WiMAXコラム

ハワイでLINEを使う4つの方法!1番のおすすめはWi-Fiルーター!

投稿日:

ハワイと言えば、日本人にとって人気の観光地の一つ。

年末年始や夏休みに、ハワイ旅行をしようと思っている人は多いのではないでしょうか?

ハワイへ行くときの悩まの種になるのが、スマホの連絡ツールです。

ハワイでは日本で利用している携帯電話回線が利用できないので、電話やメールを使うことができず、LINEも例外ではありません。

しかし、LINEはネット回線を利用するので、ある方法を使うことでハワイでもいつも通り使うことができます。

ここでは、ハワイでLINEを使うための方法を全て解説します。ハワイ旅行を計画している人は、参考にしてくださいね。

ハワイでLINEが使えるのか?

LINEはメッセージだけでなく、音声通話が利用できる機能も搭載されています。

なので、日本の通話回線が利用できないハワイではLINEが利用できないと思いがちです。

しかし、LINEはネット回線があれば全ての機能を利用できるので、音声通話の回線が必要ありません。

ただ、ハワイで利用するネット回線を用意するには、様々な方法があります。

いろいろな方法の中で、最も自分が使いやすいと思ったものを活用しましょう。

ハワイでLINEを使う方法

LINEはネット回線さえあれば利用できるアプリなので、

  • キャリアの海外用パケットパックを利用する
  • 現地のFree Wi-Fiを利用する
  • 海外用のプリペイドSIMを利用する
  • 海外用Wi-Fiルーターのレンタルを利用する

この4つの方法のどれかを利用すれば、LINEで通話やメッセージを送ることができます。

キャリアの海外用パケットパックを利用する

ドコモなどの携帯電話キャリアは、手続きせずにハワイでもそのまま回線を利用することができます。

(厳密に言えば、海外で端末の設定をするだけで利用することができます)

ただ、1日あたり25MBまでが1,980円25MB以上使う場合は上限なしで2,980円の料金になり、他の方法と比べると金額が高めになっています。

ソフトバンクだけは「アメリカ放題」で従来のプラン通り利用できる

しかし、ソフトバンクでスマホを使っている場合は、

  • 6以降のiPhoneを利用している
  • 世界対応ケータイに加入している

この2つの条件を満たしてれば「アメリカ放題」が利用でき、日本と同じ条件でスマホを使うことができます

なお、ソフトバンクのMVNOでは利用できません。

現地のFree Wi-Fiを利用する

ハワイにも日本と同じように、飲食店をはじめとした施設に無料で利用できるWi-Fiスポットが設置されています。

また、「ハワイ Wi-Fiスポット」と検索すると、様々なサイトでハワイの中でWi-Fiスポットが設置されている場所を知ることができます。

ただ、LINEが利用できる場所がWi-Fiスポットに限られてしまう欠点があります。

海外用プリペイドSIMを利用する

日本国内とハワイでは、海外でネットを使うためのプリペイドSIMが販売されています。

プリペイドSIMは、スマホに差し込んで設定を行うだけで、ハワイでもLINEが使えるようになる優れものです。

また、日本国内のものであれば、空港だけでなく家電量販店やAmazonでも購入することができます。

海外用Wi-Fiルーターのレンタルを利用する

日本には、海外専用のモバイルWi-Fiルーターをレンタルしているサービスがあります。

モバイルWi-Fiルーターをレンタルすれば、スマホだけでなくタブレットでもLINEが使えるようになります。

しかし、持ち歩く端末が1台増えてしまうので、荷物を増やしたくない人におすすめできません。

Free Wi-Fiを使うメリットとデメリット

多くの人は、「LINEを使うだけなら、ハワイのWi-Fiスポットを使えばいいじゃん」と思うのではないでしょうか?

