いろいろ比較

ADSLのサービス終了間近!選択肢となる他のインターネット回線を比較

投稿日:

光回線ではなくADSLを契約するか考えている人は意外と少なくないと思います。

確かに、ADSLは利用料金が安いイメージがありますが、機能性は良いとは言えないうえにサービスが終了してしまう恐れがあります。

今から利用するなら、ADSLではなく他のインターネット回線を契約したほうがいいでしょう。

ここでは、ADSLの代わりとなるインターネット回線について解説します。

ADSLを利用している人にも今後の為になる内容となっているので、参考にしてくださいね。

ADSLが終了する噂の真相

フレッツが2016年6月30日をもって新規受付を終了し、2023年1月31日でのサービス終了を発表したことで、ADSLのサービスが提供される時代は終わりを迎えつつあります。

しかし、全てのプロバイダでADSLが契約できないわけではありません。

ADSLが契約できないプロバイダと契約できるプロバイダ

2018年5月時点で、OCNをはじめとした幾つかの主要プロバイダは既にADSLの新規受付を終了しています。

しかし、以下の4社は未だにADSLの新規契約を受け付けています。

  • Yahoo!BB
  • BIGLOBE
  • So-net
  • @nifty

ただ、So-netと@niftyは契約できるプランを制限してきているので、いつ全てのプロバイダでADSLの新規受付とサービス終了が発表されるかわかりません。

全ての事業者でADSLが利用できなくなる日はそう遠くないと考え、今からは主流となっている他のインターネット回線を契約したほうが無難です。

ADSLの代わりに使うインターネット回線の候補

ADSLの代わりに利用するインターネット回線は、

上記の3種類が有力な候補になります。

光回線・WiMAX・SoftBank Airはそれぞれ違う特徴を持っているので、人によってどの回線を契約すればいいのかが変わってきます。

最初に、それぞれの回線が持つ特徴を大まかに見ていきましょう。

光回線の特徴

インターネット回線の中で最も優れているものが光回線です。

光回線は最大1Gbpsの通信速度を誇っているので、ホームページを見たり動画を視聴する人からオンラインゲームで遊びたい人まで快適にインターネットを利用できます。

ここ数年は最大2Gbpsに対応したNURO光も出てきたことで、通信速度のさらなる向上が注目されています。

契約するためには必ず工事をしてもらわなければいけないので、高額な初期費用が請求されるデメリットがありました。

しかし、今は工事費が無料になる光回線の事業者が増えています。

フレッツ光のメリット・デメリット。信頼はあってもお得じゃない理由

インターネット回線を契約するときは、名前が知られていて信頼されているサービスを選びたいと思いますよね? フレッツ光はNTTによるサービスなので、多くの人から利用されています。 しかし、他のサービスと比 ...

WiMAXの特徴

WiMAXはポケットWi-Fiルーターを使ってインターネットに接続する回線なので、工事をする必要がなく、初期費用はほとんど発生しません。

持ち歩きができるので、場所を選ばずにインターネットに接続できる機能性の良さも持ち合わせています。

下りの通信速度は最大110~708Mbpsとなっていて、光回線と比べると劣っている印象を受けます。

と言っても、ホームページや動画はスムーズに見られるので、ライトユーザーならさほど不便には感じません。

ただ、電波を通してインターネットに接続するので、通信速度の安定性は低くオンラインゲームでは遅延が起きやすいデメリットがあります。

上り速度が最大35Mbpsと低めな欠点もあるので、動画ファイルの送信をしたい人にも向いていません。

WiMAX2+のおすすめの使い方とメリット・デメリット。

外出先でネットにつなげるポケットWi-Fiは、都会の若者の間でトレンドとして拡がりつつあります。 一人暮らしの学生や新社会人にとっては、わざわざ固定回線をひいてインターネットをするのは面倒ですし、スマ ...

SoftBank Air

SoftBank Airはコンセントを差し込むだけインターネットに接続できるWi-Fiルーターです。

わかりやすく説明すると、WiMAXのポケットWi-Fiを自宅専用にしたような端末です。

SoftBank Airも工事をする必要がないので、初期費用がほとんど掛からないメリットがあります。

最大下り速度は350Mbpsなので、ホームページや動画を見るぐらいなら十分と言えるでしょう。

ADSLと他の回線を比較

先ほど紹介した3種類のインターネット回線はADSLと比較してどうなのか気になりますよね?

