いろいろ比較

BBIQはWiMAXと光回線をメリット・デメリットから比較

投稿日:

九州地方のインターネット回線は、BBIQが絶大な人気を誇っています。

BBIQと言えば九州電力系列の固定回線ですが、WiMAXのサービスも提供しています。

固定回線としての人気が高いBBIQなら、WiMAXのサービスもメリットが多そうな気がしますが、実際はそうとも言えません。

人によってはBBIQの光回線を使ったほうがいいので、違いを把握してどちらを契約すべきかを慎重に考えたほうがいいでしょう。

そこで、ここではBBIQのWiMAXか光回線のどちらを契約するべきなのか解説します。

WiMAXか光回線のどちらを契約するべきか悩んでいる人は、参考にしてくださいね。

BBIQのWiMAXの特徴とメリット

最初に、メリットとデメリットをもとにして、BBIQのWiMAXが持つ特徴を見てみましょう。

BBIQのWiMAXは契約がしやすいメリットがありますが、もの凄くお得というわけではありません。

BBIQの光回線は評判が良いので様々な魅力がありますが、WiMAXのサービスは意外とメリットが少なくなっています。

月額料金が少し安め

BBIQは「UQ WiMAX」より安い月額料金でWiMAXのサービスを提供しています。

と言っても、ずば抜けて安いわけではないので、お得度がとても高いとは言えません。

利用料金の安さを求めるなら、他のプロバイダとしっかり比較したほうがいいでしょう。

初期費用が安い

BBIQはWiMAXのWi-Fiルーターを0円で販売しているので、契約するときの初期費用は事務手数料の3,000円だけになります。

事務手数料しか必要ない点は契約がしやすくなるメリットですが、Wi-Fiルーターを0円で販売しているWiMAXのプロバイダは他にもあるので、BBIQだけで受けられる恩恵というわけではありません。

BBIQ WiMAXのデメリット

BBIQのWiMAXには、メリットよりもデメリットのほうが多く存在していて、お得度だけでなく機能面にも大きく関わってきます。

セット割引が受けられない

auのスマホを持っていると人がWiMAXを契約すると、「auスマートバリューmine」が適用されてスマホ代が安くなることが基本です。

しかし、BBIQのWiMAXは「auスマートバリューmine」に対応していないので、他のプロバイダと違って通信費を削減することができません。

キャッシュバック特典がない

プロバイダを賢く選んでWiMAXを契約すれば、高額なキャッシュバックを貰うことができます。

しかし、BBIQのWiMAXはキャンペーンを実施していないので、キャッシュバックといった特典を受けることができません。

販売している端末の種類が古い

BBIQが販売しているWiMAXの端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX03のみとなっています。

Speed Wi-Fi NEXT WX03は1世代前のモデルなので、最新機種と比べるとスペックが見劣りしてしまいます。

BBIQの光回線サービスの特徴とメリット

BBIQの光回線サービスには、WiMAXよりも遙かに多いメリットがあります。

導入するときのネックとなる要素も解消しているので、固定回線にネガティブなイメージを持っている人にもおすすめすることができます。

それにBBIQ光の光回線サービスには、お得度が高くなる様々なメリットがあります。

お得なだけでなく回線の品質も優れているので、多くの人が安心して申し込むことができるでしょう。

auユーザーならセット割引が受けられる

auユーザーの人がBBIQの光回線サービスを契約すれば、セット割引を受けることができます。

割引金額は人それぞれで異なりますが、場合によってはWiMAXよりも大幅に通信コストを節約できるので、見積もりを出すだけでも価値があります。

セット割引の内容は後で詳しく解説します。

初期費用の金額が安い

BBIQの光回線を利用するには導入工事をしなければいけないので、25,400円の費用が発生します。

しかし、BBIQの光回線サービスはキャンペーンを頻繁に実施しているので、工事費用が無料になる確率がとても高くなっています。

通信速度の評判が良い

利用料金が初期費用が安くても、回線のクオリティが悪いと意味がないですよね?