確かに、ハワイにいる間は日本にいるときと比べてスマホを触ることは少なくなります。

それに、Wi-Fiスポットだけを利用すれば無駄なお金を払う必要がありません。しかし、Wi-Fiスポットは国内外関わらず、大きなデメリットが存在します。

Wi-Fiスポットはセキュリティに不安がある

現地にあるWi-Fiスポットは、簡単な利用登録をするだけで無料でネットができる優れものです。

しかし、Wi-Fiスポットはパスワードなどによる暗号化がされていないので、同じ利用者から自分の情報を盗まれるリスクがあります

盗まれる情報は、SNSのパスワードからクレジットカードの情報まで多岐に渡ります。

これらの情報が盗まれてしまうと、自分のSNSアカウントが乗っ取られてしまったり、知らない間にクレジットカードが悪用されてしまうのです。

このような事例は決して珍しくなく、他人事とは言えません。なので、国内でもハワイでも、無料のWi-Fiスポットの利用はなるべく避けたほうがいいでしょう

海外用のプリペイドSIMの料金

海外用のプリペイドSIMは

  • 渡航先で購入できるもの
  • 国内で購入できるもの

の2種類があります。

渡航先で販売されているプリペイドSIMは、海外のサービス会社によるものなので、接続設定がわからいときなどに日本語でのサポートを受けることができません

なので、海外用のプリペイドSIMを使うなら、国内で購入できるものを選びましょう。

国内で販売されているものなら、日本の格安SIMサービスが提供しているので、日本語でサポートしてくれます。

海外用のプリペイドSIMを販売している格安サービスでは、

  • mineo
  • 楽天モバイル
  • IIJ

この3つが人気を集めています。

LINEを使うだけなら音声通話付きプランは必要ない

まず、海外用のプリペイドSIMを購入する前に、知って欲しい注意点があります。

それは「音声通話付きプラン」の必要性です。

海外用プリペイドSIMには、

  • 「データ通信専用プラン」
  • 「音声通話付きプラン」

の2種類があります。

冒頭でも触れましたが、LINEは音声通話ができるアプリですが音声通話の回線が必要ありません

ハワイで利用する連絡ツールをLINEだけにする場合は、音声通話付きプランを購入すると損をしてしまうのです。

また、海外用のプリペイドSIMを購入したからと言って、自分が持っている電話番号が使えるわけではありません。

「データ通信専用プラン」は、音声通話が付いていないので料金が安くなっています。

海外用プリペイドSIMを使うときは、基本的に「データ通信専用プラン」を選んだほうがいいと思ってください。

mineo

3,000円で購入することができ、30MBのデータ容量が付いています。

しかし、予め付いている30MBは、日本で設定する際のテスト通信でしか利用することができません

なので、渡航前にデータチャージをしておく必要があります。

データ容量は、以下の4つのパックを選択したチャージすることができます。

mineo 海外用プリペイドSIM パックプラン

30MB 100MB 500MB 1GB
650円 1,480円 5,480円 9,800円

楽天モバイル

3,000円で購入でき、30MBのデータ量が付いてきます。

この30MBは、日本での通信テストだけでなく、海外でも使うことができます

さらに、楽天モバイルは利用する地域別に向けたパックを用意しています。

ハワイは北アメリカに該当するので、LINEを使うことが多い人は「北アメリカパック」を購入するといいでしょう。

北アメリカパック料金表(データ通信のみ)

50MB 200MB 500MB
880円 2,040円 4,240円

IIJ海外トラベルSIM

IIJの海外用プリペイドSIMも、基本の販売料金は3,000円です。

しかし、予め付いているデータ容量がないので、利用するには別途データ量の追加購入が必要になります。

また、IIJの海外用SIMには、地域別のデータパックがありません。

なので、基本のデータパックを使ってチャージしなければいけません。

チャージ用のプランが2種類しかないので、他の海外用プリペイドSIMと比べると使い勝手の良さが劣ります。

IIJ海外トラベルSIM チャージ用プラン

100MB 500MB
800円 3,850円

海外用のWi-Fiルーターの料金

海外で使えるWi-Fiルーターのレンタルサービスは、

この2つが代表的です。

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスも、地域別に料金プランを設けています。

また、利用料金の見てみると、プリペイドSIMよりも安く感じます。

イモトのWi-Fi

モバイルWi-Fiルーターのレンタルは、1日ずつ料金が発生する仕組みになっています。

テレビCMで有名になった「イモトのWi-Fi」は、ハワイで使う場合

  • 1日あたら500MBまで使えるプラン
  • 1日あたり1GBまで使えるプラン

の2つを用意しています。

イモトのWi-Fi ハワイ用料金プラン

1日あたり500MBまで 1日あたり1GBまで
1,580円 1,880円

プリペイドSIMで500MBを使うには3,000円から5,000円程の料金がかかるので、イモトのWi-Fiのほうが料金が安く感じますね。

しかし、1日で決められたデータ量を使い切らなかった場合、何だか損をしたような気分になるデメリットがあります。(精神衛生面での問題ですが…)

グローバルWiFi

グローバルWiFiも、基本はイモトのWi-Fiと仕組みが同じです。

ただ、選択できる料金プランが3つになっているうえに、イモトのWi-Fiよりも少し料金が低めになっています。

グローバルWiFi ハワイ用プラン

1日250MBまで 1日500MBまで 1日1GBまで
970円 1,270円 1,470円

 

ハワイでLINEを使うならどの方法がおすすめ?

ハワイでLINEを使うための方法はいろいろありますが、一番ベストなのはソフトバンクのiPhoneを持つことです。

ソフトバンクのiPhoneを持っていれば、ハワイでも日本と同じ条件でネットを使うことができます。

しかし、全ての人がソフトバンクのiPhoneを使っているわけではありませんよね?

ソフトバンクのiPhoneを持っていない場合は、海外用プリペイドSIMかモバイルWi-Fiルーターレンタルのどちらかを利用することになります。

料金的には、モバイルWi-Fiルーターのレンタルが一番お得だと言えるでしょう。

まとめ

ハワイでLINEを使う方法は

この2つのどちらかがおすすめです。

プリペイドSIMはスマホに差し込むだけで利用できるので、荷物が増えません。

しかし、モバイルWi-Fiルーターのレンタルと比べて料金が高くなっています。

モバイルWi-Fiルーターのレンタルは、持ち歩く端末が1台増えるデメリットがありますが、プリペイドSIMよりも料金が安くなっています。

機能性か料金面のどちらを重視したいかを考えて、自分に見合ったサービスを選びましょう。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAXコラム

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.