ADSLを利用している人や契約を検討している人からは、光回線・WiMAX・SoftBank Airは月額料金が高いイメージを持ちがちです。

しかし、光回線とWiMAX、SoftBank  Airの3つは通信費を安くできる方法があるので、ADSLよりコストが高くなることはありません。

月額料金を比較

ADSLでは、加入するプランによって通信速度と月額料金が変わります。

通信速度が最も優れた50Mプランに加入ことが一般的なので、固定電話共用型で4,178円ネット回線独立型で5,520円になります。

光回線は戸建てで5,000円程マンションで4,000円前後になることが多いです。

戸建てではADSLより料金が高く、マンションではADSLの月額とさほど変わりません。

WiMAXは基本料金が4,380円となっていますが、契約するプロバイダによっては月額がADSLよりも安くなります。

SoftBank Airの月額料金は4,880円となっていて、ADSLよりやや高めという印象を受けます。

ADSL・光回線・WiMAX・SoftBank Airの月額料金比較表

回線種別 契約事業者 戸建て マンション
ADSL YYahoo!BB(東日本の場合) 【固定電話共用型】
8M:3,128円
12M:3,528円
26M:3,828円
50M:4,178円
【ネット回線独立型】
8M:4,720円
12M:5,120円
26M:5,420円
50M:5,520円
光回線 ソフトバンク光 5,200円 3,800円
ドコモ光 タイプA:5,200円
タイプB:5,400円
タイプA:4,000円
タイプB:4,200円
auひかり 1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
3,400~5,000円
WiMAX UQ WiMAX 【ギガ邦題プラン】
1~2ヶ月目:3,696円
3ヶ月目以降:4,380円
【ライトプラン】
3,696円
GMOとくとくBB 【ギガ邦題プラン】
1~2ヶ月目:3,609円
3ヵ月目以降:4,263円
【ライトプラン】
3,609円
BroadWiMAX 【ギガ邦題プラン】
1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以::4,011円
【ライトプラン】
1~24ヶ月目:2,726円
25ヶ月目以降:3,326円
SoftBank Air 4,880円

上記の表で月額料金を比較すると、通信速度を落としてADSLを選んだほうがお得と考える人は少なくないのではないでしょうか?

しかし、光回線・WiMAX・SoftBank Airはスマホ代が割引される特典を用意しているので、サービスの選び方次第ではADSLを契約するよりもお得に契約できます。

光回線・WiMAX・SoftBank Airで受けられるセット割引の内容

光回線では、携帯電話キャリアが提供するサービスを契約すれば割引特典を受けてスマホ代を安くすることができます。

ソフトバンク光ならソフトバンクドコモ光ならドコモauひかりならauのスマホ代が安くなりADSLよりもお得に利用できる可能性があります。

WiMAXもauのスマホSoftBank Airはソフトバンクのスマホの利用料金が割引特典で安くなります。

割引金額は携帯電話キャリアで契約している料金プランで異なりますが、こちらを見ればどれほどお得なのかがわかるでしょう。

通信速度を比較

下記の表で、ADSLと他の回線の最大速度を比較してみましょう。

ADSL・光回線・WiMAX・SoftBank Air 最大速度比較表

回線種別 最大速度
ADSL 下り:最大50Mbps
上り:最大5Mbps
光回線 下り上りともに最大1Gbps
WiMAX 下り:最大110~708Mbps
上り:最大35Mbps
SoftBank Air 下り:最大350Mbps
上り:最大7Mbps

ADSLは加入するプラン次第では下り速度が最大50Mbpsになるので、一見インターネットを問題なく利用できる回線だと感じます。

しかし、ADSLは自宅と回線基地局までの距離が離れていると通信速度が遅く、ノイズを拾いやすいせいで安定性も良くありません。

光回線は最大速度の数値が高くノイズもほとんど受け付けないので、最も安定性が高い回線と言えます。

上り速度も優秀なので、動画ファイルなどの大容量データ送信も難なくこなせるでしょう。

WiMAXとSoftBank Airは光回線と比べると通信速度が遅いものの、ネットサーフィンをするだけなら十分なクオリティです。

幅広い用途でインターネットを使うなら光回線、ネットサーフィンをするだけならWiMAXやSoftBank Airといった感じに考え、ADSLは選択視から外したほうがいいでしょう。

