光回線

ドコモ光の料金や口コミは?お得なプロバイダやキャンペーン情報

投稿日:

インターネット回線を契約するときは、できるだけ料金が安いサービスを選びたいと思いますよね?

そこで最近人気のインターネット回線がNTTドコモから提供されている「ドコモ光」です。

ドコモ光はドコモのスマホ代が安くなるセット割引なので、ドコモユーザーにとってベストなインターネット回線の1つ。

ただ、契約してから思わぬトラブルに遭ってしまう恐れもあるので、デメリットも把握しておくとことで本当に自分にあっているかを知ることができます。

この記事では、そんなドコモ光のメリットとデメリットを紹介し、他社と比べて良いサービスなのか解説します。

契約するインターネット回線選びで悩んでいる人は、参考にしてくださいね。

【2018年8月】ドコモ光独自のお得なキャンペーン

まずは気になるドコモ光の独自のキャンペーン情報です。

2018年8月時点でドコモ光同時で行っているキャンペーンは

  • 新規工事費用無料(2018年9月30日まで)
  • 最大10,000円分のdポイント進呈(期間は未定)

この2つです。

新規工事費用無料

通常、移転前がフレッツ光の場合は工事は不要なのでこの工事はかかりません。

しかし、ドコモ光を新規で申し込みする場合は工事費用が戸建てでもマンションの場合でもそれぞれ費用が発生してしまいます。

金額については、下記で詳しく解説しますが、

  • 戸建て:18,000円
  • マンション:15,000円

最大18,000円の工事費用です。

それがドコモ光では2018年9月30日までの申し込みであれば、この工事費用が無料になるキャンペーンを実施しています。

18,000円を抑えることができるってかなりの節約ですよね。

最大10,000円分のdポイント進呈

また、ドコモ光に新規申し込みの方で様々なところで使えるdポイントが10,000円分のdポイント

フレッツ光や提携CATV(インターネット)からきりかえの転用の場合でも5,000円分のdポイントが貰えるキャンペーンも行っています。

それぞれ開通月の翌々月には貰えるので、すぐに使用することも可能です。

ただ、注意点として

  • ドコモ光(2年定期契約あり)
  • お申込み月含む7か月以内に開通
  • dポイントクラブ会員であること

この3つの条件をクリアしない貰うことができないので注意してください。

とりあえず普通に契約すれば問題はありませんが、

  • 出張が多いからとりあえず定期契約しない
  • 申し込みから7ヶ月以上もたって開通していない

というケースは極稀にあるみたいなので、しっかりと特典を受け取るなら上記の3つはクリアするようにしましょう。

では続いては

そもそもドコモ光ってなに?

メリットは?

デメリットもあるの?

料金は?

プロバイダはどこがいい?

というところは詳しく解説していきます。

ドコモ光とは?特徴と3つのメリット

ドコモ光は、名前の通り携帯電話キャリアのドコモが提供するインターネット回線です。

ドコモ光というサービス名なだけあって、ドコモユーザー利用するとお得なサービスがたくさんあるのが大きな特徴です。

回線のクオリティも高いので、ドコモユーザーなら検討してみる価値があるでしょう。

そんなドコモ光には、

  • ドコモのスマホ代が安くなる
  • フレッツ光の回線を利用するから品質が高い
  • フレッツ光からの乗り換えなら工事費がかからない
  • dカードGOLDなら毎月dポイント10%還元
  • 定期プランの更新で3,000ポイントゲット

上記5つのメリットがあります。

ドコモのスマホ代が安くなる「ドコモセット割り+ドコモ割プラス」

ドコモ光を利用する最大のメリットは、ドコモセット割り+ドコモ割プラスというセット割引が提供されてドコモのスマホ代が安くなる特典があることです。

現在のスマホ料金から毎月100~3,500円割引されるので、とてもお得な特典です。

ドコモセット割り+ドコモ割プラスは

  • dポイント進呈
  • 料金直接割引

この2つから選ぶことができ、dポイントクラブのステージよって進呈ポイントや料金の割引額が変わってきます。

ちなみにdポイントクラブのステージの決まり方はこのようになっています。

ステージ ドコモ回線の利用期間(継続) dポイントの獲得期間(6ヶ月)
プラチナ 15年以上 10,000pt以上
ファース(4th) 10年以上 3,000pt以上
サード(3rd) 8年以上 1,800pt以上
セカンド(2rd) 4年以上 600pt以上
ファースト(1st) 4年未満 600pt未満

