いろいろ比較

格安SIM「イオンモバイル」でポケットWi-Fiを利用するメリット・デメリット

投稿日:

ポケットWi-FiはWiMAXやY!mobileで契約することが一般的ですが、他の事業者で契約することもできます。

格安SIMの1つ「イオンモバイル」は、スマホだけでなくポケットWi-Fiも利用することができます。

イオンモバイルは格安SIMなので、月額料金の安さが魅力です。

イオンモバイル 公式サイト

安い料金でポケットWi-Fiを使いたい人にほっては、検討する価値があるサービスと言えるでしょう。

しかし、機能面はWiMAX比べると劣ってしまうので、ネットを使う目的を考えて契約するべきか考える必要があります。

ここでは、イオンモバイルでポケットWi-Fiを利用するメリットとデメリットを解説します。

ポケットWi-Fiを安い料金で利用したい人は、参考にしてくださいね。

イオンモバイルはポケットWi-Fiが利用できる

イオンモバイルとは、ドコモの回線を借りて音声通話やネット回線を提供する格安SIMサービスです。

イオンモバイルでデータ専用SIMを契約すると、ポケットWi-Fiでネットを使うことができます。

また、SIMカードの契約と同時に端末をセットで購入することもできます。

イオンモバイルでポケットWi-Fiを利用するメリット

イオンモバイルでポケットWi-Fiを利用すると、安心感が高く料金も安くなるメリットがあります。

店頭でも申し込みができる

「格安SIMはオンラインでしか申し込みができない」というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?

しかし、イオンモバイルは全国に200の店舗を出しているので、店頭で申し込むことができます。

ポケットWi-Fiの知識に自信がない人でも、イオンモバイルなら安心して契約することができるでしょう。

プラン変更や端末の修理も店舗で受け付けているので、契約した後のサポートも安心です。

ただ時間がない人がオンラインの方が早いのでオンラインでの申込みがおすすめです。

イオンモバイル 公式サイト

データ容量ごとにプランを選択できる

イオンモバイルはデータ容量ごとにプランを用意しているので、自分の利用量に見合ったプランを選ぶことができます。

WiMAXのような無制限プランは必要なく、利用できる量を少なくして料金を安くしたい人には向いているサービスと言えますね。

解約するときに違約金が発生しない

ポケットWi-Fiを解約するときは、更新月ではない限り19,000円から9,500円の違約金が発生します。

さらに、更新月は2~3年に1度なので、解約できるタイミングも限られています。

イオンモバイルのデータ専用SIMには、契約年数や最低利用期間がないので、いつ解約しても違約金が請求されません。

違約金が気になる人でも、イオンモバイルなら安心して契約することができますね。

端末を持ち込んで契約ができる

WiMAXやY!mobileを契約するときはポケットWi-Fiのセット購入が必須で、SIMカードだけを契約することができません。

イオンモバイルはポケットWi-Fiをセットで販売していますが、SIMカードだけを契約することもできます。

つまり、既にポケットWi-Fiを持っている人なら、端末を持ち込んで契約ができるわけですね。

端末を購入する必要がなくなれば初期費用がほとんど発生しなくなるので、ポケットWi-Fiを持っている人は検討してみる価値があります。

イオンモバイルでポケットWi-Fiを利用するデメリット

イオンモバイルは料金が安くでき、安心度も高いメリットがあります。

しかし、機能面には大きなデメリットがあるので、一概に使い勝手が良いとは言えません。

無制限で利用できるプランがない

WiMAXには無制限でネットが利用できるプランがありますが

イオンモバイルには、ネットが無制限で利用できるプランがありません

データ容量データ容量を気にせずにネットを使いたい人はイオンモバイルは不向きなサービスと言わざるを得ません。

WiMAXや大手キャリアと比べると通信速度が劣る

格安SIMでポケットWi-Fiを利用するときは、通信速度が大きなネックになります。

イオンモバイルはドコモの回線を利用するので、下り速度の最大値は375Mbpsです。

WiMAXの下り速度の最大値は440Mbpsなので、イオンモバイルで利用する回線の通信速度は遜色がないように思えます。

しかし、格安SIMは通信速度が遅くなりやすく、ネットが使いにくいと感じることが少なくありません。

特に正午や夜のゴールデンタイムなどの通信が混雑する時間帯は、速度が遅くなる可能性が高い傾向があります。

通信速度の速さにこだわりたい人は、WiMAXやY!mobileを利用したほうが無難でしょう。

イオンモバイルのポケットWi-Fiの料金

イオンモバイルでポケットWi-Fiを利用するときの料金は、ライトユーザーにとっておすすめなものになっています。

月額料金

イオンモバイルは、1ヶ月で利用できるデータ量を選ぶことができます。

イオンモバイル データ通信プラン月額料金

プラン 月額料金
データ1GBプラン 480円
データ2GBプラン 780円
データ4GBプラン 980円
データ6GBプラン 1,480円
データ8GBプラン 1,980円
データ12GBプラン 2,680円
データ20GBプラン 3,980円
データ30GBプラン 5,380円
データ40GBプラン 7,480円
データ50GBプラン 10,300円