初期費用を比較

ADSLは月額料金が安いイメージがあるので、初期費用も高くない印象を持っている人が少なくありません。

確かに電話加入権を持っている人がADSLを契約すれば、初期費用は5,200円から6,050円で済みます。

しかし、電話加入権を持っていない人がADSLを契約すると、16,000円から18,650円と高額になってしまいます。

下記の表で比較すると、電話加入権を持っていない人がADSLを契約すると、光回線と変わらない金額の費用が請求されるということになります。

ADSL・光回線・WiMAX・SoftBank Airの初期費用比較表

回線種別 工事費 契約事務手数料 端末購入費用 合計
ADSL

【電話加入権有り】
・電話共用型:3,050円
・ネット回線独立型:2,200円

【電話加入権無し】
・電話共用型:18,650円
・ネット回線のみ:16,000円

3,000円 0円 5,200~21,650円
光回線 15,000円~37,500円 3,000円 0円 18,000~40,500円
WiMAX 0円 3,000円 0~800円 3,000~3,800円
SoftBank Air 0円 3,000円 実質0円 3,000円

初期費用の安さを基準にすると、工事をする必要がないWiMAXとSoftBank Airが最も契約しやすいと感じますよね。

しかし、現在の光回線は契約特典が適用されて工事費の実質請求が無くなるサービスが増えています。

ソフトバンク光とauひかりは、代理店が運営する申込みサイトで契約すれば高額キャッシュバックがもらえるので、初期費用を負担するどころかお小遣いが貰えるレベルです。

違約金を比較

解約するときに請求される違約金の金額ですが、どの回線を契約しても事業者によって金額が違います。

ADSLでは契約するプロバイダによって違約金が発生するかが変わります。

光回線・WiMAX・SoftBank Airは全て契約期間が2年以上と設定されていて、解約すると9,500円以上の違約金が請求されます。

ADSL・光回線・WiMAX・SoftBank Airの違約金比較表

回線種別 契約期間 違約金
ADSL 0~2年 0~9,500円
光回線 2~3年 9,500~15,000円
WiMAX 2~4年 1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目以降:9,500円
SoftBank Air 2年 9,500円

ただ、更新月に解約すれば違約金は請求されず、長期的な利用を想定した解約をするつもりが無いなら上記の費用を気にする必要はありません。

まとめ:ネットサーフィンくらいならWiMAXがおすすめ

ADSLはいつ全てのプロバイダで利用できなくなるかわからないので、少なくとも今から契約する意味は無いと考えるべきです。

ADSLの代わりに契約候補となるインターネット回線は、光回線・WiMAX・SoftBank Airのどれかになります。

上記3つの回線には通信速度や利用料金などに違いがありますが、ネットサーフィンだけでなくオンラインゲームや容量が大きいデータ送信を行う人は光回線を選んだほうがいいでしょう。

光回線のメリット・デメリット。おすすめの光回線サービスを徹底比較!

インターネット回線の中で、最も通信速度が早い光回線。 光回線は以前と違い、あらゆる事業者がサービスを提供しています。 事業者の数が多くなると、どのサービスを契約すればいいのかわからないですよね。 現在 ...

ネットサーフィンをするぐらいなら、WiMAXやSoftBank Airで十分です。

また、利用している携帯電話キャリアによって割引が受けられるサービスが異なるので、どの回線を申込むにしても最もお得な割引が受けられる事業者と契約しましょう。

WiMAXのプロバイダ選びで総額3万円の差が出た

WiMAXは基本的にどれもエリア、通信速度などは変わりませんが、選ぶプロバイダによって大きく料金が変わってきます。

管理人の私も総額3万円以上、支払い金額を安くすることに成功。その経験を元に有名WiMAXプロバイダを徹底解剖し、本当にお得なプロバイダを比較しました!

WiMAXのプロバイダ選びに悩んだ際は、ぜひチェックしてみてください。

【2019年】WiMAXプロバイダ総合ランキング

WiMAXを目的別で契約するなら

-いろいろ比較

Copyright© WiMAX比較隊!初心者にもおすすめのプロバイダランキング , 2019 All Rights Reserved.