上記はどちらも達成する必要はなくどちらかだけをクリアできればそのステージ上がることが可能です。

また、ステージの適用の時期については下記の通りです。

これでステージが決まるのですが、あとは利用しているスマホのパケットパックで貰えるポイントなどは変わります。

例えば使った分だけのベーシックシェアパックで契約している場合、ドコモ光と契約するとプラチナステージでdポイント進呈なら最大3,240円分の割引を受けることができます。

dポイント進呈の場合と料金割引の場合、シェアバックか定額か?ステージはなにか?などで割引料金が変わってくるので、かなり複雑にはなっていますが、

それでもでドコモでスマホを持っていればセット割引で通信費が節約できるので、どのサービスよりもお得なインターネット回線になるでしょう。

更に詳しい詳細については公式サイトを見てみてください。

フレッツ光の回線を利用するから品質が高い

ドコモ光では、フレッツ光の回線を利用します。

フレッツ光のメリット・デメリット。信頼はあってもお得じゃない理由

インターネット回線を契約するときは、名前が知られていて信頼されているサービスを選びたいと思いますよね? フレッツ光はNTTによるサービスなので、多くの人から利用されています。 しかし、他のサービスと比 ...

フレッツ光は最大1Gbpsの速度に対応していて、ドコモ光を利用する場合も対応速度の数値は変わりません。

WiMAXなどは最大でも440Mbpsなので、2倍以上のスピードがでますから、よくゲームをやる方やたくさんの人数で動画を見る場合なども安心して利用することができます。

フレッツ光からの乗り換えなら工事費がかからない

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合、同じ回線を使い続けるので工事をする必要がありません。

つまり、フレッツ光を利用している人は、初期費用をほとんど支払わずにドコモ光へ乗り換えられるわけです。

これが、au光の場合は元々がフレッツ光を利用していないので別途工事が必要なり、プロバイダの変更手続きなどもしなくてはいけないので、正直とてもめんどくさいです。

それにフレッツ光を利用していた方の中には、提携していたプロバイダのメールアドレスやポイントがまだ残っている方もいると思うので、そんな方にもそのまま利用することができます。

dカードGOLDなら毎月dポイント10%還元

ドコモから発行されているクレジットカードでドコモユーザーと相性がいいのがdカードGOLD。

ドコモのスマホとドコモ光の利用金額をdカードGOLDで支払うことでなんと10%ポイントが還元されます。

例えば、月々のスマホ代が家族で2万円でドコモ光の料金が4,000円だっとします。

その場合、24,000円分の10%還元なので毎月2,400円もポイントとして貰えるのです。

年間にすれば28,800円

5年くらい継続すれば10万を超えるのでちょっとした旅行などにも行くことができますよね。

ただ、一点注意点としてはdカードGOLDは年会費が10,000円掛かることは覚えておきましょう。

それでも年会費分を差し引いても、上記の場合は18,000円以上は節約することができるので、ドコモユーザーならdカードGOLDはかなりお得なカードですよ。

それにクレジットカードでもゴールドカードなので、付帯特典などサービスも充実してますから。

もし、ドコモユーザーでドコモ光の加入に考えているならdカードGOLDも同時に検討しましょう。

定期プランの更新で3,000ポイントゲット

ドコモ光では定期契約プランに加入して、更新が来るたびに「ドコモ光更新ありがとうポイント」が3,000ポイント貰える特典もあります。

定期契約プランは基本的に2年更新になっているので、2年後に3000ポイントもらえます。

出張などがある方の場合は定期契約プランにはしないほうがいいですが、一戸建てに住んでいる方とりあえず当分は変更する予定がないという方はこちらのプランにした方が毎年ポイントが貰えるのでかなりお得です。

