格安SIM

【目的別】ドコモ回線の格安SIMでおすすめはこれ!人気10社を比較

投稿日:

現在ドコモのスマホを利用している方の中には

携帯料金を安くしたいから、格安SIMに乗り換えたい

種類が多すぎてどこを選べばいいかわからない

この格安SIMはどんな特徴があってどんな人おすすめなんだろうか

など、ドコモ回線の格安SIMの契約をしたいけど不安がある方も多いのではないでしょうか?

選ぶときは値段と自分の普段のスマホの使い方の中で一番多いものに合わせるのがおすすめですが、自分ですべて調べるは大変ですよね。

そこで、この記事ではドコモ回線の格安SIMに絞り、それぞれの格安SIMの特徴と使い方に合わせたおすすめの格安SIMについてまとめています。

ドコモのスマホを利用していて格安SIMに乗り換えたい方の参考になれば幸いです。

ドコモ回線を使った格安SIMの3つメリット

本題にはいる前になぜ、ドコモユーザーには何故ドコモ系の格安SIMがおすすめなのかメリットの部分を紹介します。

ドコモ回線の格安SIMを使用するメリットはこの3つです

  • ドコモのスマホがそのまま使えること
  •  MVNOが多いので種類が選べる
  • デザリングがほとんどのスマホで使える

ドコモのスマホが使える

なんといっても最大のポイントは現在使っているdocomo(ドコモ)のスマホがSIMロック解除なしで使えるということです。

通常はいま使っているスマホをキャリアに持っていってSIMロック解除をしてもらわないといけません。

しかし、ドコモ回線の格安SIMを利用するならドコモのスマホを使っている場合はその手間とお金がいりません。

格安SIMを契約したらすぐに使いはじめることができます。

インターネットで契約した場合は、自分でSIMを取り変えればすぐに使えるようになるのでとても楽です。

格安SIMの会社が多いので種類が選べる

もう1つのポイントがdocomo(ドコモの)回線を使っている格安SIMの会社(MVNO)が多いということです。

auやソフトバンクに比べて、多くのMVNOがあるので、たくさんの選択肢があります。

よくCMなどで耳にするLINEモバイルも楽天モバイルもdocomo(ドコモ)回線をつかっています。

docomo(ドコモ)のスマホじゃない人も自分にあったMVNOがあれば、SIMロック解除やSIMフリーのスマホに変えるのもありですよ。

テザリングがほとんど使える

パソコンを外で使うときにインターネット接続するためにデザリングを使う方も多いのでは?

au回線を使った格安SIMではAndroidのスマホのみ、SoftBank回線を使った格安SIMでは一部のスマホだけしか使えません。

しかし、docomo(ドコモ)回線を使った格安SIMではほとんどのスマホで使うことができます

ただし古い機種の場合は使えないことがあるので、契約するまえに確認をするようにしましょう。

ドコモ回線の格安SIMで人気10社の価格を比較

今回は月額プランのデータ容量別に比較していきます。

日割りのプランやプランによって値段が変わるものもありますが、シンプルな月額プランを選ぶのがおすすめです。

データ通信のみ

モバイルルーターやタブレットを使う人の多くが使うデータ通信プラン。

500MB〜50GBまでと幅広いデータ容量があります。

  mineo IIj mio イオンモバイル BIGLOBモバイル OCNモバイル one 楽天モバイル DMM mobile NfMo エキサイトモバイル DTI
500MB 1400円 1130円
1GB 1280円 1400円 1260円 670円 600円
2GB 1380円 1380円 770円
3GB 1600円 1600円 1600円 1800円 1600円 1500円 1600円 900円 840円
4GB 1580円 1170円
5GB 2150円 1910円 1220円
6GB 2280円 2200円 1980円 2150円 2150円
7GB 2560円 230円
8GB 2680円 2680円
9GB 2250円
10GB 3220円 3000円 2960円 2890円 2100円
12GB 3260円 3280円 3400円
13GB 3500円
15GB 3980円
20GB 4680円 4680円 5200円 4850円 4750円 4680円 3980円
30GB 6600円 6080円 7450円 6750円 6150円 5980円
40GB 7980円 7980円
50GB 10800円 10180円

