いろいろ比較

@niftyはWiMAXと@nifty光のどっちを選ぶべきか徹底比較

投稿日:

@@niftyは数あるプロバイダの中でも名前が知られている事業者なので、WiMAXを契約する多く人から選ばれています。

これからWiMAXを契約しようと考えている人の中には、@@niftyが候補に入っている人も少なくないでしょう。

ただ、@@niftyは固定回線のプロバイダとして信頼度が高い事業者なので、WiMAXと@@nifty光を比べるとどうなるか気になる人は多いですよね?

そこで、ここでは@@niftyが提供するWiMAXと@@nifty光を比較して、どちらを契約したほうがいいのか解説します。

WiMAXのプロバイダ選びで悩んでいる人や、@@niftyの提供サービスが気になっている人は参考にしてくださいね。

@@niftyのWiMAXの特徴とメリット

@@niftyが提供するWiMAXには、既存のユーザーにとって嬉しいメリットがあります。

しかし、@@niftyのサービスを利用していないとメリットはあまりなく、機能面も不安を感じてしまいます。

@@niftyが提供するWiMAXには、

  • 他の@@niftyのサービスと併用すると月額料金が安くなる
  • 初期費用が安い

この2つのメリットがあります。

他の@@niftyのサービスと併用すると月額料金が安くなる

既に@@niftyのプロバイダや光コラボなどのサービスを利用していると、WiMAXの月額料金がずっと250円割引され続けます。

初期費用が安い

@@niftyはWiMAXのWi-Fiルーターを1円で販売しているので、契約するときの初期費用は事務手数料と合わせて3,001円しかかかりません。

@@nifty WiMAXのデメリット

@@niftyのWiMAXは既存ユーザーでなければ割引が受けられないうえに、キャンペーンによる特典もほとんどありません。

利用できる端末も限られているので、人によっては他のプロバイダを検討する必要があります。

他の@@niftyサービスを併用しないとお得ではない

@@niftyの既存ユーザーなら、@@niftyのWiMAXの月額料金が250円安くなります。

しかし、@@niftyのプロバイダや光コラボサービスを利用していないと割引が適用されないので、月額料金が安くなりません。

キャンペーン特典がほとんどない

以前の@@niftyなら、WiMAX契約の契約者に20,000円程のキャッシュバックをプレゼントしていました。

しかし、@@niftyのWiMAXは、2017年の夏を最後にキャッシュバックキャンペーンを実施していないのでお得なプロバイダとは言えなくなりました。

キャッシュバックや割引特典を目当てにWiMAXを契約するなら、他のプロバイダで契約したほうがいいでしょう。

購入できる端末の種類が古い

@@niftyで購入できるWi-Fiルーターは、

  • Speed Wi-Fi NEXT WX03
  • Speed Wi-Fi NEXT W04
  • Speed Wi-Fi HOME L01

この3種類に限られていて、最新機種と比べて1世代古いものしか選べないようになっています。

1世代古い機種でも最大440Mbpsの下り速度に対応しているので問題なくインターネットを利用できますが、最大708Mbpsに対応したWi-Fiルーターが欲しい人は不満を感じてしまうでしょう。

@@nifty光の特徴とメリット

@@nifty光は固定回線のサービスなので、WiMAXと比べると契約しにくいイメージを持っている人は少なくないでしょう。

しかし、@@nifty光はお得になれる方法がいくつかあるので、契約しにくいわけではありません。

@@nifty光は回線の品質が高いだけでなく、割引や契約特典が豊富な強みがあります。

通信速度の安定性が高い

@@nifty光はフレッツ光の回線でインターネットを提供するサービスなので、最大1Gbpsの通信速度に対応しています。

フレッツ光の回線を利用するサービスは@nitfy光の他にもあり、中には実効速度の評判が良くない事業者も見かけます。

しかし、@@nifty光は最新の接続方式である「iPv6」に対応しているので、通信速度の安定性が高くなっています。

auのスマホとセットにすると割引が受けられる

auのスマホを持っている人は@@nifty光を利用すると「auセット割」が適用されるので、月々のネット代が安くなります。

スマホ側の料金プランによって割引金額は変わりますが、場合によってはどの光回線サービスよりも月額料金が安くなるので、auユーザーの人なら@@nifty光を検討してみる価値があります。