ポイントはdポイント加盟店やd払い、dマーケットなど幅広く利用できるので、使えないってこともないですから。

ドコモ光の3つデメリット

ドコモ光はドコモやフレッツ光ユーザーにとって魅力的なサービスに見えますが、

  • ドコモユーザーじゃないとお得にならない
  • 選んだプロバイダによって通信速度が変わる
  • 他社と比べてキャンペーン内容が乏しい

上記3つのデメリットがあります。

1つでもデメリットに該当する人は、他のインターネット回線も選択肢に入れておきましょう。

ドコモユーザーじゃないとお得にならない

ドコモ光のセット割引は、ドコモでスマホを使っている人だけが受けられる特典です。

ソフトバンクやauでスマホを使っている人はドコモ光でセット割引が受けられないので、他のインターネット回線を選んだほうがお得です。

光回線のメリット・デメリット。おすすめの光回線サービスを徹底比較!

インターネット回線の中で、最も通信速度が早い光回線。 光回線は以前と違い、あらゆる事業者がサービスを提供しています。 事業者の数が多くなると、どのサービスを契約すればいいのかわからないですよね。 現在 ...

選んだプロバイダによっては通信速度が変わる

ドコモ光では最大1Gbpsのフレッツ光回線を利用しますが、実際に出る通信速度は契約するプロバイダによって大きく異なります。

プロバイダ選びを間違ってしまうと、インターネットの利用者が多い夜は通信速度が急激に遅くなってしまいます。

そのため、ドコモ光を契約するときは、前もって評判が良いプロバイダを知っておく必要があります。

他社と比べてキャンペーン内容が乏しい

フレッツ光から乗り換えでドコモ光を契約する場合、工事をする必要がないので初期費用はほとんどかかりません。

しかし、新規でドコモ光を契約するときは工事が入るので、高額な初期費用が発生します。

タイミングが良ければ、新規でドコモ光を契約しても、キャンペーンが適用されて工事費が無料になることがあります。

ただ、ドコモ光の工事費無料キャンペーンは実施しているタイミングが限られているので、タイミングが悪いと高額な初期費用を支払わなければいけません。

キャッシュバックがもらえる代理店もほとんど無いので、他のインターネット回線と比べると特典が乏しいと言わざるを得ません。

ドコモ光の料金設定やサービス内容

先ほどから説明している通り、ドコモ光はドコモユーザーにとってかなりお得なサービス内容です。

ただ、ドコモユーザーでなければ、他社のインターネット回線と大きな違いはありません。

それくらいドコモユーザーならドコモ光にした方がいいってことですけどね。

ではそんなドコモ光の料金設定などをここでは解説していきます。

ドコモ光の月額料金

ドコモ光の料金は基本的に「インターネット料金とプロバイダ料金が一体型」の料金プランになっています。

また、ドコモ光の月額料金にはタイプAとタイプBの2種類があり、どちらのプランに加入するかで値段が変わります。

プラン 戸建て マンション
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円

また、加入するプランは、契約するプロバイダによって変わるので、プラン別の対応プロバイダは下記の表を参照してください。

ドコモ光に対応しているプロバイダ

プラン 対応プロバイダ
タイプA ドコモnet、plala、So-net、GMOとくとくBB、DTI、Tigers-net.com、BIGLOBE、excite、andline、Ic-net、U-Pa!、@@nifty、エディオンネット、SYNAPSE、TiKiTiKi、Rakutenブロードバンド、hi-ho、COARA、@ネスク、SIS
タイプB @TCOM、OCN、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

確実に安く済ませたいならタイプAに加入できるプロバイダがおすすめです。

ドコモ光の初期費用と工事費用

ドコモ光を新規で契約するときはまず初期費用として3,000円がかかります。

これはドコモ光ではなくても他の光回線やWiMAXなどでも必ずかかる費用です。

それとは別に新規でドコモ光を申し込みする場合は、光回線を開通されるための工事費用が発生します。

工事費用は下記の通りです。

住居タイプ 工事費用
戸建て 18,000円
マンション 15,000円

結構大きな金額ですよねー。戸建てタイプなら初期費用とあわせて21,000円が初期費用でかかります。

ただ、実はフレッツ光から乗り換えなら工事をする必要がないので、初期費用はほとんどかかりません。

それでも金額だけ見ると、ドコモ光を新規で契約するハードルは高く感じますよね?

