WiMAX プロバイダ一覧

クラウドモバイルのWiMAX(Wi-Fi)は辞めたほうが良い3つの理由

投稿日:

 【AT独占】クラウドモバイル

様々なWiMAXのプロパイダがある中で、少し珍しいキャンペーンを行っているのがクラウドモバイル

クラウドモバイルの魅力なんといってもキャッシュバックにAmazonギフト券を採用しているところ。

しかも最短契約日にもらえるのですぐにキャッシュバックがほしい人にはおすすめのプロパイダです。

ただ、他のプロパイダと比べると劣る部分が多いので、当サイトではそこまでおすすめはしていません。

この記事ではそんなクラウドモバイルの特徴や何故あまりおすすめしないのか、その理由を紹介しております。

自分に当てはまったら契約してもいいですが、「GMOとくとくBB」や「「BIGLOBE」といったプロパイダに比べると正直微妙ですから。

その辺りも比較してますので。

クラウドモバイルとは?主な特徴

クラウドモバイルは、東京にある株式会社センテンスが提供するWiMAXのプロパイダで、設立が平成29年10月10日なのでまだ比較的新しい会社です。

Wi-FiはWiMAX2+を利用しており、最新のW05の機種からホームルーターで人気のL01sまで選ぶことが可能です。

基本的には新しい端末を選べばいいので、W05が最もおすすめですが、そこまで差はないのでどれを選んでもいいかなと。

用途や見た目、スペックから選ぶ方は多いと思うので、参考にしてみてください。

W05は最も新しいWiMAX端末

カラフルな色使いが目を引くのは、「W05」という機種。

薄型で131gの軽量タイプなので、持ち運びにピッタリです。

また、室内用に使うためのスタンド型拡張機器グレードルの上に置いても派手過ぎず、インテリアの邪魔にならないのは嬉しいポイント。

これまで使っていたWiFiの情報をコピーして使えるので、設定が苦手な方や、新居に引っ越して再設定するのが面倒という方にもオススメです。

外出用と室内用、どちらにも使いたい方にはおすすめの機種ですよ。

なお、バッテリーはWiMAX2+モードで約540分持続使用可能、下り最速は758Mbps上り最速は112.5Mbpsとハイスペックな機種になっています。

WiMAX2+最速?Speed Wi-Fi NEXT W05のスペックを徹底解説!

WiMAXは2018年1月から、新機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」の販売を開始しました。 Speed Wi-Fi NEXT W05はWiMAXの端末の中でもスペックが高いので、長い目で ...

W04は外での利用にピッタリ

「W04」は、とにかく簡単に、手軽にWiMAXを使いたい方にピッタリな機種。

シンプルなスティック型で、持ち運びするのにも邪魔になりません。

バッテリーは、WiMAX2+のハイパフォーマンスモードで約390分、バッテリーセーブモードにすれば約630分使用可能です。

ウェイティングモードにすれば約38時間持続可能という、外で使うのにピッタリの機種です。

しかし、通信速度は下り最速708Mbps上り最速30Mbpsなので、高スペックとは言えません。

動画を見たり容量の大きなアプリやファイルをダウンロードするのではなく、メールなどの最低限の機能しか使わない、という方にピッタリでしょう。

WX04は取外可能な機種

「WX04」は、取り外し可能な大容量バッテリーが付いている機種。

WiFiハイパフォーマンス接続で8.1時間、エコモードにすれば13.8時間使えるので、外出用にとても便利です。

また、室内で使う際は、ビームフォーミングに対応しているスマートフォンやパソコンに向けて、WiFi電波が届きやすくなるという優れもの。

WiFiと4GLTE回線の切り替えがワンタッチでできるので、操作も簡単ですが、4GLTE回線には欠点があるので注意が必要です。

通信速度は下り最速440Mbps上り最速30Mbpsなので、室内で使う分には十分なものになっています。

Speed Wi-Fi NEXT WX04とW04を徹底比較!それぞれのメリットとデメリット

モバイルWi-Fiルーターでインターネットを利用するWiMAX2+は、利用する端末をあらゆる種類から選ぶことができます。 ただ、種類が多くて、どれを選べば良いかわからない人がほとんどではないでしょうか ...