キャッシュバックが貰えるチャンスがある

光回線を利用するサービスなので初期費用が大きなネックになりますが、@@nifty光にはキャッシュバックを貰える申し込み窓口がいくつかあります。

特典が貰える窓口を知っておけば、キャッシュバックを貰って初期費用の負担がなくなります。

公式サイトでもキャッシュバックキャンペーンが実施されていることがあるので、初期費用を心配する必要はないでしょう。

@@nifty光のデメリット

@@nifty光は「品質良し・お得さ良し」なサービスなので、契約して損はないサービスに見えます。

しかし、人によってはお得度が低くなる恐れがあるので、@@nifty光を契約するべきかは慎重に検討する必要があります。

セット割引の内容が弱い

@@nifty光の「auセット割」はお得な特典ですが、料金プランによってはauひかりなどで受けられる「auスマートバリュー」と比べると割引金額が低くなってしまいます。

割引される金額や条件などを比べて、@@niftyか他のサービスのどちらを契約するべきか考えなければいけません。

回線の導入工事が必要

新規で@@nifty光を契約するときは工事をする必要があり、作業には契約者も立ち合わなければいけません

工事は40~90分程で終わりますが、日頃から忙しい人は日程を確保するのが面倒に感じてしまいます。

ただ、フレッツ光から@@nifty光へ乗り換える場合は工事をする必要がないので、日程確保のデメリットが発生しません。

@@niftyのWiMAXと@@nifty光を徹底比較

@@niftyのWiMAXの光回線サービスを、あらゆる料金面で比較してみました。

比較した内容は

  • 月額料金
  • セット割引
  • キャンペーン
  • 違約金や解約金

この4つです。

@@niftyのWiMAXと@@nifty光を月額料金で比較

@@niftyのWiMAXは、@@niftyの他のサービスと併用するかで月額料金が変わってきます。

他の@@niftyサービスと併用すると、WiMAXの月額料金は250円割引されます。

@@nifty WiMAX月額料金

プラン @@niftyの他サービス利用有無 利用開始月 2~3ヶ月 4ヶ月目以降
ギガ放題プラン(使い放題) 0円 3,670円 4,350円
0円 3,420円 4,100円
ライトプラン(7GB) 0円 3,420円
0円 3,670円

@@nifty光の月額料金は、2年プランか3年プランのどちらに加入するかで変わってきます。

2年プランにすると3年目からの月額料金が高くなり、3年プランにすると4年目からの月額料金が高くなります。

@@nifty光 月額料金(2年プラン)

住居タイプ 24ヶ月間 25ヶ月目以降
戸建て 4,500円 5,200円
マンション 3,400円 3,980円

@@nifty光 月額料金(3年プラン)

住居タイプ 36ヶ月間 37ヶ月目以降
戸建て 4,510円 5,200円
マンション 3,490円 3,980円

月額料金で比較すると戸建てならWiMAXマンションなら@@nifty光が安いという結果になります。

ただ、そこまで大きな差ではないので、他のサービス内容で比較したほうがいいでしょう。

@@niftyのWiMAXと@@nifty光をセット割引で比較

auでスマホを使っている人なら、@@niftyのWiMAXと光回線のどちらを契約してもセット割引を受けることができますが、割引の内容は異なります。

@@niftyのWiMAXは「auスマートバリューmine」に対応していて、スマホ代が最大で1,000円安くなります。

@@nifty光は「auセット割」に対応していて、インターネットの月額料金が最大で1,200円安くなります。

割引される金額とお得度はスマホ側の料金プランによって異なるので、下記の表で割引金額を比較してどちらのサービスを選ぶべきか考えましょう。

auスマートバリューmine 割引金額一覧

プラン 割引金額
auピタットプラン (シンプル):1GBまで 割引対象外

(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで

(シンプル):1GB以上2GB未満

500円
(スーパーカケホ/カケホ/シンプル)2GB以上20GB未満 1,000円
auフラットプラン20/30GB

データ定額5/20/30GB

LTEフラット

ISフラット

データ定額5cp

U18データ定額20GB

データ定額8/10/13GB

プランF(IS)シンプル

934円

データ定額2/3GB

ジュニアスマートフォンプラン

シニアプラン

カケホ(3Gケータイ・データ付)