しかし、上記でも紹介したとおり、2018年9月30日までの期間限定にはなってしまいますが、この工事費用が無料になるキャンペーンを行っています。

こちらのキャンペーンがあるので、今なら初期にかかる3,000円のみでドコモ光に申し込みをすることができます。

※土日などの工事の場合は多少金額が掛かる場合はあります。

一応9月30日までの期間になってるので、もしドコモ光での契約を考えているなら早めに申し込みをしておいたほうがいいでしょう。

ドコモ光の違約金

ドコモ光は契約期間が2年となっていて、24ヶ月に1度の更新月以外に解約すると

  • 戸建てで13,000円
  • マンションで8,000円

の違約金が請求されます。

更新月に解約すれば、違約金は発生しません。

以上がドコモ光の料金設定になります。

ただ、上記で悩むのがどのプロバイダを選べばいいの?ってところだと思います。

次では本当におすすめできるプロバイダについて解説してきます。

ドコモ光ではプロバイダを選べばいい?おすすめはここ!

ドコモ光にはタイプAとタイプBの2つのプランがあります。

この2つのプランでお得なのはタイプAです。タイプBは毎月200円ほど高くなるので、選ぶメリットはありません。

ただ、そのタイプAのプロバイダだけでも相当な数があるので正直どれを選んでいいかわかりませんよね。

私も調べていてちょっと聞いたことがないプロバイダも多かったのビックリしました。(こんなにいらんやろ。。。)

ただ、店頭とかでドコモ光を契約するならその店舗と契約しているプロバイダを推奨されることが多いと思いますが、それって実は危ないんですよね。

もしかするとたくさんのオプションをつけなくはいけなかったり、サポートがしっかりとしていないという可能性もなくはありません。

そんな騙されないために特におすすめできるお得なプロバイダがDTIです。

DTIにしたほうがいい理由

DTIのプロバイダなら上記のタイプAを利用することができるので、まずは条件をクリア。

また、上記で紹介したドコモ光のメリット以外にもDTI独自のキャンペーンもたくさんあります。

それがこちらです。

  • オプション不要で転用でも15,000円キャッシュバック
  • Wi-Fiルーターレンタル料永年無料
  • 開通日にあわせて無線LANルーターをお届け
  • メールアドレス1個
  • ウィルスチェックサービス
  • 迷惑メールチェックサービス
  • IPv6 接続が可能
  • 遠隔から直接操作してサポート
  • 最大100MB使えるホームページサービスが無料

特に魅力的なのが、オプション不要で転用の場合でも15,000円がキャッシュバックされる特典

通常は新規申し込みの場合のみキャッシュバックというプロバイダはありますが、転用も同額でキャッシュバックが貰えるのプロバイダは多くありません。

それにインターネットが高速になるPv6 プラスにも接続できますし、万が一わからないことがあった時のサポート体制もしっかりとしています。

正直ここまでお得なキャンペーンをやっているプロバイダは他にはありませんでした。

もし、ドコモ光のプロバイダ選びに悩んでいるなら当サイトではDTIをおすすめします。

もちろん、ご自分で調べていいプロバイダがあったらそっち選んでも問題ありませんので。あくまで参考程度ってことで。

ドコモ光とDTIのコラボはこちら

それでもドコモ光で有名なSo-netさんは最高でおも5,000円のキャッシュバックですから。

この時点ですでに3倍差。

DTIがお得です。

 