イオンモバイルはデータプランが豊富で、最安級の値段です。

ただ、1GBに特化sるうならエキサイトモバイルやDTIがかなり安いです。

音声通信あり

こちらは通話もできるタイプのSIMを比較したものがこちらです。

  mineo IIj mio イオンモバイル BIGLOBモバイル OCNモバイル one 楽天モバイル DMM mobile NfMo エキサイトモバイル DTI
500MB 700円
1GB 480円 480円 670円 1200円
2GB 780円 770円 770円
3GB 900円 900円 900円 1100円 900円 850円 1600円 900円 1490円
4GB 980円 1170円
5GB 1450円 1210円 1920円
6GB 1580円 1520円 1480円 1450円 1450円
7GB 1860円 2300円
8GB 1980円 1980円
9GB 2250円
10GB 2520円 2300円 2260円 2190円 2800円
12GB 2560円 2680円 2700円
13GB 3500円
15GB 3280円
20GB 3980円 3980円 4500円 4150円 4050円 3980円 3980円
30GB 5900円 5380円 6750円 6050円 5450円 5980円
40GB 7480円 7980円
50GB 10300円 10180円

通話が多い人は定額制の通話オプションをつける方がお得なので、定額制のオプションの値段も契約の際には確認するようにしましょう。

基本の料金が安くても、オプションを足したら高くなるとこともありますからね。

【厳選】ドコモ回線の使用のおすすめ格安SIM6選

上記の価格や現在のプランの豊富さ、人気などを参考に搭載とで特におすすめのドコモ回線の格安SIMと紹介できるのはこの6つ。

  • mineo(マイネオ)
  • LINEモバイル
  • IIJmio(アイアイジェイミオ)
  • イオンモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • ocnモバイル one