データ定額3cp

LTEフラットcp

743円
データ定額1GB 500円

auセット割 割引金額

カテゴリー

au契約プラン

割引金額

カテゴリーA

カケホ

データ定額5/8/10/13/20/30GB

1,200円

カケホ(V)

データ定額5(V)/8(V)/10(V)/13(V)/20(V)/30GB(V)

カケホ(ケータイ/V)

データ定額5(ケータイ/V)/8(ケータイ/V)/10(ケータイ/V)/13GB(ケータイ/V)

スーパーカケホ

データ定額5/8/10/13/20/30GB

U18データ定額20GB

データ定額5GBcp

スーパーカケホ(v)

データ定額5(V)/8(V)/10(V)/13(V)/20(V)/30GB(V)

U18データ定額20GB(V)

データ定額5GBcp(V)

スーパーカケホ(ケータイ/V)

データ定額5GB(ケータイ/V)

LTEフラット・ISフラット

LTEフラット(V)

プランF(IS)/プランF(IS)シンプル

LTEフラット for Tab/LTEフラット for Tab(L)

LTEフラット for Tab(i)

LTEフラット for DATA(m)

LTEダブル定額 for Tab

LTEダブル定額 for Tab(i)

カテゴリーB

カケホ

データ定額2/3GB

auピタットプラン

auフラットプラン20/30GB

500円

カケホ(V)

データ定額2(V)/3GB(V)

auピタットプラン(V)

auフラットプラン20(V)/30GB(V)

カケホ(ケータイ/V)

データ定額2(ケータイ/V)/3GB(ケータイ/V)

スーパーカケホ

データ定額1/3GB

データ定額3GBcp

auピタットプラン

auフラットプラン20/30GB

スーパーカケホ(V)

データ定額1(V)/3GB(V)

データ定額3cp(V)

auピタットプラン

auフラットプラン20(V)/30GB(V)

スーパーカケホ(ケータイ/V)

データ定額1(ケータイ/V)/3GB(ケータイ/V)

シンプル

auフラットプラン20/30GB

シンプル(V)

auフラットプラン20(V)/30GB(V)

カケホ(3Gケータイ・データ付)

シニアプラン

シニアプラン(V)

ジュニアスマートフォン・ジュニアスマートフォン(V)

LTEフラット cp(1GB)

@@niftyのWiMAXと@@nifty光をキャンペーンで比較

@@niftyのWiMAXにはキャッシュバックや割引といったキャンペーンがありませんが、@@nifty光にはキャッシュバックキャンペーンを実施している申し込み窓口がいくつかあります。

2018年3月の時点で公式サイトから@@nifty光を申し込めば20,000円のキャッシュバックを貰うことができます。

代理店の申し込みサイトでも、ほぼ常時キャッシュバックキャンペーンを実施がされています。

キャッシュバックで比較すると@@nifty光のほうがお得に見えますが、@@nifty光を新規で契約すときは戸建てで18,000円マンションで15,000円の工事費用が必要になるので、初期費用の負担を0にするための特典と考えたほうがいいでしょう。

@@niftyのWiMAXと@@nifty光の契約期間と違約金

@@niftyのWiMAXは契約期間が2年となっていて、2年に1度の更新月以外に解約すると、利用期間によって以下の違約金が請求されます。

@@nifty WiMAX契約解除料金

利用期間 違約金
1年目 19,000円
2年目 14,000円
3年目以降 9,500円

@@nifty光の契約期間はプランの名前の通り2年プランは2年3年プランは3年になって、違約金の金額は大きく異なります。

@@nifty光 契約解除料金

プラン 違約金
2年プラン 9,500円
3年プラン 20,000円

WiMAXと@@nifty光のどちらも、更新月に解約すれば違約金は発生しません。

@@niftyならWiMAXと光回線どちらを選ぶべき?