BBIQはお得な特典が充実しているうえに、通信速度が高く評価されているので、「安かろう悪かろうではないか?」と心配する必要がありません。

後半で紹介する口コミを見れば、BBIQが提供する光回線の品質が良いことがわかります。

BBIQの光回線サービスのデメリット

メリットばかりが目立つBBIQの光回線にも、少なからずデメリットがあります。

条件をクリアできれば問題ありませんが、人によっては大きな影響を受ける要素なので、申し込む前にデメリットを把握しておいたほうがいいでしょう。

回線を導入するための工事が必要

当たり前の話ではありますが、BBIQの光回線を契約するときは、回線の導入工事が必要になります。

費用はかかりませんが工事には契約者の立ち合いが必要なので、日程を確保する手間が発生してしまいます。

違約金が高くなることがある

住居のタイプや料金プランによって細かい違いはありますが、BBIQの光回線は違約金が高めに設定されています。

使い続けるほど違約金は安くなりますが、利用期間が短いと高額な違約金が請求されるので、長い目でインターネット回線を使うつもりがない人は他のサービスを選んだほうが無難です。

BBIQのWiMAXと光回線を徹底比較

BBIQが提供するWiMAXと光回線サービスを、あらゆる料金面で比較してみましょう。

BBIQのWiMAXと光回線の月額料金

BBIQのWiMAXでは、利用料が無制限のギガ放題プランを月額4,100円で利用することができます。

UQ WiMAXでギガ放題プランを利用すると月額料金が4,380円になるので、BBIQは多少お得といった感じですね。

BBIQ WiMAX月額料金

プラン 利用開始月 2~3ヶ月目 4ヶ月目以降
ギガ放題プラン(無制限) 0円 3,400円 4,100円
ライトプラン(7GB) 0円 3,400円 3,400円

BBIQが提供する光回線の月額料金は、住居や料金プランによって変わります。

戸建てで利用する場合、契約年数によって月額料金が以下のようになります。

BBIQ 戸建てでの月額料金

プラン 月額料金
5年契約 4,700円
3年契約 5,000円
通常契約 5,800円

5年契約にすれば月額料金が最も安くなりますが、その代わりに解約するときの違約金が高くなります。(後述の違約金の解説を参照)

マンションでBBIQの光回線を利用する場合、同一物件内でBBIQを利用する戸数によって月額料金が変動します。

BBIQ マンションでの月額料金

加入戸数 月額料金
1戸 5,800円
2~7戸 5,100円
8~15戸 4,600円
16戸以上 4,100円

BBIQのWiMAXと光回線のセット割引

BBIQのWiMAXにはセット割引がありませんが、光回線サービスは「auスマートバリュー」に対応しています。

「auスマートバリュー」とはauのスマホ代が割引される特典で、スマホ代が最大2,000円安くなります

auスマートバリューmine 割引金額一覧

プラン 割引金額
auピタットプラン (シンプル):1GBまで 割引対象外

(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで

(シンプル):1GB以上2GB未満

500円
(スーパーカケホ/カケホ/シンプル)2GB以上20GB未満 1,000円
auフラットプラン20/30GB

データ定額5/20/30GB

LTEフラット

ISフラット

データ定額5cp

U18データ定額20GB

データ定額8/10/13GB

プランF(IS)シンプル

934円

データ定額2/3GB

ジュニアスマートフォンプラン

シニアプラン

カケホ(3Gケータイ・データ付)

データ定額3cp

LTEフラットcp

743円
データ定額1GB 500円

さらに、家族の人も割引の対象なので、auのスマホを使っている人が多いほど削減できる通信費が大きくなります。

BBIQのWiMAXと光回線のキャンペーン

BBIQの光回線サービスは2018年3月の時点で、

  • 初期費用0円
  • 開通初月の月額料金0円
  • 10,000円分の商品券プレゼント

この3つのキャンペーンを実施しています。

BBIQの光回線サービスはキャンペーンを実施している頻度が高いので、初期費用を心配する必要はほぼないと思っていいでしょう。

万が一、キャンペーンが実施されていなかったとしても、価格.comなど代理店が運営するページで申し込めばキャッシュバック特典で初期費用の負担を減らすことができます。

BBIQのWiMAXと光回線の契約期間と解約金

BBIQのWiMAXは契約期間が2年となっていて、解約するときは利用期間によって以下の違約金が請求されます。

BBIQ WiMAXの契約解除料金

利用期間 違約金
1~13ヶ月目 19,000円
14~25ヶ月目 14,000円
26ヶ月目以降 9,500円

ただ、2年ごとにある更新月に解約すれば、違約金を支払いは求められません。

BBIQが提供する光回線サービスの違約金は、基本的に以下の形式となっています。

BBIQ 基本の契約解除料金

利用期間 違約金
12ヶ月未満 24,600円
12~ヶ月以上18ヶ月未満 20,000円
18ヶ月以上24ヶ月未満 10,000円
24ヶ月以上 無料

通常契約やマンションタイプを利用する場合は上記の形になり、2年経てばいつ解約しても違約金は請求されません。

月額料金を安くするために契約期間を3年や5年にすると、違約金が高い期間が長くなるうえに、違約金が発生しないタイミングは3年や5年ごとの更新月に限られます。

BBIQ 3年契約の契約解除料金

利用期間 違約金
12ヶ月未満 25,000円
12ヶ月以上24ヶ月未満 20,000円
24ヶ月以上36ヶ月未満 15,000円
36~37ヶ月目 無料
38ヶ月以上72ヶ月未満 12,500円
72~73ヶ月目 無料
74ヶ月以上 10,000円