L01sは室内専用

L01s」は、室内専用の機種。充電して持ち歩くことはできませんが、その分、バッテリーの残量を心配せずに済みますよ。

LANポートは2台分付いているので、パソコンとスマートフォン、タブレットを同時に使うことも可能。

通信速度は、下り最速440Mbps上り最速30Mbpsと、自宅で使う分には十分なものになっています。

工事の必要が無く、コンセントを差し込むだけで使えるので、自宅で簡単にインターネットを使いたい方におすすめです。

WiMAXの自宅専用ルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」のスペックまとめ。

WiMAXのWi-Fiルーターは持ち運び型というイメージがありますが、自宅専用の端末も販売されています。 Speed Wi-Fi HOME L01sは、数少ない自宅専用のWi-Fiルーターです。 Sp ...

サポートもある

クラウドモバイルでは、有料の保証サービスやサポート、周辺機器を一緒に購入することが可能です

月550円で入れる、端末が壊れた場合に無料で端末を交換してくれる端末保障サービス。

それから、月907円で端末初期設定やスマートフォン、パソコンなどに関して、電話でサポート対応してくれるクラウドサポートもあります。

希望者だけが入れるサービスなので、機械設定が得意な方は入らなくてもいいですし、ちょっと苦手な方は入っておくと何かと便利でしょう。

また、専用の充電器を3,000円、充電しながら室内専用のWiFiとしてパソコンとつなげることも可能なスタンド型拡張器グレードルを3,500円で購入できますよ。

ちなみに、充電器やグレードルはamazonなどで安く手に入れることも可能なので、一度チェックしてみるのもおすすめ。

ただ、端末とセットで購入すれば、充電機器やグレードルが端末と相性が合わないものだった、という失敗は防げますが。

クラウドモバイルを辞めたほうがいい理由

クラウドモバイルは正直当サイトではおすすめしておりません。

その理由はこの3つ。

  • 3年契約しかない
  • 違約金が高い
  • Amazonを使わない人は微妙

それぞれ解説していきますね。

3年契約しかない

クラウドモバイルでは基本的に3年契約のギガ放題しかプランがありません。

他のWiMAXのプロパイダでも3年契約しかないというプロパイダも増えてはきましたが、

それでもまだ2年契約のプランがあるプロパイダもあります。

3年契約が悪いってわけではないですが、3年契約の場合は違約金がかからない更新月が3年に1度になってしまうので、早めに解約を考えている場合に不便なんですよね

それに、他のプロパイダではギガ放題以外にも通常のプラン『1ヶ月で7ギガバイトまで』という安いプランもあります。

YouTubeや動画配信サービスをがんがん利用する人はギガ放題でも問題ないですが、スマホのサブ的な形で利用するならギガ放題まではいらないですからね。

3年契約でギガ放題しか選べないというのはちょっと不便かなと。

違約金が高い

お得なキャッシュバックや月額料金がとても安いプロパイダにありがちなのがこの違約金が高いというデメリット。

クラウドモバイルも違約金が他のプロパイダと比べると高いです。

1年未満で解約する場合は30,000円の違約金、1年~3年の間に解約する場合には25,000円の違約金がかかります。

更新月には違約金が発生しませんが、それ以降の月には9500円の違約金が。

しかも、24か月以内に解約する場合は、契約残月数×1600円の端末違約金がプラスされてしまうという大きなデメリット付き。

もしも端末を落としたり、失くしてしまっても、同じように端末違約金がかかります。

2年以上使えば端末は自分のものになり、端末違約金は発生しませんが、2年以上使うという補償なんてないですからね。

それに、スマートフォンなどのバッテリーの限界は2年くらいです。

これはWiMAXも同じでそうなると3年使い続けるには、バッテリーに不安が残ってしまいます。

