WiMAX プロバイダ一覧 他の通信と比較

ドコモのポケットWi-Fiはお得ではない!メリット・デメリットから検証。

投稿日:

この記事のタイトルとみて

「え?ドコモってポケットWi-Fiもやってるの?」

って思いませんでしたか?

確かに、auやソフトバンクなどのポケットWi-Fiに比べてドコモのポケットWi-Fiは人気がありません。

でも、ドコモにもちゃんとポケットWi-Fiがあるんですよ。

簡単に説明すると、通信エリアが最も広く、スペックも高い反面、月額料金も高い、それがドコモのポケットWi-Fiです。

ブランドとしての信頼性を重視するなら断然ドコモですが、あまり通信料金が高いと引いちゃいますよね。

それに、ドコモの料金プランは他社のポケットWi-Fiと比べてちょっとややこしいです。

そこで、この記事ではそんなドコモで提供しているポケットWi-Fiの特徴やメリット・デメリットなどを紹介していきます!

ドコモのポケットWi-Fiを検討している人は参考にして下さい。

ドコモのポケットWi-Fiの特徴

ドコモのポケットWi-Fiは、他社のポケットWi-Fiとは大きく異なった特徴があります。

それは、「スマホとポケットWi-Fiのデータを共有できる」ということです。

これはドコモのポケットWi-Fiのメリットでもありデメリットにもなっています。

さらにいえば、この「データ共有」をいかしたいならドコモのポケットWi-Fiを使うのも良いですが、もしデータ共有を使わないのなら他社のポケットWi-Fiの方がおすすめです。

後ほど詳しく紹介しますが、WiMAX2+はかなりおすすめです。

さらに詳しく、ドコモのポケットWi-Fiのメリットとデメリットを比較していきましょう。

ドコモのポケットWi-Fiのメリット

携帯電話の黎明期から業界を引っ張ってきたNTTドコモ。

ドコモ、といえばまず何を思い浮かべるでしょうか? 

ドコモのケータイやスマホとほぼ同じメリットがポケットWi-Fiにもあります。

  • とにかく通信エリアが広い
  • 端末のスペックが高い
  • ドコモのスマホとセットだとお得!

このあたりが主なメリットです。

とにかく通信エリアが広い

ケータイやスマホと同様、ポケットWi-Fiにおいてもドコモは日本全国に通信網を張り巡らせています。

この辺は、やはり国内ナンバーワン、NTT傘下の通信事業だけあります。

離島や山間部でも電波がつながりやすいのは大きなメリットです。

ドコモしかつながらない地域もあるため、その地域の人がポケットWi-Fiをほしかったらドコモしか選択肢がないでしょう。

ただし、必要な時だけドコモのポケットWi-Fiをレンタルして、他のもっと安いポケットWi-Fiの電波が届くようになるまで待つこともできます。

いったん契約すると解約金がかかりますので、契約は慎重に。

端末のスペックが高い

端末のスペックに関しては、申し分ありません。

ドコモのWi-Fiルーターは「Wi-Fi station」の愛称で親しまれています。

2017年3月に発売された、最新の「Wi-Fi station N-01J」は、なんと脅威の788Mbpsというモバイル端末としては最速クラスの通信が可能です。

また、「つながる」「たすかる」「ホッとする」のIoT周辺機器にも対応しているので安心感は高いです。

ドコモのスマホとセットだとお得!

「2台目プラス」を利用することで、ドコモのスマホとセットでポケットWi-Fiも契約するとお得です。

「シェアオプション」として別途月額500円が必要になりますが、それにより家族とデータパケットの共用が可能になります。

逆に、この「2台目プラス」によるデータ共用を使わないなら、ドコモ以外のポケットWi-Fiを検討すべきともいえますが。

ドコモのポケットWi-Fiのデメリット

では、次にドコモのポケットWi-Fiのデメリットですが、

  • 通信費が高すぎる

この一言に尽きます。

後ほど詳しく月額料金体系については具体的な金額を上げて比較しますが、他社の料金プランと比べても軽く2倍以上はする可能性が高いです。

メリットのところであげた「2台目プラス」を活用することで安くポケットWi-Fiを契約することもできますが、ドコモのスマホに契約していることが条件になります。

さらに、パケットがスマホと共用なので、調子に乗ってデータを使いすぎるとたいへんなことになってしまいます。

ドコモと他社のポケットWi-Fi料金設定比較

ドコモのポケットWi-Fi最大のデメリットは料金の高さですが、では他の会社とどのぐらい違うのでしょうか?

ドコモのポケットWi-Fiで「標準」となっている「データMパック」は月間5GBまで使うことが出来ますが、この場合の月額料金は6,400円です。だいたいスマホを契約した時と同じぐらいの料金です。

一方で他社のポケットWi-Fiはどうでしょう?

auのポケットWi-Fiは、プロバイダによって月額料金が異なるのですが、

auのポケットWi-Fiのメリット・デメリット。お得にゲットする方法

携帯電話やスマホは、すでにだれでも契約できる時代になっていますね。 中でもauは、ドコモやソフトバンクと並ぶ大手キャリアの一つで、全国に3,000以上ものauショップを展開しています。 そして、auシ ...