それぞれの強みや特徴はこちらです。

mineo(マイネオ)の特徴

もともとはau回線のみの提供していましたが、docomom(ドコモ)回線のプランやソフトバンク回線への展開もはじめました。

データプランの豊富さが特徴的な格安SIMです。

また、通話定額プランが3つあるので、通話をよくする人にもおすすめの格安SIMです。

データプランが7つ

500MG〜30GBとデータプランが7つあるのが特徴です。

種類が多すぎず、少なすぎずちょうどいい数で

  • あまりインターネットは見ない
  • 動画やゲームを長時間している

など、自分のライフスタイルに合わせたプランが選べます。

かけ放題プランが豊富

もう1つの特徴に通話のかけ放題プランが3つあることがあります。

  • mineoでんわ10分かけ放題
  • 通話定額30
  • 通話定額60

mineoでんわ10分かけ放題はmineoが用意する専用の電話アプリ「mineoでんわ」を使って電話をします。

プレフィックス方式とは

アプリを使うところがピンと来た人もいると思いますが、プレフィックス方式のサービスです。

プレフィックス方式とは、相手先の電話番号の先頭に特定の数字をつけて発信することで通常の電話回線から中継電話に切り替えて、通話料金を安くしています。

場合によっては通常の電話回線よりも通話品質が落ちるかもしれないというデメリットがあります。

通話定額30は月額840円で月に30分まで定額で通話でき、通話定額60は月額1680円で月に60分まで定額で通話できるサービスです。

こちらの場合は通常の電話回線をつかうので通話品質の問題はありません

LINEモバイル

コミュニケーションアプリの「LINE」が販売する格安SIM「LINEモバイル」。

LINEやTwitterなどのSNSを通信料を気にすることなく使えるプランもあります。

また、1GBでLINEだけが通信量を気にしなくても使えるプランは、はじめてスマホを始める人にもおすすのプランです。

通信制限を気にしなくてSNSが使い放題

一番の特徴はSNSカウントフリー。

LINEモバイルではコミュニケーションフリープラン以上であればTwitterやInstagramなどのSNSのデータ容量を気にしなくて楽しめます

「コミュにケーションフリープラン」は1100円〜となっています。

チャットも電話もLINEをメインで使う人やよくSNSをよく見る人にはおすすめです。 

3種類のシンプルプランでわかりやすい

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

の3つのプランだけとなっていてわかりやすい設計プランです。

LINEフリープランは1GBのみですが、その他のプランはデータ容量は3GB、5GB、7GB、10GBと4つの中から選ぶことができます。

IIJmio(アイアイジェイミオ)の特徴

インターネットプロバイダーとして20年以上の老舗のIIJの格安SIMブランド。

格安SIMアワード2015・2016年と2年連続で総合満足度優秀賞に輝くなど、たくさんの方から人気を集めているMVNOです。

専用の通話アプリ「みおふぉんダイヤ」を使えば通話料金が半額になります。

また、3分と10分の定額通話オプションもありますよ。

シンプルなプラン

3GB・6GB・12GBの3プランというシンプル設計。

シンプル過ぎると思われますが、多くの格安SIMが設定しているデータプランで人気があるプランのに厳選しているだけです

はじめての格安SIMでのどの通信量を選んでいいのかわからない人でも選びやすくなっています。

メールチェックがメインで動画をみないのであれば3GBプラン、動画もネットもよく使うなら12GBプランのように選ぶのがおすすめです。

家族でお得

12GBのプランはファミリープランとなっていて、家族で通信量をシェアすることが可能。

契約時に無料でデータ専用SIMを2つ足すことができます。

データ専用SIMを3枚の場合は2,700円で9GBですが、ファミリープランの場合は2,560円で12GB使うことができるのお得です。

また、4枚目以降のSIMは400円で追加でき、最大10枚まで追加することができます。

家族で格安SIMに乗り換えるときはおすすめです。

イオンモバイルの特徴

2017年オリコン顧客満足度調査 格安スマホ1位を受賞したイオンモバイル。

  • 音声SIMプラン
  • データSIMプラン
  • シェアプラン

の3つのプランがあり、細かなデータ容量が設定されているのが特徴です。

豊富なプランと安い料金

500MG〜50GBのデータプランが細かく11種類も設定してあり、自分のご利用スタイルにあわせて選ぶことができます。

40GBや50GBはほかの格安SIMにはないめずらしいデータ容量です。

また、料金もドコモ回線の格安SIMの中では最安級の価格となっています。

全国のイオン200店舗以上で契約できるので直接お店の人と会って、最適なプランを契約したい初心者におすすめです。

イオンモバイル無料貸し出しサービス

イオンモバイルでは20歳以上の方限定に1週間の無料貸出サービスを行っています。

これがあれば初めて格安SIMを利用する方も安心して試すことが可能。

もし、通信速度に満足できないのであれば契約を見送ればいいですし、そこまで苦に感じないのであればそのまま契約することもできます。

いずれにせよ、使ってみないとわからないというのは格安SIMなのでこのサービスは嬉しい特徴の1つですよ。

BIGLOBEモバイルの特徴

インターネットプロバイダーとしておなじみのBIGLOBが提供する格安SIM「BIGLOBモバイル」。

中容量のプランとして月5GBはよくみますが、BILOBEモバイルの場合は月6GBとちょっとだけ大きいのが特徴。

データ容量が月6GBでもほかの格安SIMの月5GBとほぼ変わらない料金になっているのでお得です。

動画の見放題がある

なんといってもBILOBEモバイルの1番の魅力はYouTubeがデータ通信容量を気にせずに楽しめるカウントフリーオプション「エンタメフリー・オプション」

3GB以上のプランを契約している人を対象に音声通話SIMを利用している人は月480円、データSIMを利用している人は月980円で追加できるオプションです。

YouTubeのほかにもAbemaTV、Spotify、Apple Musicなど対象の動画や音楽アプリをデータ通信量の制限なく楽しめます。

動画はデータ通信を多くつかうので、通信制限に悩まされている方に人気のオプションです。

Wi-Fiが使える

6GB以上のプランを契約してると「BIGLOBE Wi-Fi」を1ライセンス使うことができます。

「BIGLOBE Wi-Fi」は全国83000箇所にアクセスポイントがあり、カフェやコンビニエンスストア、鉄道主要駅、空港、商業施設などで使うことができます。

パソコンにもつなげるので、外で作業するときは便利なオプションですよ。

OCN モバイル ONEの特徴

NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMで、通信の安定性や速度にも定評があります。

ミュージックオプションというカウントフリーオプションがはじまったのも魅力のひとつです。

NTTコミュニケーションズによる信頼のある格安SIM

日本を代表する通信事業者であるNTTグループであるNTTコミュニケーションズによる純正格安SIMで、通信の安定性にも定評がある人気の格安SIMです。

NTTと聞くとなにかと安心感を感じる人も多いんじゃないんでしょうか。

ミュージックプランがはじまった

2018年8月にはじまったばかりのカウントフリーオプション。

SpotifyやAWAなどの音楽サービスが通信量を気にすることなく楽しむことができます。

現在は追加料なしで誰でもMUSICカウントフリーが使えますよ。

【目的別】ドコモ回線の格安SIMでおすすめはこれ

ここまで、格安SIMを6つピックアップして特徴を紹介してきました。

でも、どれが自分に合うのかよくわからない人もいると思います。

そんな人は、スマホを普段どんなことに使っているのか考えるのがおすすめです。

たとえば、よく通話をしていていたり、インターネットはよく見ていたりとそれぞれだと思います。

最後に使う目的に合わせておすすめの格安SIMを紹介していきます。

LINEやSNSをよく使うなら『LINEモバイル』

連絡をとるのはLINEがメインというも人も多いのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのがLINEモバイルのカウントフリーオプション

先ほど書いたがLINEはどのプランでもデータ通信容量を気にしなくて楽しめます。

また、TwitterやInstagramなどのSNSもデータ容量を気にすることなく楽しめるプランもあります。

「SNSの使いすぎで通信制限が来てしまった」ということもなくなるのでおすすめです。

Youtubeをよく見るなら『BIGLOBEモバイル』

Youtubeを見すぎて通信制限がかかってしまった。

という人も多いではないでしょうか?

動画は1時間30分で1GBを使ってしまいます。

毎日、見ていたらデータ容量がいくらあっても足りませんよね。

そんな動画をデータ容量を気にしなくて楽しめる、BIGLOBEモバイルの「エンタメフリーオプション」はおすすめです。

Youtubeをよく見る人はBIGLOBEを選んでみてはどうでしょうか。

音楽をよく聞くなら『OCN モバイル ONE』

通勤や通学のときに音楽を聴く人多いですよね。

そんな人におすすめなのがOCN モバイル ONEの「ミュージックフリープラン」。

データ通信容量気にしなくて音楽を楽しむことができます。

そして、先に書きましたが、追加料金がないのも1つのポイントです。

LINEモバイルにもミュージックフリープランがありますが、LINE MUSICのみの対応となっているのでミュージックを聞くならOCN モバイル ONEがおすすめです。

楽天ポイントを貯めなら『楽天モバイル』

楽天ポイントってネットショップでもコンビニでもたまりますよね。

よくためているといる人もいるんじゃないでしょうか。

そんな楽天スーパーポイントをためている人には「楽天モバイル」がおすすめです。

月額料金の支払い100円につき楽天スーパーポイントが1ポイントがたまります。

たまったポイントは月額料金の支払いに使えたり、楽天市場で使うことができます

格安SIMはポイントがたまらないところが多いので、ポイントがあるとお得感が増しますよね。

楽天スーパーポイントがためている人は「楽天モバイル」を候補の1つに入れることをおすすめします。

家族で通話を利用するなら『IIJmio(アイアイジェイミオ)』

IIjmioはファミリーシェアプランがあるということを書きましたがもう1つ、家族で使う人におすすめなことがあります。

それはファミリー間の通話が20%OFFになるという「ファミリー電話割引」です。

専用アプリを使わずにこの割引はつかえます。

合わせて「みおふぉんアプリ」をつかうと、50%OFFになるのでもっとお得になります

老舗ブランドとしての安心感もあるので、家族で格安simに乗り換えるのにおすすめです。

データ容量を無駄なく使うなら『イオンモバイル』

「イオンモバイル」はデータ容量は無駄なく使う人におすすめです。

先に書いたデータ通信容量の繰り越しができますが、もう1つデータ容量を無駄なく使う方法があります。

それは、高速通信と低速通信の切り替えが簡単にできることです

イオンモバイルはアプリで簡単に切り替えることができます。

通常は高速通信が使われていて、契約しているプランのデータ容量を消費しています。

これを高速から低速に切り替えると消費を押さえることが可能です。

メールなどのテキストが多いものを見るときに低速にするとデータ通信容量を無駄なく使えます。

ただし、毎月データ通信容量を繰り越しているときは、プランの見直しが必要です。

通話をよく使うなら『mineo』

格安SIMは通話料金が高いというイメージが強いですよね。

現在のスマホの使い方でもそんなに電話してないけど不安というはmineoの「定額10分サービス」がおすすめです。

他にもmineoは通話定額プランを用意しています。

それが月に30分かけ放題の「定額30」と月に60分かけ放題の「定額60」です。

1回の電話あたり何分というのは多いのですが、月に何分というのはありません。

1回あたりの通話時間がバラバラでもプラン内の時間だったら無料になるのでおすすめです。

まとめ

docomo(ドコモ)回線の格安SIMは多いので自分に合わせやすいです。

このなかで自分の使いにあったものをみつけて見てください。

動画見るから「BLIGLOBEモバイル」、電話が多いから「mineo」みたな感じで選ぶのがおすすめです。

定期的にキャンペーンを実施しているので、早めに格安SIMをきめておいて、キャンペーンで契約するのがお得に契約するコツですよ。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-格安SIM

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.