@@niftyのWiMAXと光回線を選ぶ場合、料金を重視するときはセット割引の金額がポイントになります。

ただ、@@nifty以外の事業者も比較する余地があります。

WiMAXなら他のプロバイダを選ぶべき

セット割引の金額が高いことでWiMAXを選んだほうが良い結果になっても、他のプロバイダとの比較はしたほうがいいでしょう。

@@niftyのWiMAXには、キャンペーン特典がないからです。

WiMAXを提供するプロバイダには、@@niftyよりも特典が手厚い事業者がいくつかあります。

下記の表で人気が高いGMOとくとくBBやBroad WiMAXと比較すると、どれほどの違いがあるのかがわかります。

@@nifty WiMAXと他社プロバイダとの比較

プロバイダ 月額料金 特典
@@nifty

【ギガ放題プラン】

他の@@niftyサービスとの併用有り:4,100円

他の@@niftyサービスとの併用無し:4,350円

【ライトプラン】

他の@@niftyサービスとの併用有り:3,420円

他の@@niftyサービスとの併用無し:3,670円

無し
GMOとくとくBB

【ギガ放題プラン】

1~2ヶ月目:3,609円

3ヶ月目以降:4,263円

【ライトプラン】

3,609円

最大36,000円キャッシュバック
Broad WiMAX

【ギガ放題プラン】

1~2ヶ月目:2,726円

3~24ヶ月目:3,411円

25ヶ月目以降4,011円

【ライトプラン】

1~24ヶ月目:2,726円

25ヶ月目以降:3,326円

月額料金大幅割引

※auスマートバリューmineは適用不可

@@nifty光と比較してWiMAXを選んだほうが良いという結果になった場合、他のプロバイダとも比較することをおすすめします。

@@nifty光のほうがお得だが「auスマートバリュー」との比較は必須

通信速度を重視して光回線を選ぶ場合、セット割引とキャッシュバックがある@@nifty光はとても良いサービスだと言えます。

しかし、@@nifty光を選んだほうが良い結果になったときも、他の光回線サービスとの比較はしておくことをおすすめします。

何故かと言うと、@@nifty光で受けられる「auセット割」は、auひかりなどで受けられる「auスマートバリュー」と比べると割引金額が劣るからです。

「auスマートバリュー」はスマホ代が安くなる特典ですが、スマホの料金プランによっては最大で2,000円の割引が受けられるうえに、家族の人も対象です。

@@nifty光の「auセット割」は割引金額が最大1,000円で、auのスマホが2台以上あっても安くなる金額は高くなりません。

つまり、

  • auセット割よりも割引金額が高い
  • 家族でauのスマホを使っている

このどちらかに(もしくは両方)該当する場合、「auスマートバリュー」が受けられる光回線を契約したほうがいいわけです。

「auセット割」で受けられ割引金額が「auスマートバリュー」と変わりがなく、利用しているauのスマホが1台なら@@nifty光を選んでも問題ありません。

自分の状況をよく確認して、@@nifty光か他の光回線を選ぶのか考えましょう。

それぞれの評判や口コミ

@@niftyのWiMAXはキャッシュバック特典がないので、評判は今ひとつといった印象です。

申し込み後に後悔した人もいるので、勢いだけで契約するのはおすすめできません。

@@nifty光は通信速度が遅いという口コミが目立ちますが、接続方式を「iPv6」に切り替えておけばストレスを感じることはありません。

回線の品質には問題がないので、「auセット割」によるお得度に問題がないかが@@nifty光を契約するべきかのポイントになるでしょう。

まとめ

@@niftyのWiMAXはキャンペーンによる特典がないので、「auセット割」やキャッシュバックがある@@nifty光と比べると魅力的ではありません。

@@nifty光はお得度と通信速度の水準が高いので、契約して満足できる見込みがあります。

しかし、「auスマートバリュー」が受けられる光回線サービスと比べて見劣りしないかの確認は忘れないようにしてください。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-いろいろ比較

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.