WiMAXコラム

iPhone XとWiMAX2+との相性は?Wi-Fiルーターを選ぶ際の注意点

投稿日:

 

iPhoneは新しいモデルが出るたびに、対応する通信速度が速くなる傾向にあります。

特に、iPhoneの10周年モデルとして発売されたiPhone Xは、大幅に速度が向上されています。

そのため、iPhone Xの性能に見合ったインターネット回線が求められます。

そんな中、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは、iPhone Xと相性が良いのか疑問に思う人は少ないでしょう。

WiMAXの通信速度はとても優れているので、iPhone Xとの相性は良いと言えます。

しかし、WiMAXのモバイルWi-Fiルーター全てが、iPhone Xと相性が良いとは限りません。

そこで、ここではiPhone XとWiMAXの相性について詳しく解説します。

iPhone Xの性能を発揮できるインターネット回線を使いたい人は、参考にしてくださいね。

 iPhone XとWiMAXは相性が良いのか?

新しいiPhoneに買い換えるたびに、端末とインターネット回線の相性が気になる人は多いのではないでしょうか?

iPhoneが対応する通信速度はとても優れていて、新しいモデルになるたびに速度が向上されるイメージがありますよね。

ただ、端末の通信速度がどれだけ優れていても、インターネット回線がiPhoneの性能を引き出せるものでなければいけません

また、iPhoneの性能が引き出せないだけでなく、端末のバッテリーなどの負担を与えてしまう恐れもあります。

モバイルWi-Fiルーターと言えば通信速度が遅くなりやすく、スマートフォンへの負荷がかかりやすいイメージを持つ人が多いでしょう。

しかし、今のWiMAXが提供しているルーターは、iPhone Xの性能を発揮できるクオリティを持っています

 iPhone Xの最大通信速度

iPhoneは新しいモデルが出るたびに、対応の周波数帯が増える傾向にあります。

これは、iPhone Xも例外ではありません。

ただ、iPhoneは古い周波数帯にも対応し続けているので、必ず新しい企画のネット回線が必要というわけではありません。

3.5GHz帯に対応したことで速度が向上

2017年秋に発表されたiPhone Xは、LTEの周波数帯で新しい「3.5GHz」に対応しています。

これよって、状況さえ噛み合えば、最大で約800Mbpsの下り速度が利用できるようになりました。

必ず800Mbpsの回線が必要なわけではない

ただ、これは「iPhone Xでは最大800Mbps以上のインターネット回線が必要」というわけではありません。

iPhone Xは3.5GHz以外のあらゆる周波数帯にも対応しているので、800Mbpsを下回る通信速度の回線でもネットをすることができます。

ADSLなどの回線を利用するのは流石におすすめしませんが、最大で100Mbps以上の下り速度が出る回線であれば問題はないでしょう。

 WiMAXの最大通信速度

現在のWiMAXは、以前よりも通信速度が大きく向上しています。

また、今も通信速度は日々向上されているので、iPhone Xのクオリティを発揮するには十分なクオリティを持っていると言えるでしょう。

WiMAXの最大下り速度は440Mbps

現在のWiMAXは、最大で440Mbpsの下り速度を誇る高速ネット回線になっています。

なので、iPhone Xで快適にネットを使うには、十分な力を持っていると言えます。

また、440Mbpsに対応していないエリアでも、110Mbpsから220Mbpsの速度でネットをすることができます。

最大708Mbpsの高速回線も提供開始

さらに、WiMAXは一部のエリアで、最大下り速度が708Mbpsになるネット回線を展開しています。

この速度が利用できるエリアと機種は限られていますが、今後この速度が利用できることがスタンダードになるのは時間の問題でしょう。

 iPhone XをWiMAXで使うならルーターの種類に注意

WiMAXはiPhone Xの性能を発揮できるネット回線です。

しかし、WiMAXのモバイル Wi-Fiルーターであれば、どの機種を使ってもいいというわけではありません。

iPhone Xの性能をフルに発揮するためにも、見合ったクオリティを持っているモバイルWi-Fiルーターを選びましょう。

また、今使っているWiMAXのルーターが古い機種である場合は、新しいモデルに買い替えたほうがいいでしょう。

 iPhone XにおすすめのWiMAXルーター

最新機種のiPhone Xを使うときは、モバイルWi-Fiルーターも新しい機種である必要があります。

なので、WiMAXの中でも新しい機種である

  • Speed Wi-Fi NEXT W04
  • Speed Wi-Fi NEXT WX04

この2つなら、iPhone Xの性能を発揮してくれるはずです。

Speed Wi-Fi NEXT W04

Speed Wi-Fi NEXT W04は、格安スマホやタブレットで人気が高いHUAWEIが製造元のモバイルWi-Fiルーターです。

708Mbpsの下り速度に対応しているので、WiMAX2 +の端末の中では最も人気が部類に入ります。

また、「LTEオプション」でauのLTE回線も利用できるので、より広い場所でネットを使うことができます。

ただ、端末のサイズが大きく重量もある点がデメリットです。

Speed Wi-Fi NEXT WX04

WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは、HUAWEIとNECがメーカーとしての選択肢になります。

Speed Wi-Fi NEXT WX04は、NEC製の中でも最新の機種になっています。

今までのNEC製端末は、auのLTE回線が利用できない欠点がありました。

しかし、Speed Wi-Fi NEXT WX04は、NEC製の端末では初めてauのLTE回線に対応しています。

また、最大下り速度も440Mbpsになっているので、iPhone Xの力を十分発揮してくれるでしょう。

端末のサイズや重量もSpeed Wi-Fi NEXT W04より小さくなっているので、持ちやすさも優れています。

この2つのどちらかを選んでおけば問題はありません。

2つを比較した記事もあるので

Speed Wi-Fi NEXT WX04とW04を徹底比較!それぞれのメリットとデメリット

参考までに。

 まとめ

iPhone Xは、今まで以上に優れた通信速度に対応している機種です。

しかし、以前のモデルで利用していた通信速度にも対応しているので、必ず最新規格のネット回線が必要であるわけではありません。

そのため、iPhone XとWiMAXのモバイルWi-Fiルーターは、決して相性は悪くありません。

ただ、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターが古いモデルだと、iPhone Xのクオリティが発揮できません。

そのため、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターの中でも、新しい機種を使うことをおすすめします。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAXコラム
-,

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.