WiMAXで7GBプランを利用する場合は3,696円の料金がかかりますが、イオンモバイルで8GBプランを利用すると1,980円しか料金がかかりません。

無制限プランが必要ない人なら、イオンモバイルは料金を安くできるお得なサービスと言えるでしょう。

イオンモバイルの音声通話回線回線を利用しているスマホがあれば、データ量をポケットWi-Fiとシェアすることもできます。

イオンモバイル シェアプラン月額料金

プラン 月額料金
シェア音声4GBプラン 1,780円
シェア音声6GBプラン 2,280円
シェア音声8GBプラン 2,980円
シェア音声12GBプラン 3,580円
シェア音声20GBプラン 4,980円
シェア音声30GBプラン 6,380円
シェア音声40GBプラン 8,280円
シェア音声50GBプラン 11,100円

毎月のスマホ代も節約したい人なら、イオンモバイルでスマホとポケットWi-Fiを併用するというのも良い方法と言えるでしょう。

初期費用

イオンモバイルのSIMカードを契約するときは、3,000円の初期費用が発生します。

ポケットWi-Fiもセットで購入する場合は、端末代金も必要になりますが、24ヶ月の分割支払いも可能になっています。

購入できる端末の値段は、下記の表で確認してください。

イオンモバイルの販売端末代金

機種 本体代金 分割での支払い金額
Aterm MR04LN 26,800円 1,117円×24ヶ月
Aterm HT100LN(自宅専用端末) 15,800円 659円×24ヶ月

イオンモバイルのポケットWi-FiをWiMAXと比較

イオンモバイルでポケットWi-Fiを利用する場合の料金を、WiMAXと比較してみましょう。

項目 イオンモバイル WiMAX
月額料金 データ1GBプラン 480円 ギガ放題プラン(無制限) 4,380円
データ2GBプラン 780円 ライトプラン(7GB)

 

 

 

 

 

 

 

 

3,696円
データ4GBプラン 980円
データ6GBプラン 1,480円
データ8GBプラン 1,980円
データ12GBプラン 2,680円
データ20GBプラン 3,980円
データ30GBプラン 5,380円
データ40GBプラン 7,480円
データ50GBプラン 10,300円
通信速度 下り 最大375Mbps 下り 最大440Mbps
上り 最大50Mbps 上り 最大30Mbps
速度制限 なし。 3日間で10GBを消費すると、
翌日の18時から26時までは下り速度が1Mbpsになる。

この表をもとに比較してみると、毎月利用するデータ量が20GB以下であればイオンモバイルのほうが安いことがわかります。

毎月利用するデータ量が20GB未満になる可能性が高い人は、イオンモバイルを契約したほうがいいでしょう。

20GB以上利用する人は、WiMAXを選んだほうが無難です。

通信速度はWiMAXに分があり

通信速度で比較すると、イオンモバイルとWiMAXではそこまで違いがないように見えます。

しかし、Twitterなどに寄せられている口コミを見ると、イオンモバイルは正午や夜に通信速度が遅くなる傾向があります。

WiMAXは正午や夜になっても、通信速度が遅くなることがありません。

ポケットWi-Fiを利用する場所によって速度は左右されますが、通信速度の速さを求めたい人はWiMAXを選んだほうがいいでしょう。

まとめ

イオンモバイルは料金プランによって利用できるデータ量が決められているので、利用量が多くない人ならWiMAXよりも料金を安くすることができます

店頭での申し込みもできるので、他のポケットWi-Fiと比べると安心度が高いサービスだと言えるでしょう。

契約した後も店頭でサポートが受けられるので、トラブルが起きたときも安心です。

ただ、ネットが無制限で利用できるプランがないので、使い勝手が良いサービスとは言えません。

正午や夜の時間帯は通信速度が遅くなりやすいので、ネットが使いづらくなることを知ったうえで契約しなければいけません。

ホームページを見るぐらいであれば問題ありませんが、動画の視聴はストレスに感じることがあるでしょう。

イオンモバイルはこのような機能面でデメリットがありますが、ライトユーザーであれば魅力的なサービスです。

ネットの利用量が少ない人は、検討してみる価値が大いにあるでしょう。

イオンモバイル 公式サイト

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-いろいろ比較
-, ,

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.