一番高額の「UQ Flatツープラス ギガ放題」の場合でも月額料金は4,380円と、ドコモの3分の2ぐらいの料金です。

しかも実質使い放題なので、月額料金以上のお得感があります。

ソフトバンク系列のY!mobileのPocket WiFiプラン2 ライトになるとさらにその差は歴然です。

ソフトバンク製ポケットWi-Fのメリットとデメリット。本当に安いのか検証!

巷で「安い」とうわさのソフトバンク製のポケットWi-Fi。 実際のところは本当に安いか気になっている人も多いハズ。 また、いくら月額基本料や通信料が安くても、つながりにくいのであれば損ですよね。 そこ ...

なんと、月間5GBまで通信出来て月額費用は2,480円です。ドコモの約5分の2ですね。

なぜここまで料金の格差ができているのでしょうか?

それには、ややこしいドコモの料金システムが関係しています。

ドコモ ポケットWi-Fiの月額料金

まずは、ドコモのポケットWi-Fiの月額料金の仕組みを簡単に紹介します。

以下の3つの料金をプラスしたものが月額料金です。

  • 基本プラン  
  • インターネット接続サービス
  • パケットパック

まず基本プランは、「データプラン」をつかいます。

これは、月額1,200円です。

次にインターネット接続サービスは「moperaシンプルプラン」を使い、月額200円になります。

一番金額が大きいのが「パケットパック」です。

これには

  • 2GB
  • 5GB
  • 20GB
  • 30GB

の4タイプがあります。

WiMAX2+のような無制限プランはありません。

この4タイプの料金は

  月額定額料 パケット繰り越し ずっとドコモ割(15年以上)
ウルトラデータLLパック(30GB) 8,000円 可能 800円割引
ウルトラデータLパック(20GB) 6,000円  可能  800円割引 
データMパック(標準)(5GB) 5,000円 可能 800円割引
データSパック(小容量)(2GB) 3,500円 不可 600円割引

金額は月額3,500円~8,000円かかります。

1番安くても3,500円ほどかかるので、正直かなり高いです。

月額料金が高い理由

なぜドコモのポケットWi-Fiは月額料金が高いか? ここまで見て、なんとなくわかった方もいらっしゃるかもしれません。

ドコモなどでスマホを契約した時に、店員から同じような説明を受けたのなら、それを思いだしてみてください。。

そうです。その理由はドコモのポケットWi-Fi(だけ)がスマホなどと同じ月額料金の計算方法を使っているからです。

なんでドコモだけ?って思いますが、その理由はよくわかりません。

なので、よほどのことがない限りは当サイトではドコモのポケットWi-Fiはおすすめしません。

ドコモ以外の ポケットWi-Fiの月額料金

ドコモのポケットWi-Fiに比べて、他社のポケットWi-Fiはシンプルな料金体系で、しかもお得になっています。

まずauのポケットWi-Fiです。

UQWiMAXというKDDI系列の会社が提供するauのポケットWi-Fiは、シンプルに2通りの料金体系です。

  データ容量 月額基本料
UQ Flatツープラス ギガ放題 無制限(3日で10GBまで) 4,380円 
UQ Flatツープラス 7GB 3,696円

実質無制限にデータを使える「UQ Flatツープラス ギガ放題」の月額4,380円は、月に2GBしか使えないドコモポケットWi-FiのデータSパックの5,400円より安いという驚きの結果です。

次に、ソフトバンク系列のY!mobileです。

  データ容量  月額基本料
Pocket WiFiプラン2 7GB 3,696円
Pocket WiFiプラン2 ライト 5GB  2,480円 
Pocket WiFiプランL 7GB  4,380円

※Pocket WiFiプランLは高速通信が可能

最大データ容量はやや少なめですが、通信料金を抑えたいなら適していますね。

ドコモのスマホユーザーなら「2台目プラス」がお得

それでもどうしてもドコモのポケットWi-Fiを使いたい!という人のために、どうすればいかにお得にすることができるのか調べてみました。

この割高感満載のドコモのポケットWi-Fiですが、それが割安と感じられる唯一の方法が「2台目プラス」を利用することです。

シェアオプションとして月額500円がかかりますが、これによりスマホとポケットWi-Fiでパケットの共有が出来ます。

さらに、家族とのデータ共用も可能です。

月額1,900円(1,200円+200円+500円)でドコモのポケットWi-Fiが使えるので、それだけみればY!mobileよりも割安ともいえるかもしれません。

ただし、スマホ料金はこれまで通りかかりますので

スマホ代金+1,900円

つまり1万円前後の月額料金をドコモに支払わなければなりません。

また、たとえば20GBプランの場合、スマホで10GB、ポケットWi-Fiで10GB使ってしまったら、もうそれ以上はその月は速度制限がかかった極端に遅い通信(128kbps)しか出来ません。