特に、主に屋外での使用を考えている方には大きな問題です。

すぐに充電が切れてしまっては、外出先で快適にインターネットを使うことができず、本末転倒になってしまいますから。

自宅用の端末、L01sならバッテリーの不安は解消されますが、3年目の更新月以外に解約する場合にも違約金が発生するのは大きな出費に。

高額のキャッシュバックの代わりに、3年契約プランと違約金の高さが、クラウドモバイルは本当にネックです。

3年間、失くさず使い切る自身のある方にはピッタリですが、新しいものに目がない方にはおすすめできません。

Amazonを利用しない人には魅力なし

後ほど紹介しますが、クラウドモバイルも唯一のメリットはAmazonギフト券をもらえること。

でもこれってAmazonユーザーならとても嬉しい特典ですが、Amazonを利用しない人にとってはなんのメリットもないですよね。

Amazonへの登録はすぐにできますが、このギフト券のためにわざわざAmazonに登録してものを購入するのもめんどくさいはずですから。

そもそもAmazonを利用しない人も特にクラウドモバイルでWiMAXを契約するメリットはないでしょう。

クラウドモバイルの唯一のメリットはAmazonギフト券

クラウドモバイルで契約する唯一のメリットはこのamazonギフト券1万円分が、端末到着後すぐに受け取れること。

方法も簡単で、公式サイトからメールで申し込みをして、申し込み完了メールの内容を確認します。

端末が届いたら、申し込み完了メールからギフト券の申請をするだけ。

あとはamazonギフトコードを受け取ればいいので、インターネットをよく使う方や、amazonヘビーユーザーにはとってもお得です。

通常キャッシュバックがあるプロパイダ(GMOとくとくBBなど)だと、受け取りまでに半年や1年かかることがほとんどなので、契約してすぐにキャッシュバックしてもらえるのは大きなポイント。

それにもらえる金額も1万円なので、実質3ヶ月分の金額をキャッシュバックしてくれると考えればAmazonユーザーならまさに激得。

キャッシュバックは高い方がいいですが、受け取り忘れなどのリスクを考えるとむしろ、1~2日でキャッシュバックしてもらえるクラウドモバイルの方が良いという考え方もできます。

ただ、こちらのキャッシュバック限定ページから申し込んで、申請をしないとキャッシュバックは受け取れませんので注意するようにしましょう。

>>Amazonのキャッシュバック限定ページはこちら

 

まー、これだけなんですけどね。

クラウドモバイルの料金プラン

クラウドモバイルは3年契約プランしかありませんが、月額料金プランも1つしかありません。

しかも、長く使えば使うほど料金が高くなっていくので、高額キャッシュバックだけで決める前に、料金プランもしっかり確認しておきましょう。。

契約後3か月間は、月額2,800円

4~24か月の間は、月額3,500円に値上がりします。

そして25か月以上になると、月額4,100円に。

これに事務手数料の3,000円もプラスされるので、実質3年間の総額は144,828円

キャッシュバックの1万円を引いても134,828円とこちらの他のプロパイダと比較した表と比べてもかなり高いです。

プロパイダ 3年間総額
GMOとくとくBB  WiMAX 11,3160円
カシモ WiMAX 12,9068円
BIGLOBE WiMAX 12,9310円
hi-ho WiMAX 11,9080円
Broad WiMAX 12,3741円
So-net WiMAX 11,7480円

この時点でもそこまでクラウドモバイルを利用するメリットはないですよね。

また、WiMAXが使えない場所ではau 4G LTE通信に変更できるのですが、通常1005円のところ、3年目までは0円。

3年以上になると、月額料金が発生するので注意しましょう。

他の会社と比較!料金プランを見比べてみよう

お欠点も多いクラウドモバイルですが、他のプロバイダーの料金プランはどのようになっているのでしょうか?