ドコモ光を解約する方法

ドコモ光の解約手続きは、ドコモショップかドコモの電話窓口で行うことができます。

解約手続きをした後は回線の撤去工事が必要ですが、費用はかからないことが基本です。

ドコモ光の口コミ・評判

SNSでは、ドコモ光の通信速度が遅いという口コミが多く寄せられています。

ただ、評判が良いプロバイダを契約して、接続方式をiPv6にすればドコモ光は高速なインターネット回線になります。

ちなみに、通信速度の評価はGMOとくとくBBが高い傾向にあります。

通信速度を安定させる術を知り、光セット割引を受けることができれば、ドコモ光はとても良いサービスになってくれるでしょう。

ドコモ光と他社光回線サービスを比較

ドコモ光は基本料金が他社とほとんど変わらないので、料金の安さを求めるならセット割引を受けられるかがポイントになります。

他社と比較して、ドコモ光を契約するべきなのか考えてみましょう。

ドコモ光・他社と月額料金比較表

サービス 戸建て マンション
ドコモ光 ・タイプA:5,200円
・タイプB:5,400円
・タイプA:4,000円
・タイプB:4,200円
NURO光 4,743円 4,743円(NURO光 for マンションが利用できれば1,900~2,500円)
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
auひかり 「従来型とauひかりホームV5ギガ」
・1年目:5,100円
・2年目:5,000円
・3年目以降:4,900円
「auひかりホームX10ギガ」
・1年目:5,880円
・2年目:5,780円
・3年目:5,680円
・4年目以降:5,400円
3,400~5,000円
OCN光 5,100円 3,600円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円

月額料金は他のサービスと大きな差が無い

ドコモ光の月額料金は、他社よりも安いというわけではありません。

上記の表で比べてみると、ドコモ光の月額料金は他社と大きな違いがないことがわかります。

つまり、月額料金はドコモ光と他社を比較するポイントにはならないわけです。

ドコモ以外のスマホユーザーはセット割引が受けられる他社を選ぶべし

光セット割が受けられるドコモユーザーなら、ドコモ光が最もお得なインターネット回線だと言えます。

しかし、ソフトバンクやauユーザーは光セット割が受けられないので、他社を選んだほうがお得です。

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光やNURO光を契約すればスマホ代が最大1,000円割引されますし、

NURO光のメリット・デメリット。キャンペーンは本当にお得?

光回線は通信速度は最大1Gbpsであることが一般的でしたが、NURO光はより速い回線スピードに対応したことで注目されています。 提供エリアも拡大されたことで、NURO光が気になっている人は多いのではな ...

auユーザーはauスマートバリューでスマホ代が最大2,000円安くなるauひかりがベストなサービスになります。

auひかりの特徴と口コミ。契約する際のメリット・デメリット。

携帯電話キャリアで有名なauの光回線「auひかり」。 CMなどで名前をよく聞ようになり、サービス内容が気になっている人は多いのではないでしょうか? ただ、携帯電話キャリアの光回線は通信速度などが大丈夫 ...

契約しているスマホのキャリアが、ドコモ光を契約するか判断するポイントになると言っていいでしょう。

通信速度だけ重視するならNURO光やauひかり

「料金は高くてもいいから、通信速度が速いインターネット回線を契約したい」という人は、NURO光auひかりがおすすめです。

NURO光は最大2Gbpsの速度に対応しているので、常に実効速度が安定しています。

auひかりはもともと実効速度の評価が高いうえに、関東の戸建てなら最大5Gbpsに対応した「auひかりホームV5ギガ」や最大10Gbpsに対応した「auひかりホームX10ギガ」を契約することもできます。

NURO光とauひかりはプロバイダによって通信速度が遅くなる危険もないので、ドコモ光よりも安心して契約できるインターネット回線だと言えるでしょう。

まとめ

基本的に、ドコモ光はドコモユーザーにおすすめできるサービスなので、ソフトバンクやauでスマホを使っている人は他社を選んだほうがいいでしょう。

それでも今はお得なキャンペーンなども実施中なので、光回線の候補としてはおすすめの1つですよ。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-光回線
-, , , ,

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.