動画や音楽などをポケットWi-Fiで楽しみすぎて、いざスマホでLineやメールをしようと思ったら全然つながらない、ということでクレームの元にもなっています。

 

ドコモよりお得なポケットWi-FiはやはりWiMAX2+

ドコモと他社のポケットWi-Fiを料金面やパケットなどから比較しましたが、一番おすすめなのは、auのポケットWi-FiであるWiMAX2+です

特に、(格安SIMではない)ドコモのスマホをもっているとか、家族とパケットを共用したいという事情や、ドコモの電波しか届かない地域に住んでいる方でない限りはWiMAX2+で決まりです。

「Y!mobileの方が安いんじゃない?」という疑問もあるかもしれません。

確かにY!mobileは安いですが、月に7GBまでしか使えません

せっかく高速通信ができて、YouTubeとかがたっぷり使えるポケットWi-Fiを手に入れたのに、月に7GBで満足できるでしょうか?

それよりは、ほぼ無制限といってもいいWiMAX2+(ギガ放題プラン)が良いのではないでしょうか?

一度契約してしまうと、2年間以内の解約で違約金を払わなければいけませんので、どうせなら最初からハイスペックなプランに契約したほうがいいですよね。

「でも、やっぱりWiMAX2+はちょっと高いなぁ」 そう思うかもしれません。

でも、「UQWiMAX」以外にももっと安くauのポケットWi-Fiを手に入れる方法があって知っていましたか?

それが、他のプロバイダで契約することです。

WiMAX2+に安く加入する方法

以下に挙げるように、au以外のプロバイダで契約することで、月額料金が安かったりキャッシュバックをたくさんもらえるなど、お得なキャンペーンがたくさん行われています。

インターネットから契約できる、お得なプロバイダ一覧をあげておきますね。

  キャッシュバック 月額基本料
BroadWiMAX2+ 18,857円 2,726円~
GMOとくとくBB wimax2+ 31,000円 3,609円~
So-net 20,000円 1,480円~ 注)
BIGLOBE WiMAX2+ タブレット無料または月額料金大幅割引 3,695円~
DTI WiMAX 2+  29,000円 3,500円
@@nifty WiMAX 20,000円 4,350円~ 注2)

注)So-netは、キャッシュバック20,000円か月額基本料1,480円のどちらかを選択

注2)@@nifty WiMAXの月額基本料は3ヶ月無料

詳しくはこちらでも解説しているので、WiMAX2+を検討していて、できるだけお得に契約したい人は見てみてください。

WiMAXのプロバイダ別お得なキャンペーンを解説!失敗しない選び方

  インターネットが使いたい放題のWiMAXは、あらゆるプロバイダが選択できます。 「どこのプロバイダを選んでも同じじゃないの?」と思う人は多いのではないでしょうか? 実は、契約するプロバイ ...

WiMAXのプロバイダとは何?選ぶ際のポイントを教えます!

モバイルWi-Fiルーターを提供するサービスの中で、使い勝手が良いと言われるWiMAX。 場所を選ばずにネットが使い放題になるメリットが魅力的ですよね。 WiMAXは、UQ WiMAXやauショップな ...

どうしてもドコモのポケットWi-Fiを使いたいならレンタルで

WiMAX2+など、よりお得なポケットWi-Fiを紹介しましたが、でもドコモの電波しかつながらない地域に住んでいたり、ドコモブランドにこだわりがあって迷っている人もいるでしょう。

その場合、ドコモのポケットWi-Fiが本当に便利かどうか、試す意味でレンタルしてはどうでしょう?

普段はあまり使わないけど出張などで必要、というときなどにもレンタルは便利ですよ!

インターネットからレンタル予約できる会社を2つ掲載します。

 

ドコモのポケットWi-Fiを解約する際の注意点

ドコモのポケットWi-Fiも、他の会社のポケットWi-Fiと同じく「2年縛り」があります。

2年以内に解約したら違約金を支払わないといけないという、あの縛りです。

解約金は9,500円で、他のキャリアも大体同じです。

解約金を払いたくなければ、ポケットWi-Fiを2年(または3年の場合もあり)使い続けなければなりません。

ただ、たとえばウルトラパックでドコモのポケットWi-Fiを契約した場合にも解約金とほぼ同じぐらいの月額料金を払うことになりますので、それなら早いうちに解約したほうがお得ともいえます。

まとめ

結論として、すでにドコモのスマホを契約している人でない限り、ドコモのポケットWi-Fiはおすすめしません。

ほぼ使い放題で月額料金も安く抑えられるWiMAX2+の方がおすすめです。

どうしても使いたければ、いきなり契約するのではなくレンタルしたほうがいいかと。

毎月かかる金額ですから、テキトーに選んで後悔しないようにしてくださいね。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAX プロバイダ一覧, 他の通信と比較
-, , , ,

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.