人気のWiMAXプロパイダである

  • GMOとくとくBB
  • カシモWiMAX
  • UQ WiMAX
  • BroadWiMAX

上記の4つと比較してみます。

GMOとくとくBBはキャッシュバック率が高い

GMOとくとくBB」は、2年プランと3年プラン。

また、月7GBまで使える通常プラン、ギガ放題プランの2種類。

月額料金は2か月までは3,609円3か月~24か月までは4,263円、最大40,000円以上のキャッシュバックまであり、WiMAXプロパイダの中でもかなりお得なプロパイダの1つです。

GMOとくとくBB WiMAX2+の評判口コミは?最新のキャッシュバックまとめ。
GMOとくとくBB WiMAX2+の評判口コミは?最新のキャッシュバックまとめ。

モバイルWi-Fiルーターで有名なWiMAXは、契約するプロバイダによって特典や月額料金が左右されます。 どうせ契約するなら、一番お得に契約できるプロバイダを選びたいですよね? しかし、特典が魅力で契 ...

カシモWiMAXは月額料金が安い

同じく、2年プランと3年プランから選べる「カシモWiMAX」。

7GBまでのライトプランと、ギガ放題プランがあります。

ギガ放題プランは、2か月目まで1,380円3か月~24か月までは3,380円

キャッシュバックはありませんが、カシモおトク割引が利用可能です。

月額料金でいえばカシモWiMAXはかなり安いのでキャッシュバックの受け取りが怖いならカシモWiMAXもありかなと。

業界最安値?カシモWiMAXの口コミ評判とサービス・契約時の注意点

WiMAXのサービスプロバイダには多くの種類があり、契約特典も月額料金の割引やキャッシュバックと様々です。 そんな中、格安SIMでも人気が出つつあるカシモWiMAXが2017年10月に、WiMAXのプ ...

知名度が高いUQ WiMAX

CMでも有名な「UQ WiMAX」は、クラウドモバイルと同じく3年契約プランしかありませんが、7GBまでのプランと上限なしのギガ放題プランを、月単位で変更することができます。

ギガ放題プランにしたけれど、あまり利用しなかった場合に変更できるのは、助かりますよね。

また、ギガ放題プランで契約した場合は、2か月まで3,696円3~36か月までが4,380円になっています。

auキャリアショップや、家電量販店でも申し込み、購入ができるのは嬉しいポイント。

知名度が高いので、よく知らないプロバイダーの端末を使うのは不安、という方でも安心です。

BroadWiMAXは口座振替ができる

「BroadWiMAX」は、クレジットカードの他に、口座振替で料金支払いができるプロバイダ。

3年契約プランしかありませんが、UQ WiMAXと同様に、7GBまでのライトプランとギガ放題プランがあり、いつでも変更可能です。

ギガ放題プランの場合、3か月までは2,726円3か月以降はずっと3,411円になっています。

なお、条件を満たせば初期費用18,857円が無料になるという、Webキャンペーンもやっていますよ。

クラウドモバイルにしようか迷った方は、他のプロバイダーとの料金プランを見比べて、どれが自分に合っているのかをよく考えてみると良いかもしれませんね。

ちなみに、プロバイダによって3年契約プランしか利用できない端末、他のプロバイダでは扱っていない端末を導入している場合があります。

お目当ての端末がある方は、端末を扱っているプロバイダーから選ぶ、という手段も考えるようにしましょう。

まとめ

クラウドモバイルはおすすめはしません。

3年契約ですし、Amazonギフト券以外のメリットはほとんどないですから。

それでも

  • Amazonギフト券をすぐにほしい
  • とりあえず3年間は使用する

という方にとってはありかもしれませんけどね。

>>クラウドモバイル 公式サイト

ただ、それなら他のプロパイダでもいいプロパイダはたくさんありますから。

まずは他のプロパイダと比較することをおすすめします。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-WiMAX プロバイダ一覧

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.