクレジットカードでしか支払うことができず、口座振替やコンビニ支払いは利用できません。

つまり、クレジットカードを持っていないとNOZOMI Wi-Fiは契約できないわけです。

クレジットカードを持っていない人にとって、NOZOMI Wi-Fiはハードルが高いサービスと言わざるを得ません。

NOZOMI Wi-Fiのサービス内容と料金

NOZOMI Wi-Fiでは、加入するプランによって月額料金や利用できる機種が変わります。

利用できる機種によって最大速度は左右されますが、対応エリアはとても広くなっています。

NOZOMI Wi-Fiの月額料金

NOZOMI Wi-Fiでは利用できるデータ量が多いプランになると月額料金が高く、利用期間が短いプランに加入すると月額料金が安くなるようになっています。

例えば、無制限プランでは月額5,980円1週間プランでは1,980円となっています。

 【プラン別】NOZOMI Wi-Fiの月額料金

プラン 正規料金
無制限プラン 5,980円
200GB超プラン 4,480円
100GB超プラン 3,980円
1週間プラン 1,980円
2週間プラン 2,980円

長くモバイルルーターを利用したい人には200GB超プランと100GB超プランという選択肢もあるので、利用するデータ量に合わせて料金が安いプランに加入することもできます。

ちなみに、1週間プランと2週間プランでは、端末の返却が延滞すると1日あたり1,000円の追加料金が発生します。

NOZOMI Wi-Fiの初期費用は基本は3,980円

NOZOMI Wi-Fiはモバイルルーターのレンタルサービスなので、端末の購入費用は掛かりません。

しかし、手数料か端末の発送料金のどちらかが初期費用として必要になります。

無制限プラン・200GB超プラン・100GB超プランでは、初期手数料として3,980円が発生します。

1週間プランと2週間プランは初期手数料が0円になっていますが、端末の往復発送料として1,000円を支払わなければいけません。

【プラン別】NOZOMI Wi-Fiの初期費用

プラン 初期費用
無制限プラン 3,980円
200GB超プラン 3,980円
100GB超プラン 3,980円
1週間プラン 1,000円(往復発送料)
2週間プラン 1,000円(往復発送料)

プラン別の利用できるモバイルルーター

NOZOMI Wi-Fiでは、加入するプランによって利用できるモバイルルーターの種類が変わります。

100GB超プラン・1週間プラン・2週間プランでは、スペックが高い501HWなどを利用することができます。

無制限プランや200GB超プランなどのデータ容量に不安が無いサービスでは、最大速度やWi-Fi規格が劣るGlocalMe U2かARIA2しか利用できません。

【プラン別】NOZOMI Wi-Fi で利用可能な端末

プラン 利用可能機種
無制限プラン GlocalMe U2
200GB超プラン ARIA2
100GB超プラン 501HW、601HW、602HW
1週間プラン 全機種
2週間プラン 全機種

下記の表をもとに、機種ごとのスペックを比較してみましょう。

機種別の最大速度

機種 最大速度 対応Wi-Fi規格
501HW 下り:187.5Mbps IEEE 802.11a/b/g/n/ac
上り:37.5Mbps
601HW 下り:350Mbps or 612Mbps IEEE 802.11a/b/g/n/ac
上り:37.5Mbps or 13Mbps
602HW 下り:350Mbps or 612Mbps IEEE 802.11a/b/g/n/ac
上り:37.5Mbps or 13Mbps
ARIA2 下り:150Mbps IEEE 802.11b/g/n
上り:13Mbps
GlocalMe U2 下り:150Mbps IEEE 802.11b/g/n
上り:37.5Mbps