BBIQ 5年契約の契約解除料金

利用期間 違約金
12ヶ月未満 30,000円
12ヶ月以上24ヶ月未満 25,000円

24ヶ月以上60ヶ月未満

20,000円
60~61ヶ月目 無料
62ヶ月以上96ヶ月未満 15,000円
96~97ヶ月目 無料
98ヶ月以上132ヶ月未満 12,500円
132~133ヶ月目 無料
134ヶ月以上 10,000円

長い目で使う予定が限り、BBIQの光回線は契約しないほうがいいでしょう。

なお、どのプランを契約しても、別途で撤去工事費の5,000円も必要になります。

BBIQならWiMAXと光回線のどちらを選ぶべき?

BBIQの光回線はあらゆるメリットがありますが、セット割引の金額が低いとWiMAXの選んだほうがいいという結果になります。

しかし、BBIQはベストなWiMAXのプロバイダというわけではないので、他社との比較が必要になります。

BBIQの光回線サービスがベストと感じた場合は、他社と比較する必要性は高くありません。

WiMAXを使いたいなら他社との比較は必須

長い目で使い続けるならBBIQでは光回線を選んだほうがいいという印象ですが、「auスマートバリュー」で受けられる割引金額が500円程度だと、BBIQのWiMAXのほうがコスト的にはお得です。

ただ、WiMAXのほうがお得になる場合でも、他のプロバイダと比較するべきです。

BBIQよりもお得にWiMAXが利用できるプロバイダがあるからです。

BBIQのWiMAXを人気が高いGMOとくとくBBやBroad WiMAXと比べてみると、どれほどの違いがるのかがわかるでしょう。

BBIQ WiMAX  他社プロバイダとの比較

プロバイダ 月額料金 特典
BBIQ

【ギガ放題プラン】

利用開始月:0円

2~3ヶ月目:3,466円

4ヶ月目以降:4,100円

 

【ライトプラン】

利用開始月:0円

2ヶ月目以降:3,400円

 

 

※auスマートバリューmineは適用不可

GMOとくとくBB

【ギガ放題プラン】

1~2ヶ月目:3,609円

3ヶ月目以降:4,263円

【ライトプラン】

3,609円

最大36,000円キャッシュバック
Broad WiMAX

【ギガ放題プラン】

1~2ヶ月目:2,726円

3~24ヶ月目:3,411円

25ヶ月目以降4,011円

【ライトプラン】

1~24ヶ月目:2,726円

25ヶ月目以降:3,326円

月額料金大幅割引

※auスマートバリューmineは適用不可

auスマートバリューによるお得度が強いならBBIQの光回線を選ぶべき

「auスマートバリュー」による影響が強ければ、BBIQの光回線がベストサービスになります。

と言っても、「auスマートバリュー」が受けられる光回線サービスは他にもあるので、基本の月額料金を他社と比較する余地があります。

戸建てであれば大きな違いはありませんが、マンションだと物件内の加入戸数によって月額料金に大きな違いが出るかもしれません。

「auスマートバリュー」が受けられる光回線はauひかりやビッグローブ光など複数あるので、マンションに住んでいる場合はいくつかの候補を挙げて比較することおすすめします。

BBIQのWiMAXと光回線の評判や口コミ

BBIQのWiMAXにまつわる口コミは、利用者が少ないせいかほとんど見かけることがありません。

一方、BBIQの光回線は九州エリアで絶大な人気を誇っているので、あらゆる人から口コミが寄せられています。

BBIQの光回線は口コミでの評価が高く、特に通信速度が安定していると感じた人が多く見受けられます。

サポート窓口の対応にも定評があるので、インターネットの知識に自信がない人も安心できます。

まとめ

BBIQでWiMAXか光回線のどちらを選ぶか迷っているなら、セット割引やキャンペーンが充実している光回線サービスがおすすめです。

「auスマートバリュー」の割引金額が低い場合はWiMAXのほうがお得ですが、WiMAXを契約するなら他のプロバイダで契約したほうがいいでしょう。

BBIQではWiMAXと光回線のどちらも初期費用を心配する必要がないので、「auスマートバリュー」の割引金額がどれほどなのかを見てから判断しましょう。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-いろいろ比較

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.