601HWと602HWは350Mbps以上の下り速度に対応していて、Wi-Fi規格も最新のIEEE802.11acとなっています。

601HWと602HWなら、スペックが高いスマホやタブレットの性能をいかんなく発揮することができます。

GlocalMe U2とARIA2は下り速度が最大150Mbpsとなっているうえに、対応しているWi-Fi規格も1世代以上前となっています。

GlocalMe U2とARIA2でもホームページと動画の読み込みを問題なく行えますが、601HWなどと比べると回線速度が遅いと言わざるを得ません。

契約期間と違約金は無い

前半でも説明しましたが、NOZOMI Wi-Fiには契約期間が無いので、どのようなタイミングで解約しても違約金は請求されません。

対応エリアはSoftBankの4G回線なのでほとんど問題はない。

NOZOMI Wi-FiはSoftBankの4G回線でインターネット通信を提供しています。

SoftBankの4G回線は日本の人口91%をカバーしているので、NOZOMI Wi-Fiのモバイルルーターなら基本的にどんな場所にいてもインターネットが利用できると思っていいでしょう。

NOZOMI Wi-Fi 利用者からの口コミと評判

モバイルルーターを契約するうえで、利用料金と同じぐらい気になるのは実効速度ではないでしょうか?

NOZOMI Wi-FiはSoftBankの4G回線を利用するので、実効速度の安定性はとても高いと言えます。

NOZOMI Wi-Fiは開始して間もないサービスなので口コミの数は多くありませんが、通信速度に不満を感じている人は見当たりません。

2018年5月の時点では、サポート窓口の対応にまつわる評判を確認することができませんが、少なくとも快適にインターネットが利用できることは確かでしょう。

WiMAXと比較してどうなのか?

NOZOMI Wi-FiとWiMAXのどちらでモバイルルーターを契約するべきか悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

下記の表をもとに、NOZOMI Wi-FiとWiMAXの利用料金を比較してみましょう。

サービス NOZOMI Wi-Fi UQ WiMAX GMOとくとくBB
利用料金 ・無制限プラン:5,980円
・200GB超プラン:4,480円
・100GB超プラン:3,980円
・1週間プラン:1,980円
・2週間プラン:2,980円
4,380円 ・1~2ヶ月目:3,609円
・3ヶ月目以降:4,263円
最大下り速度 150~612Mbps 110~708Mbps
初期費用 長期レンタル:3,980円 端末購入代金:800円 端末購入代金:0円
短期レンタル:1,000円 契約事務手数料:3,000円 契約事務手数料:3,000円
違約金 無し ・1年目:19,000円
・2年目:14,000円
・3年目以降:9,500円
・1年目:24,800円
・2年目:24,800円
・3年目以降:9,500円

※WiMAXの月額料金はギガ放題プランに加入した場合です。

データ容量の上限を無しにするなら、WiMAXを選んだほうが月額料金が安くなっています。

しかし、WiMAXには3日間で10GBを消費すると速度制限が掛かるデメリットがあります。

NOZOMI Wi-Fiの無制限プランはWiMAXよりも月額料金が高くなっていますが、速度制限が掛かる条件がありません。

速度制限が掛からないことに5,980円の価値を見出せるかが、NOZOMI Wi-Fiの無制限プランを契約するべきか判断するポイントになります。

ただ、1ヶ月で利用するデータ量が100~200GBに収まったとしても、WiMAXより月額料金が安くなることがありません。

WiMAXは契約するプロバイダ次第で月額料金が安くなるからです。

モバイルルーターを使い続ける場合、月額料金の安さか速度制限が掛かる条件のどちらを重視するかがNOZOMI Wi-FiとWiMAXのどちらを契約するべきかの基準になります。

まとめ

NOZOMI Wi-Fiは速度制限が掛かる条件がなく、解約するときに違約金を請求されることもありません。

通信速度の評判も良いので、少なくとも機能性は優れたモバイルルーターサービスと言えるでしょう。

ただ、長い目でモバイルルーターを使う場合、月額料金はWiMAXよりも高めになります。

速度制限が無いメリットにWiMAXより高い月額料金を払う価値を感じられるかが、NOZOMI Wi-Fiを契約するかを決めるポイントになるでしょう。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAX プロバイダ一覧
-, ,

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.